人気ブログランキング |

<   2014年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

敗者の涙

つい先ほど、息子の出場したIリーグ戦、VS○○大学戦が3-1勝利で終了した模様。

平日は観に行けないからね。リアルタイムでブログで知らせてくれるってのがありがたいです。

先日のお盆休み、埼玉にある△△大学のグラウンドに久々、家内と二人で観戦に行ってきた。
さすがお金持ち大学!!の総合運動施設だけあって、サッカー、アメフト、ラグビー等々、専用グラウンドが整備された立派な施設。
試合は残念ながら負けてしまったのだけれど、そのサッカーGのすぐ横がテニスコートで、丁度大学生がシングルスの試合をやっていた。

サッカーのついでにチラチラ見てたら、このテニスの試合がチョー面白くて、しまいにはサッカー観戦そっちのけで思わず家内と二人で見入ってしまった(笑)
二人ともぐりぐりのトップスピナー。ネットのはるか三倍くらい上をキレイな弧を描いて正確に相手コートのラインぎりぎりに落ち、鋭く跳ねあがるスピンボールの応酬。少しでも返球が浅くなれば角度を付けた決め球の餌食。
試合はセット1-1で迎えた最終セット。出足こそ互いに相手サーブをブレイクするが、その後は互いにサービスをキープして迎えた第9ゲーム、黄色いTシャツのサービスゲーム、グレーのTシャツの方は機を見てネットに出てくるタイプなのに対し、黄色い方はあくまでストローク勝負という戦術。グレーのお兄さんはフォアのストロークにやや勢いがなく、バックハンドが得意の様子。黄色もそれは十分承知らしく、徹底的にグレーのフォアを攻めてチャンスをうかがう展開。
お互いにリターンとストロークはまずミスらない。なかなかの好勝負。ところがこの第9ゲームで勝負が大きくグレーに傾いた。グレーはここで果敢にネットダッシュを繰り返す。黄色のパッシングショットも初めのうちこそ良いところに決まっていたが、グレーのボレーが厳しいコースをつくと、黄色の返球ミスが出始め、デュースを繰り返した揚句にグレーがこのゲームをブレーク。次のサービスゲームをやはりネットをとる戦術でキープし、このセット6-4でグレーがセット2-1で勝利!という結末まで見届けた。

ギャラリーは私と家内二人だけ。ジャッジは高校生?が3人。ボールボーイ二名。互いのベンチには社会人らしきコーチも座り、休憩の度に選手にアドバイスを送っていた。
惜しくも敗れた黄色は、ゲームが終わってからもしばらくベンチから立ち上がることが出来なかった。コーチも慰めていたようだが、やがてコーチが引上げ、もちろん相手ベンチはとうに引上げ、高校生達も引上げ、黄色の選手はコートに一人になってもベンチで下を向き、肩を落として、たぶん泣いていた。

競った試合で勝てるチャンスもあったと思うし、最後の最後までどちらに転んでもおかしくない試合だっただけに、彼には悔いが残る結果だったのだろう。

負けて涙するというのは、やはり個人競技であるテニスとサッカーの違いなのだろうか。
いや、彼のアイデンティティーなのだろうか。

オレもオヤジになって始めたテニスで、さんざ負けてきた。其のたび、攻めきれなかった自分に腹が立って暴れたくなることもあった。でも、涙したことまではなかったかな。
若さもあるし、遊びと本気の違いもあるのかな。オレのは、遊びだからね。

学生スポーツって、面白いです。

by tama1366 | 2014-08-20 15:59