人気ブログランキング |

<   2015年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

母の涙

7月19日(日)。
おそらく、大学サッカーを観るようになって、最も心躍る一日だった。

この日はIリーグ、VS JS大。
珍しく家内が観戦したいと言ので、久々にホームまで新車でドライブ。
息子は左腕にオレンジのキャプテンマーク。なんとなくだけど、この日はいつになく気合いが漲っているようだった。
いつもと少し違うのは、2列目??のポジション。後で聞くと二年ぶりにボランチでの先発を言い渡されたそうだ。ここ何戦か、中盤のDFが甘く簡単に失点するシーンが多かったからだろうか。でも息子の本来慣れ親しんだポジションはここだった。この日は攻守に良く走り、相手の攻撃を遅らせるシーンが見られたし、決定機も何度か演出。いつも通り大声を張り上げ手を叩きチームを奮い立たせていたと思う。

試合は前半立ち上がりに失点したものの、そこからは次第に立ち直り、終わってみれば4-1の快勝。息子は久々のフル出場だった。だからだろうか、試合終了と同時に満面の笑みを浮かべ、チームメイトやピッチサイドで最後の最後まで声を枯らしながら応援してくれた仲間達と喜びを分かち合うようにハイタッチや握手を繰り返していた。

家内はそんな息子の嬉しそうな様子を見て、少し目が潤んでいるようだった。
『良かったな』そう私が言うと、『あんなに嬉しそうで、しかもその喜びを分かち合える仲間があんなに沢山出来て、それが何より嬉しい』と。

オレも観戦に来て、『今日は良かった!』と笑顔でピッチを後にしたのは、いったいいつ以来だったかな、と考えてしまった(笑)

この試合を終え、大学は試験期間に入る。部の活動はしばしお休みである。就活もいよいよ最後の段階に入るという時。この時期まで遅らせた財界の配慮は、大学生にとっては甚だ迷惑極まりないようだ。

しかし今日の息子の表情を見る限り、大変だろうけど、色々なこと、一つ一つ乗り越えていってくれそうな気がして、オヤジはちょっぴり幸せな一日だった。神様、またこんな日をよろしくお願いします。

by tama1366 | 2015-07-23 17:07

雲の上の人

あっと言う間に雲の上の人になってしまった。

息子が小学5年で初めて地域トレセンに呼ばれた時、彼もまだ小学6年生だった。

そこにいたお子さんは皆上手だったから、特別彼だけが目立っていたわけでは無かった。

時は過ぎ、大学で再び先輩として巡り会った時、彼は周囲の誰からも慕われる、温和な好青年に成長していた。
そして彼が大学三年時の苦しい残留争い、最終節、しかも他大学の結果で辛くも残留を決め、希望していたプロへ。
普通ならこの時点で妬まれたり、邪魔をしたりする人が一人や二人いるもんだけど、それが全く無いのが彼のすごいところ。誰からも応援され、祝福され晴れて彼はプロサッカー選手になった。
この時点で、誰が今の彼のサクセスストーリーを予感していただろう?
ある程度出来るのはわかっていた。しかし日本代表入り、海外移籍まで、しかもこんなに早く到達するなんて。

ずっとずっと地道な努力を続けてきた。
一つ一つ、チャンスをものにしてきた。
海外でもきっと結果を出すに違いない。

涙のF東最終戦から数日後、等々力の早慶戦に後輩達を応援する彼の姿があった。
残念ながら後輩達は彼の期待に応えることは出来なかったけど、わずか二年前までこの舞台で活躍していた彼のサクセスストーリーは、多くの後輩選手達に計り知れないほどの夢や希望を与え続けるはずである。

頑張れ、よっち君。

by tama1366 | 2015-07-10 15:43