人気ブログランキング |

<   2013年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

Iリーグ二節VS RK大!

5月19日(日)。この日の相手はサッカー王国RK大。数年前まで関東リーグでも常勝だったが、昨年今年とやや苦戦しているようだ。とはいえ、毎年60名以上のサッカーエリートが入部、選手層が極めて厚いだけに、ここに出てくるだけでも激しいレギュラー争いを勝ち残った選手達なのだろう。一人一人の選手は体格的にはやや小粒だったが、スピードや走力、足元の技術は揃っていて、特に中盤はややアドバンテージがある印象。

開始直後は中盤をほぼ支配されボールが奪えない。やや押し込まれる局面が目立ったが、こちらのDFはGK、DFライン、中盤まで連携が素晴らしく、この日も終始安定していた。そのため決定的に崩されるという局面はDFから中盤へ高い位置でパスカットされた一度(シュートが枠をとらえず)を除いてはほとんど無かった。

一方でこちらの攻撃、前半は左のサイドアタッカーを中心に左から崩しにかかるが、周囲の選手のフォローもなく相手DFに囲まれてボールを奪われ、逆にカウンターで逆襲をくらう局面がほとんど。IリーグではFW登録の息子は下がってボールを受けるとき以外、高い位置でパス受けることがほとんど無い。
お互いにゴールの香りがしないまま0-0でハーフタイム。

後半も膠着状態が続くが、62分に息子が交代した直後からゲームが動く。
まず交代直後、相手がゴール前のセットプレーを押し込み0-1に。
その後しばらく再び一進一退だったが、たしか84分くらい、こちらもセットプレーからファーサイドやや距離のあるところからFWの選手がジャンプ一番!頭で合わせて同点に。更にその数分後再びセットプレー、ゴール前のルーズボールを押し込んで2-1と逆転に成功!

一人一人の技量ではやや相手に分が有るかと思われたにも係わらず、集中したDFと少ないチャンスをものにして勝利を収めたことは高く評価できる。
前回もそうだったが、ホームということもあって仲間達が声をからして応援してくれたことも大きかった。

息子は今日も必死のプレー。DFを追い回し頑張っていたが、長引く怪我の影響で未だ右足を振り抜くことが出来ないようだ。しかし先発で出る以上、そんな事は言い訳にならない世界である。私の肘もそうだったが、長引く怪我は結局のところ、最後は自分自身で地道に治すしかないのである。どんな名医、ゴッドハンドにかかったとしても、一発で直るなどということはないのである。

地道に治して、今後の活躍に期待。体に気をつけて。

by tama1366 | 2013-05-20 11:04

Jrリーグデビュー戦。

お読み間違いのございませんように。『 Jリーグ 』ではありません。Jr.(ジュニア)リーグですヨ(笑)。

昨年まで、たしかJr.リーグはトップチームの控え選手が中心だった。今年はA(Acd)アカデミーという1,2年生中心のAチームが編成され、このチームが参戦している。

5月15日(水)Jr.リーグ第四節VS TN大戦、オヤジはなにげなく試合速報ブログを見て思わず『えーーーーまじ?』とでかい声を出してしまった。息子がサブとはいえメンバーに入っているではないか!
息子は82分に交代出場。たった10分、しかしこれは息子にとって、たぶんものすごく大きな出来事だったと思う。
結果は0-0だったそうだから、結果を出すという意味では何かが足りなかったのだろうと思うが、このチャンスを与えてもらっただけで、きっと本人には大きな励みになったのではないだろうか。

試合速報ブログは何故か、息子の交代出場を知らせる書き込みで途絶えてしまう。いつもなら試合終了時に結果が更新されるはずなのに、スマホで何度見ても結果が出ない。。。あれー?何かあったのかなぁ。終了間際に劇的なゴールで敗戦とか?(苦笑)
はたまた誰か怪我でもして速報の更新どろこじゃなくなったとか?
息子はまた怪我でもしてなきゃいいが・・と、オヤジはいつものマイナス思考。。気が気じゃなかったりして!(笑)

家の帰って家内に聞いてみると、部のHPに結果が出ているという。結局0-0であのまま引き分けたらしい。そーか。とりあえず怪我してなきゃいいけど・・
と、オヤジはやっと一息(笑)

そっかー。頑張っているんだね。。(シャレじゃありませんがf(^_^))
でも、そんなに頑張らなくていいよ。心も体も元気で、楽しく学校生活を送ってくれたらそれだけで・・。

by tama1366 | 2013-05-16 12:32

開幕!

