人気ブログランキング |

<   2013年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

7月20日。Iリーグ VS TS大@Away

1-0で勝利。久々の勝ち(笑)。
このところ2試合、2点先制しながら後半追いつかれ、さらに終了間際にまくられるという悔しい試合展開が続いていた。見聞きしていたこちらもストレスが溜まる試合だったから、選手もベンチはもっと悔しい想いをしていたに違いない。
この日はなんとか結果が欲しかったことだろう。

もっともこの日、私にとっては試合の結果以上にもう一つの観戦の楽しみがあった。それは相手チームにTRP時代の旧友であるT君が出る?であろうこと。彼のプレーを間近で見られるのは何年ぶりだろう。
彼のご両親とはよくグラウンドでご一緒させて頂き、大変お世話になった。
いつだったか夏のクソ暑い日、何処かの河川敷で観戦したときだっと思う。広い河川敷、近くに自動販売機も見当たらず、あー暑いなぁと思っていたら、T君の父上が遠くまで行って、冷たいジュースを買ってきてご馳走してくれたことがあった。その心配りが有難くて、美味しかったこと。
もう一つ忘れらないのは、彼らが中三のとき、親父さんがこんな話をしてくれた。『Tに聞いたんだよ。(T君が進学する予定だった)同じ高校に一人連れて行っても良いと行ったら、誰を連れていく?って。そしたら○○(わが子)だって言ってたよ』
そんな風に言ってくれる仲間が出来たんだと思ったら、親父はその時嬉しくて、思わず涙が出てしまった。
今日はもしかしたらT君の親父さんも観戦に来ていないかな・・そんな期待を少しだけ抱いての観戦だった。

残念ながら親父さんの姿は見えなかったけど、T君はすっかり大きくなって(あたり前だけど)、体つきもしっかりしていた。あの頃はまだ小さくて線が細かったけど、歩き方とか、走り方とか、やっぱり昔のまま(笑)背番号10番。きっとこのチームで期待されているんだろうな・・。

でも、この日のT君の調子はイマイチだった。もしかすると怪我でもしていたのだろうか。ただ、要所でワンタッチで攻撃の起点となるパスは正確で優しいタッチだった。来年以降、必ずや関東リーグで活躍することだろう。

一方のわが子は気持ちの入ったプレー、相変わらず声も良く出ていたのだが、結果という部分で言えば、この日二度の決定機、両方ともシュートを枠を外してしまった。二回目の決定機を外した直後、仲間から温かい励ましというか、叱咤激励の言葉かかかった。再び前を向いて走り出す息子。どんなに有難かったことだろう。

決めるべきところを決めきれていない。でも確実にポジショニングは良くなってきている。なんとしても乗り越えなければならない、大きな壁。

前を向いて頑張ってほしい。

by tama1366 | 2013-07-23 11:38

国立で最後の・・

6月29日(土)国立競技場。国立で最後の早○戦。
自分はこの日、軽井沢で年に一度の仲間との試合。お腹を下しながらも朝から6セットを終え、その足で新幹線に飛び乗り真っ直ぐ国立に向かいました。

別にわが子が出るわけじゃないけど、ココを目指して日々頑張ってるんだからと思ったら、やっぱり応援に行こうかなと思った次第。国立で家内と待ち合わせて二人で観戦。

本日の入場は13000弱。例年1万くらいだから、改修前の今年がここで最後ということもあって、皆さん集客頑張ったんだと思います。

試合の方は前半でWが2得点。いずれもDFとGKの間のスペースを巧みにつかれて10番に決められてしまった。
後半さらに1点を追加され、なすすべなく敗れた感じかなぁ。DFからビルドアップするはずが中盤の組織的なハイプレスでことごとく奪われてすばやいカウンターを食らうという感じ。相手はこちらの戦術を十分理解して、どこで奪いどう得点するか、かなり綿密に戦術を練りそれをキチンと実践してみせた、という感じだったのかなと思います。
逆にこちらがどうやって点を取るのか、それが分かりにくいゲームでした。翌日のスペイン×ブラジルと同じスコアですが、こちらをスペインに見立てるにはあまりに不甲斐ない内容でした。

正直、今は自分の母校が勝っても少しも嬉しくないどころか、息子のチームが負けてすごく残念!(笑)なんだか年を追うごとにそれが鮮明になってくる。。不思議な感覚。。母校は今でも自分にとって心の故郷であり、誇りでもあります。だけどこの感覚。。なぜなんだろう。。今はとにかく、息子のチームを応援する気持ちが自分の中で一番なんだということが、改めてはっきりしました。

競技場の周回路に、部の全選手がそれぞれボードに思い思いのコメントを書いて持つ写真が飾ってあるところがありました。。息子は、『今のすべて』というコメント。どんな質問だったのか、見なかったけどなんとなく想像つくかも。

この早○戦が来年以降どうなるのかわからないけど、できればこれからもずっと続いていってほしいし、自分もできるならずっと楽しんで行きたいと思います。

また来年も見に行こう。それまで皆、元気で頑張って。

by tama1366 | 2013-07-02 13:45