人気ブログランキング |

<   2014年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

インカレ出場!

出場を決めてしまった!

リーグ戦を6位で終え、北信越二位とインカレ出場を賭けてのプレーオフ。
4年生にとっては相変わらず負ければ引退!の正真正銘の一発勝負。

今回のGは遠いのなんのって。長野県松本です。そう、あの松本山雅のホームグラウンドじゃね。

で、行ってきました(笑)
別に息子が出るわけじゃないのにねぇ。オレも好きだよなぁ(笑)

部で朝7時新宿発のバスをチャーターしてくれました。と、いいますのも、前日に現地入りした出場予定選手以外のメンバーはこの日全員2台のバスで応援に。三代目を父兄に充てて下さったわけ。

行きは三時間半くらいかかったかなぁ。11時頃やっと到着。コンビニで何か買って食べよ、とか思ってたら公園とスタジアム以外何にもないとこだった(汗)

良く出来たうちの奥様がお菓子類を袋に詰めて持たせてくれて良かった!

ゲームの方は開始早々、得点シーンでは無かったんですが、相手のゴール前の守備を見て、こりゃイケるかなぁと。

前半こそ相手の起死回生の一発(ほんとこの一発だけ)が決まってしまい、1-1で折り返したものの、やっぱオレのカン通りで、後半二点を追加した我が軍が3-1で勝利。見事に首の皮一枚だったインカレ出場を決めてしまいました!!

で、目標の日本一まであと5勝。険しい道ですが、ここまで来たら頑張るしかないです。

by tama1366 | 2014-11-28 16:29

劇的最終節!!

平成26年11月16日(日)。

この日は関東大学サッカーリーグ最終節、早○戦。
このところ○大は実に9試合、5シーズン早○戦の勝ち星から遠ざかっており、ア式にとってはお客さん状態?でした。
更にこの最終節、既にインカレ出場を決めている早大に対し、○大は前節終了時点で一部7位、インカレ出場の5位以内はおろか、プレーオフ出場の6位すら自力では叶わない状態。
前半戦を好位置で折り返しながら、後半あと一歩勝ち点に恵まれず、厳しい戦いが続いていました。実は前日行われた6位駒大が最終節に勝利すれば、この日の早○戦を待たずに駒大のプレーオフ進出、つまり○大にとってはシーズン終了、4年生の引退が決まるところでしたが、前日駒大は前半2-0で折り返しながら、後半まさかの二失点で引き分けてしまい、この時点で7位○大との勝ち点差3。つまり今日の早○戦で○大が勝利すると順位は得失点差勝負となり、それで上回る○大の大逆転プレーオフ進出が決まるという、まさに大一番。

会場が西が丘ということもあって、オヤジは家内と二人、久々に仲良く?(笑)観戦ていうか、母校には申し訳ないが(苦笑)完璧○大サポーターとして応援に行って参りました。

集中応援日に指定され、更にはインカレ出場をかけたプレーオフ進出がかかる大一番ということもあり、西が丘は立ち見が出るほどの大盛況。オヤジは○大側サポと一緒にゴール裏で観戦することに。お天気は良かったけどやはり11月半ば、ちと肌寒かった。

試合は前半、まさに互角の戦い、○大はDFの意識が素晴らしく、Gを大きく使った長短のパスでボールを支配する早大に決定的なスペースを握らせない。
○大は皆、瞬足で球際の頑張りが素晴らしい印象。こりゃ今日はイケるかも??

前半を0-0で折り返した後半、たしか5分位。○大サポが大声援を送るサイドのゴール前、○大はサイド攻撃からチャンスを作り、一度は跳ね返されるも、ルーズボールが11番キャプテンM君の前へ!豪快に右足を振り抜いたシュートはバーをかすめてゴールに吸い込まれる!やった!○大先制!
目の前のサポは大熱狂!イレブン全員はもちろん、控え選手もゴールを決めたキャプテンをもみくちゃにして大喜び状態。さっすが頼れるキャプテン、ここ一番すごい仕事をするもんだ。