5月12日(日)PM17:00。

今日は私にとって、たぶん本人にとっても忘れられない試合の一つになる。
関東大学サッカー連盟主催、インデペンデンスリーグ(通称Iリーグ)2013開幕戦。VS●大戦。

この日朝、実は私も試合だったのだが、全くの不出来で不完全燃焼のまま1回戦敗退・・・
自分の納得できるプレーが全く出来ず、息子の試合の前に景気付けることができなくて申し訳ない(涙)

メンバー発表を見ると、息子はFWで先発メンバーに入っていた。
大学体育会に入ってから、苦しい事の連続だった。だから、このピッチに立てた事だけでオヤジにとっては非常に感慨深いと同時に、何より一番に思うのは、怪我なく今の自分にできるプレーをやりきってほしいし、出来るならサッカーを楽しんでほしい。

しかし本人はそんな感傷に浸る間もないと思う。ここから再び結果を出し続けなければならないのだから。控えには高校時代サッカー強豪校で名をはせた優秀な選手がひしめいている。

今年息子の大学は、昨年同様、関東一部リーグ(Aトップ)、その育成リーグであるJrリーグ(Aアカデミー)、そしてIリーグに2チーム、最後に社会人リーグ(Cチーム)と5つの公式戦に参戦している。Iリーグは3,4年中心のBS(Bチームシニア)と1,2年中心のBJ(Bチームジュニア)の2チーム。

部は前日のトップチームの勝利に続きJrリーグも大勝、そしてこの日直前に行われたIリーグSのVS●大戦も勝って波に乗っていた。この週末最後の息子の一番はホームで17:00にKO。

互いに気持の入ったなかなか良いゲームである。中盤のボール回しなら相手にやや分があり、堅いDFから攻撃への連携ならこちらがやや有利といったところか。ただ、互いに決定機を決めきれない印象と同時にそれぞれ完全に相手DFを崩すといった場面は見られず、その意味で五分五分の展開。

しかし31分、最終ラインからのロングボールに反応した息子が相手DFとゴールに向かって並走、ペナに入る直前でドフリーの右SH足元に優しいラストパス、これを右SHがダイレで思い切りよく打ったシュートが相手DFに当たってゴールへ、記録上はOGとなる。オヤジの角度からはDFに当たらなければ入らなかったのか否かわからないが、記録上息子のナイスアシスト!ということにならなくて残念??(笑)。
このまま1-0で前半を負え後半。相手はやや運動量が落ちてきたか。それに対してこちらのDF陣は集中力、運動量ともに落ちない。特にボランチの安定した守備力と最終ラインの連携は素晴らしかった。
息子もゴール前で二度ほど決定機がありながら、一度はポスト、もう一度はサイドネットといずれもゴールを割ることができない。

相手の初得点はたしか後半25分くらい、息子が交代で引っ込んだ直後だったと思うが、ペナルティエリア内のDFで相手FWを倒してしまいPKを献上してしまった。これをキッチリ決められて同点とされてしまう。
その後はほぼこちらのペース。特にラスト10分は攻め続け何度と無く決定機を迎えるが、都度ポストや相手DFに阻まれてゴールを割ることができず、結果1-1の引き分けに終わった。良い形で攻め続け、何度も決定機があっただけにこちらの選手にとってはガッカリな結果だったのではないだろうか。相手にとってはAWAYでよくしのいで勝ち点1をもぎ取った、という感じだろう。

息子は唯一の得点に絡んだとはいえ、中盤に下がってのクサビ役でこの日はパスミスが目立った。恐らく悔しい結果だったのでは?

私が見ていて少し気になったのが、前線でDFにプレスをかけるときやや重心が高い。やはりまだ故障した足首が恐いのだろうか。早く治して、アプローチはもう少し低くいきたい。それからやや下がり気味の位置でパスを受ける時、またパスを出す際の動きが少なく単調。パスカットされるシーンが多かったのはそのためでは。。

まだ始まったばかりである。次戦は勝ち点3を目指して頑張ってほしい。

by tama1366 | 2013-05-13 10:33

Iリーグ開幕前。

連休終わっちゃいました!

