人気ブログランキング |

<   2013年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

節目の年

10月28日、今期三度目の早慶戦。

前日までの荒天から打って変わった快晴の日曜日。集中応援日ということもあり、大学サッカーの聖地、西が丘には多くの観客が詰めかけました。

前期リーグ戦、定期戦ともに早稲田の勝利で向かえた今シーズン最後の早慶戦、荒鷲イレブンは絶対に負けられない戦いと位置づけ決死の覚悟?で臨んだ戦いでしたが、健闘も一歩及ばず、1-2で敗戦。

こう書くとまるで私が母校の応援をしていないかのようですが、実はその通り(笑)正直今は思いっきりKOを応援しています。
まぁ息子がお世話になっている訳で、ましてこの戦いを大学サッカーの目標として日々頑張っていることを思えば、卒業までは大隈先生に勘弁してもらうしかありません。

しかし息子の置かれた状況は厳しくなる一方のようです。その前日行われたIリーグの試合でも、今期初めてのベンチ外。1週間前、大雨の試合で至近距離から打たれたボールがアゴを直撃、脳震盪で救急搬送されかかったことも影響しているのかもしれません。
部内では2年時が最もキツイと言われているそうですが、3年以降の役職決め、つまりは選手として生き残れるか否かを年度内に二年生全員で決めなければならないのだそうで、そのためのミーティングが毎晩のように繰り返されるのだそうです。そんな中、選手としても練習や試合で結果を出し続けなければならないわけですから、二年生は皆、さぞ苦しい時期なことでしょう。

息子を見ていて思うのは、体育会の部活は当にミニ社会そのもの。
企業とは営利目的ではないという違いこそあれ、組織として一つの目標にむかって全員が切磋琢磨し、競争あり、評価され、昇格や降格もあり、時に人間関係に悩み、また時に仲間に励まされ…

あと少しで息子は20歳になります。
早くも私達親が息子にしてやれることはほとんど無くなったような気がしてさびしい限りですが、苦しくてもサッカーを楽しんでほしいし、そのためにも諦めずに地味にどろ臭く努力を続けてほしい。それが必ず血となり肉となり、いつか必ず花開く。

オレ50、息子20、それぞれ節目の年なんだな。お互いボチボチ頑張ろう。

by tama1366 | 2013-10-28 10:50

免許証

息子は高三の終わりに教習場に通いはじめ、教習期限ギリギリの昨年秋、コレ落ちたら期限切れアウト!と教官にいわれながらやっとの思いで卒検合格(笑)。
なんとそれからまた1年、卒検合格の有効期限ギリギリの本日、これまたやっとの思いで試験場に行き、なんとか普通免許をとったそうな。めでたし、めでたし。てか、車の免許に二年がかり?アホかい!(笑)

息子は昔から車だの乗り物だの一切興味なく、運転なんてメンドクセー、車は後ろの席で寝るもの!ってな感覚でした。私なんざ16になった途端、単車の免許取ったもんでしたが、最近の若者はそんなもんですか。。

でもまぁ、私も最初のうちは擦ったり事故ったり・・(笑)怪我はなかったけど、車一台おシャカにしたこともあったっけ。そりゃ親には心配かけましたから、その意味では安心か?

免許試験場に行く前、『コレ落ちたら俺、一生免許ムリ!』だって。よっぽど運転向かないんだなぁ。オレの子なのに(笑)

これで身分証明書が出来てよかった。万が一にも事故のないようにね。

by tama1366 | 2013-10-09 15:52

『練習は根性、勝負は勇気』

『練習は根性、勝負は勇気』

ボクシング、元世界チャンプの輪島功一さんが、自身の経営するジムにこう書いた評語を貼っていらっしゃる、とあるテレビ番組で紹介されていました。

それを何気なく見たのは、私自身の試合前日、あー、ホントにその通りだな・・自身のテニスに重ね、ものすごく心に残る言葉でした。

輪島さんは、インタビューで概ね以下のように解説していらっしゃいました。
『練習では、ジムの会長とか誰が見てるか見てないかとか関係なく一生懸命根性で頑張って、いざ勝負になったら(練習を積み重ねてきた自分を信じて)いかに勇気出して前に出られるか。勇気のない奴は絶対勝てないんです』

ボクシングとテニス、全く違う競技ですが、当におっしゃる通りだと妙に納得。

その言葉を肝に銘じて、翌日いざ勝負へ(笑)

1回戦。相手はよく知っている人でした。相変わらずスロースターターな私。
競っていく中少しづつ調子が出てきて6-4で一回戦突破。まだ振り切れていないなぁ。

2回線。やはり良く知る相手。かつてこの大会で優勝経験もあるベテランです。ここを乗り超えるのが事前の一つの目標でした。
1回戦終わってすぐだったので、ある程度エンジンがかかったまま試合に入れたのが良かった。パートナーも調子が出てきて自分もエンジン全開!ショボいミスに切れそうになりながらもなんとか6-4で撃破!

3回戦。またまた知っている相手。ていうかオレもキャリア15年でたくさん知り合いが出来たのかな。相手はなんと、親子ペア。お父さん70近いと思われ、さすがに前後の動きは鈍いが手の届くボールに対する配給はなかなかいやらしい。初め競ったものの次第に相手の弱点を捉えて6-3で撃破!

4回戦。初めて知らない相手。『次勝てばメダルです』受付でそんなこと言われたらかえって緊張するじゃん!(笑)
少し試合前に間が空いてこちらの足が止まってしまった。相手のサウスポーは穴がない選手でパワーも充分。こちらのエンジンがかかる前にポイントを重ねられあっという間に2-5。第八ゲームは自分のサービス。『勇気』を思い出して前に出て取ったポイントもあったが最後一歩及ばず、ブレークされ2-6で4回戦敗退。今シーズンはベスト8敗退、あと一歩でメダルを逃してしもーた。

オレもまだまだですな(笑)

でも楽しかった!4回やれば元取ったし(笑)
いつも楽しいペアのFさん、ホントにありがとう。ちなみに本ブログの主人公、わが息子が幼稚園時代のお父さん仲間です。

しかし輪島さんの言葉、仕事だったり、息子のサッカーも然り、さまざまな世界に通じる名言かと思いましたが、いかがでしょうか。

by tama1366 | 2013-10-01 11:09