その後も○大は堅い守りを崩さず、機を見て相手ゴールを脅かします。早大はたしか後半20分くらい、左サイドを崩してシュートを決めるが、これがオフサイドの判定で命拾い。ラスト5分の早大の猛攻は目を見張るものがありましたが、○大はこれを凌ぎ切って1-0で大きな、大きな勝利。○大は勝ち点3を積み上げ得失点差で6位に浮上、北信越代表とのプレーオフ進出を決めました。
いやーオレが見て早大を撃破したの、ほんと何年ぶりだろう?久しく苦手としていた永遠のライバルに、この大一番で雪辱を果たしたのは大きいな。
試合終了の笛とともに、ガッツポーズでGに崩れ落ち、涙するイレブン。このシーンは感動的で思わずウルっときてしまった。

この日の○大の勝利には、実は前日からの布石があったらしい。
前日に行われた某一部優勝校との練習試合、キャプテンから翌日の決選に弾みをつけるべく、全ての試合に勝利しようとの話があり、B戦にFWで先発した息子もキャプテン直々に『頼むぞ!』との言葉に一発奮起!2得点を上げて勝利に貢献。チームはキャプテンの意向通り、全ての試合に勝利してこの日を迎えられたとのこと。
息子いわく、『オレ達控えもちょっとだけチームに貢献できたかな』ですって。

チーム全員で掴んだ勝利。皆、頑張ったんだね。

目標の日本一、インカレ出場を賭けたプレーオフは、来週24日、アウェー長野県松本で開催される予定です。

あと一つ、頑張れ!!

by tama1366 | 2014-11-17 11:27

おめでとう

21歳のお誕生日、心からおめでとう。

君が心優しい若者に成長してくれたこと、お父さんはとても嬉しく思っています。
きっと、心優しいお母さんのおかげだね。

私にとって、どんな時も、一番の心の支えは家族だった。君たちが居てくれるから、苦しい事や辛い事も乗り越えてこられた。君と同じように、お父さんも君たちやサッカーを通じて、色々な事を学ばせてもらった。

君が1歳の誕生日に、20になった君へと書いた手紙、お母さんに見せてもらいました。何を書いたかすっかり忘れていたけど、近くの遊歩道をヨチヨチ歩く君とお父さんの写真とともにしまってあったその手紙、『何か誰にも負けないものを身に付けて、人の役に立つ人間になって欲しい』と書いてあった。

生まれた時は、ただ生きていてさえくれたら良いと思ったのにさ。

これからも体に気を付けて、元気でいて下さい。いや、せっかくこの世に生まれたのだから、いつか自分の道で世の中や人の役に立てるように、頑張って下さい。

これからもずっとずっと応援しています。

父より

by tama1366 | 2014-11-05 17:09

他はダメだけど

家内から聞いた話が、ちょっと嬉しくて書き止めます。

数日前のこと、息子が山手線に乗った時の出来事を家内に話してくれたそうです。

車内はすごく混んでいたそうです。駅に着いてドアが開いた瞬間でした。ドアの前の立っていた一人の乗客が、眼の前のホームに倒れ込むように嘔吐してしまったそうです。
混んだ社内で気分が悪くなりながら、ずっと我慢していたのかもしれませんね。

付近の乗降客は誰一人として近づこうとせず、むしろ避けるように遠目から冷ややかに眺めていたといいます。『大の大人が・・』そんな声も・・。

その場に居合わせた息子は、その人に向けられた冷たい視線に同情しつつ、どうしてよいか分からず、咄嗟にホームにあった自販機でペットボトルの水を購入し、その人に『コレ、使って下さい』と差し出すのが、精一杯だったとか。

それ、優しくて立派な行動だと思う。父親のオレには、同じことはたぶん出来なかったんじゃないかと思う。お母さんなら、そうしたかなぁ。

困っている人を見たら、自ら手を差し延べることが出来るんだ。
心の優しい若者に成長したんだね。

男同士の秘密だけど、カネも無いのにパチンコやって1万円もすっちゃった!話は許してやろっと(笑)

by tama1366 | 2014-11-01 12:57