オヤジの連休はのんびりほっかり。。眉間のしわが少し緩んだような(笑)

5月4日、久々の観戦@Away NT大G。
郊外にあるキャンパスは広大であらゆるスポーツ施設が整っています。サッカーGも観戦スタンドやナイター照明設備を備えた人工芝、横幅が広めですね。

息子は足首の怪我が完治しないままテーピングでだましだましプレーしていると聞いていました。おまけにこのところの寒暖差の激しい気候から風邪をひいている模様。

息子は一応先発でした。キックオフ10分ほど前にGに到着すると、スタンドから試合前のコーチングの内容がよく聞こえてきます。

さてキックオフ。相手は右に高速アタッカーがいますね。一瞬でDFを抜きそのままトップスピードでペナに入る危険人物。10分くらいでやられちゃいました。
一方の息子はコーチから『●●!!ちゃんとやれ!』と罵声を浴びせられ・・
これを聞いた近くで観戦していた相手チームの学生さん、『ああいう怒り方ないよね・・』とポツリ。うん、そーだよねーと思わず心の中でつぶやくオヤジ(笑)

このお叱りはたぶん、直前に息子がみせたトリックプレーを指したのだろうと思うのですが、だとすればオヤジ的には別に悪くなかったと思うんだけど・・ま、いっか!

で、試合は全般に押され気味。。こちら無得点のまま後半5分、ボランチが相手キーパが出たのを見逃さず、ルーズボールをループシュートで直接決め1点返すのがやっと。息子はそこまで二度ほどラストパスのチャンスを演出しましたが、いずれも得点ならず残念無念カキ八年。後半20分、交代を告げられました。

ベンチに戻るとコーチと何やら話しながらゴホゴホと咳き込む息子。あーあ、風邪大丈夫かよ。。
世もふけて息子のプレーも見られたし、さてそろそろ失礼するか・・とスタンドを後にしようとしたとき、スタンド下の便所から誰かが咳き込む声・・あれ、息子かな?

他に誰も居なかったので、ちょいと便所を覗いてみると、案の定息子が洗面で鼻うがいをしていました。

『おー、風邪大丈夫か?』

『あ、うん。』

『お前、悪くなかったよ』

『(洗面でちーん!と鼻をかみながら)ん?…いや…(首をかしげる息子)』

『風邪大事にな。じゃあ!』

たったそれだけの会話でしたが、オヤジにとっては、なんだか心温まる一瞬でした。
帰り道、ふと考えてみたら、俺が観戦に訪れたGで息子と直接言葉を交わしたことって、ほとんど記憶にないもんなぁ。

我が息子は、彼なりに頑張ってます!(^-^)

by tama1366 | 2013-05-09 12:24

辛抱

久々に息子が帰宅。

といっても、わずか数時間。何週間かぶりのオフだったとかで、お昼を食べて、死んだように眠ってすぐにまたミーティングだからと寮に戻って行きました。
途中、コンタクトレンズを買うといってオヤジの会社の近くまで来るというので、私もちょっくら顔を見ることに。

なんか、久々に見る息子の表情は、またちょっと大人になったような・・

私には元気な顔を見せてくれましたが、内心は怪我や色々なことが重なり、かなりキツい状況らしい。

家内の話では、チームは負けが続いて負のスパイラルにハマっているようで、息子自身はそんな最悪の状況のチームに選手として貢献することすら許されていない。。それが情けないと話していたとか。

本人はきっと我慢、辛抱の連続なのでしょう。。私には、その胸のうちを思いやり、心の中で精一杯応援する事しか出来ない。
男の子はあっと言う間に親離れして、気が付くと私達親がしてやれることは何も無い。

ふと想いました。子供の姿、成長を毎日間近で見られるというのは、それだけですごく幸せなことなんだな・・と。
うちはまだ下に一人居て良かった(笑)

心も体も元気で、出来れば、今を楽しんで。またメシを食べにいつでも帰って来いよ。

by tama1366 | 2013-05-01 12:49