人気ブログランキング |

<   2014年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

選手権予選 一回戦!

え?と思われるでしょうね。そうなんです。久々に高校選手権予選を観にはるばる遠方まで行ってきました。

息子の母校は代々OBがコーチを勤める慣わしですが、今、息子の同級生がコーチを勤めています。私も良く知る彼が頑張っているとの情報が前々から入っていたので、今年こそ選手権、応援に行こうと考えていました。

場所は京王線の橋本駅。○○高校G。対戦相手は正直、息子の高校時代にも一度も対戦したことのない学校で、始めて聞く学校名でした。

Gに到着すると、息子の母校の選手達はGの横のアップスペースで丁度アップをしているところでした。ユニですぐわかりましたが、なんだかすごい数です。
コーチやってる息子の同級生がどこにいるんだかわからないくらい大勢。こんなに一杯いるの??
あーいたいた。そう思って近づくと、顧問の先生やら先輩コーチ(OBの方)など知ったお顔が見えます。いやーお久しぶりです!!今日は頑張ってね!とご挨拶。

そのすぐ脇で、見知らぬユニを着たたぶん対戦相手?が、細々とアップをしています。選手数がこちらの10分の1?くらいの閑散とした感じ。大変失礼ながら、この時のアップの様子を見て、対戦相手の実力はなんとなくわかりました。ミニゴールをめがけてシュート練習をしていたのですが、ミニゴールとはいえ至近距離から放つシュートが枠をとらえたものは7,8本に1本あるかどうか。うーん、ちょっと成績悪くね??

試合開始前、こちらの選手達はGで大きな円陣を組んで気合いを入れます。
対する相手はそんな様子もなく、更に驚いたことには、ベンチに控え選手がゼロ。
たぶん、ですが、おそらく選手の数がぎりぎりか、もしくは足りないくらいで、ややもすると他部の生徒まで助っ人で来ている、という状況だったのかもしれません。

先にシュート練習での様子を書きましたが、それ以前に体格を見てちょっと??高校で、何年かサッカーを真剣にやってきた者の身体ではないように感じた生徒が何名か混じっていました。うーん、もしかして勝てるかも。。。

試合開始早々、こちらが先制点。そこから順調に得点を重ね、終わってみたら多分10-0?の圧勝。まずもって相手にシュートを打たれた局面の記憶がない。ポゼッションもほぼ90%くらいの感じ。これはこちらが強かったというより、相手の実力が少々お粗末だったかもしれない。

でも相手がどうあれ、初戦突破おめでとう!
これで勢いに乗れたことは間違いなしだけど、二回戦はこうすんなりとはいかないぜ。厳しい試合で競り勝てるかどうか?一つ一つ勝って成長しながら、国立目指して頑張れ!!

それにしても、久々の高校サッカー観戦は楽しかった!やっぱり高校サッカーはいいなぁ。
サッカーのレベルとかは、それは大学とかに比べたら全然なのかもしれないけど、なんとも言えない純粋さ、ひたむきさがあって、勝ち負けだけじゃなく観ているこちらが心打たれるものがありますね。

またあの頃に戻りたいなぁ(笑)なんちゃって!

by tama1366 | 2014-07-22 12:22

早○戦@初めての等々力

7月2日(水)。国立の改修に伴い初めて等々力での早○戦。
等々力競技場って、川崎側にあるのに何故等々力って言うのか疑問に思っていたら友達が教えてくれた。なんでもその昔、本当は等々力側にくっついていたあの一帯が、大雨で川の流れが変わって川崎側にくっついたんだそうです。ホントかよ?

今年はパンフレットに協賛広告を出させて頂いたんですが、そしたらご招待券を贈って頂いて、生まれて初めてVIP席!!に入れて頂きました。おまけに席に着くとまいせんのカツサンドとお茶のサービスでおもてなし。これは有り難かった(笑)

驚いたのはVIP席受付には両校の学生が居て、挨拶したりそのお弁当配ったりしているんですが、なんとその一人が息子でした(笑)奴の仕事はVIP席に来られた方に、ご挨拶とそれとわかるリボンを配る仕事だったようですが、私達夫婦にも敬語でキチンと接客。おまえ、それなりに苦労したんだな(笑)

試合の方はここずっとWの勝ちっぱなしで何としても雪辱を果たしたいKでしたが、いくつかの決定機を外してしまい、後半早々にコーナーキックからのこぼれを押し込んだWがその1点を守りきっての勝利。どちらが勝ってもおかしくない、気持ちの入った良い試合でした。

試合終了時、ふと先の受付を見ると、既に息子の姿は無く、一緒にいた可愛らしいKの女子マネージャーさんがそっと涙を拭っている姿に思わずグッときてしまった。。
4年生にとっては最後の早○戦。いや、全ての部員それぞれに様々な思いの詰まった早○戦なんだな。

帰り道、家内と二人残念だったねーと、母校の勝利を喜ぶどころかすっかりK側サポになりきってしまったオヤジ(笑)は、今日勝利出来なかった学生達を思いやってみる。
人生は長い。この一瞬を良い思い出で終えることの出来た学生達も、もちろん頑張って良い経験ができたし、価値ある経験だとおもうのだけれど、悔しさと挫折にまみれて終えた記憶だって、勝つのと同じかそれ以上価値があるんじゃないか。

何十年たったある時、あの時があるから今があると思えたらそれで良いのです。結果は残念でしたが、この日に向けて頑張ってきたことは決して無駄にならないし、長い目でこの経験が必ずこの先に成長の糧になるはず。


選手、スタッフ、皆さんひとまずお疲れ様でした。これからも目標に向かって頑張って下さい!

by tama1366 | 2014-07-04 10:26