人気ブログランキング |

<   2016年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

幸せを感じるチカラ

息子が内定を頂いた会社のHPでブログを書いていました。
折角なので、本人に内緒でココでも紹介したいと思います(笑)

(以下、原文のまま)

17卒内定者の〇〇〇〇です。

最近あったおもしろい話は家族でダウトをした時、プライドの高い妹が「14」と言いながらドヤ顔でカードを出していた事です。

さて自分は先日武井〇のラジオ番組を聞いて、心のロウソクに火をつけられてしまったので、今日はこのブログを通じて皆さんの心のロウソクに火を灯せればいいなーと思ってます。

武井〇は学生時代、陸上の10種競技においてドイツで行われた世界大会に出場し、優勝しました。

その際の優勝インタビューで「食事が口に合わずコンディションの維持が大変でしたが優勝出来てよかった。」と答えたそうです。

すると大会後のレセプションで、予選敗退したユーゴスラビアの選手からこう言われたそうです。

「おまえはこの中で一番のアスリートだけど、人間としては一番弱いな。」

「俺の国では内戦が起きていて、今日を生きるのにみんな必死だ。妹は地雷を踏んで両足がないけど、それでも俺が買ってきたカッチカチのパンを食べて、最高の笑顔でこう言うよ。」

「お兄ちゃんありがとう」ってね。

「俺がもしオリンピックに出れば、その時だけは国民が銃を置いてテレビを見る。俺はその瞬間のためにこの競技をやってるんだ。今回はおまえに負けたけど、次は絶対に負けない。」

これを聞いた武井壮は涙が止まらなかったという。そして俺も涙が止まらなかった。


俺は今までこんなにもたくさんのものを与えられて生きてきたのに、心から幸せって思えたり、最高の笑顔になれたことが何回あるかな。。。そう考えた。

かたや明日も見えない国で両足を失った少女が、カッチカチのパン食べて最高の笑顔になれるって、“幸せを感じるチカラ”で圧倒的に負けているな。。。

努力しても報われねーって思っていた時期もあるけど、努力出来る環境があるだけで幸せなんじゃないか?

好きな子が振り向いてくれなくて悩んでいた時もあったけど、ラブソング聴いて切なくなれるって超幸せだ。

鏡見てなんで俺は二重じゃないんだろうって思った時もあったけど、どうせ顔の濃さで外人に勝てないんだから、日本人らしいしょうゆ顔で良かったと思う。

親に進路を反対された時はショックだったけど、自分の事心配してくれる人がいるって幸せだな。

お金なくて毎日死にそうになりながら吉野家で牛丼食ってた時もあるけど、吉野家って最高に美味しくないか?

そしてこのブログ書きながら、やっぱ俺って最高だなーって思える俺って最高にハッピーな人間です。笑

もちろん人間だから悩む事も、現状に満足せず上を目指す事も、何かを欲する事も大切です。

でもたまには周りを見渡して、自分の持っているモノ、仲間、友だち、環境etc

に感謝して、自分は最高に幸せだなって思えると、また次の日から最高の笑顔になれると思います。

〇〇〇〇(息子が働く事になった会社)で働いている人はみんな幸せそうです。たぶんみんなこういうマインド持っているんだろうなと思います。

この幸せの輪をもっと広げていけるように、世界中の人々を魅了する会社を創るという目標に向かって、とりあえず今日は昼寝しようと思いますzzz


少し青臭いブログになってしまいましたが、最後まで読んで頂きありがとうございます!

次のブログは笑いの神、2700の〇〇です。乞うご期待!



TOKYO FM シュー〇ツの王 第9回より引用
http://www.tfm.co.jp/podcasts/job/





うん。確かに青臭い。でも、まっすぐでよろしい。
あとはこの気持ちを社会の荒波にもまれながら、この先ずっと持ち続けられるかが大切。
(オヤジ拝)

by tama1366 | 2016-05-31 16:24

夢に向かって


このブログの主人公、昔サッカー少年、今就浪学生(笑)の長男の就職先が決まり、オヤジとしては少しホッとしています。

実は決まったのは約1か月前のことでした。
会社の名前を聞いても知らない名前の会社。それもそのはず、従業員が総勢わずか30名ほどのベンチャー企業だそうです。

まさか・・今流行りのブラック企業??じゃないか、なんちゃって親としては下らない心配もしたりしましたが、サラリーマンとしてだけで生涯を終えるつもりはないらしい息子にとっては、安定やら上場やら企業規模やらという物差しは皆無なんだそう。
その会社の企業理念に共感し、かつこれから自分が成長するためにココがベスト!と思ったそうです。就職が決まって間もなくその会社の上場承認が下りたというニュースが報じられたので、就職する頃には一応上場企業らしいけど(笑)

振り返ると自分があの歳の時考えたことは、全く正反対でした。安定、しかも採用数が少なくてクビになる危険性が低い(笑)業界トップの上場企業、というような選択基準でした。
幸いご縁があって、私はそのような企業に入社はしたものの、家庭の事情から志半ばで退職するハメにになってしまい、当時の職場の皆さんには少なからず迷惑をかけました。今も当時の同僚や先輩と交流がありますが、皆さん偉くなって、間もなく役員かというポジションにいます。
自分がもしあのまま勤めていたら・・たぶん偉くはなれなかったでしょうね(笑)
何より、今の家族と巡り会うことはなかったかもしれない。だからあの時の選択に後悔とかはないのですが、もしあのままだったら、今頃自分はどんなオヤジになっていたのかな・・と、当時の同僚や先輩に会うと想う事があります。人生って常に選択の繰り返し。ればたらは無いのだけど、こうして振り返ると、あれは大きな分かれ道だったかなーってことは、誰にも何度かありますよね。

ありゃ、話がそれましたね。
そんな安定志向だった私には、名前すら知らない会社に就職が決まったといわれたときは、正直なところピンと来ないというか、うーん、マジ?くらいの感じだったわけです。しかし、よく話を聞いて、彼なりにしっかりした考えがあっての事とわかってからは、本人が希望し、しかも会社でも数多くの応募者の中から選んで下さったそうですから、ご縁を頂いて本当に良かったと思うようになりました。
先週からはインターンというのでしょうか。そちらの会社に時間のあると時はアルバイトとして通いはじめたようです。

この前、誰かがこんな事を言っていました。サッカー好きな人間に悪いやつはいないよ。
オレもそう思うし、息子も粗削りながら、おかげで人間的にはここまではそこそこまともに成長することができた。これからは社会人としてより一層成長し、人の役に立つ人間にならなければ。
やがてはお世話になった多くの皆さん、社会の役に立って、御恩をお返しなければ。

ついでに息子は、私の親の代から54年続く会社を、万が一にも継ぐ意志はない、との事。
夢に向かって進むために、退路を断つ意味で今からそう言っておきたいと、先日息子に言われました。

オッケー。ノープロブレム。
オレは自身が、自らの意志というより置かれた環境に大きく左右されたところがあったから、何より自らの意志で望む道を進むことが、本人にとって幸せな事じゃないかな、と思ってる。

頑張れよ。これからもずっとずっと応援するから。

by tama1366 | 2016-05-23 18:27