人気ブログランキング |

<   2013年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ものは考えよう

息子が怪我をした。足首を外側に捻る捻挫。ガニマタサッカー選手にありがちな怪我ですな。。

その日は日曜日。私はいつものようにホームに観戦に行き、久々息子のナイスシュートを目の当たりに。。気分よく帰宅して、夜風呂入って寝る直前、11時半ころだったかなぁ。息子から電話。痛くて歩けず、足首が曲がっていると。
聞けば昼間のTMで痛めたのではなく、夜の自主練で捻ったらしい。ゴキ!といっちゃったというので、それなりに重症なんだろう。とりあえず救急外来行けと言ったら、病院から電話があり『一応未成年なので、親御さんも見えて下さい』ってもう夜中なんですけど!!

仕方ない、夫婦で車飛ばして行ってみたら骨には異常なし?捻挫?ギブスで思いっきり固められて松葉杖姿。寮の仲間が付き添ってくれていた。

付き添ってくれた仲間はこんな時間に未だメシも食ってないという。と言ってもこの時間開いている食堂もなし、コンビ二で勘弁してもらい寮まで送り届けて、本人は私と一緒に実家に戻ることになった。
本来なら翌々日から神戸へ遠征に行くはずだったのが、この怪我でパー。でも疲れていたんだろうな。家に向かう車の中で直ぐにスヤスヤと眠りについてしまった。

モノは考えようである。それからは久しぶりに家族が四人に戻って、家の中がなんとなく明るくなった。久々四人で晩飯を食べに行くのもなんだか楽しい。ヤケにメシが美味いと感じたりして(笑) 母親も妹も心なしか嬉しそうだ。
よく、便りがないのは元気な証拠というけど本当ですな。まったく…カネが無くなるか怪我をした時しか帰ってこないのだから(笑)

その翌日、自分が世話になっているスポーツマッサージの先生に診てもらうことにした。西洋医学ではこのような怪我は固定、安静しか方法がないが、東洋医学は少し違う。治癒を早めるため、または復帰にむけて様々な治療を施してくれる。
先ず驚いたのは、ギブスは外せという。患部はキネシオテープで固定するだけで十分だと。運動選手が足首を固めてはいけないんだとか。
何が正解かはわからないが、私はこの先生と長い付き合いがあり、その人柄を信頼している。だから疑うことなく先生に従ってみることにしよう。

息子は心の中では複雑らしかった。少しだけ調子が上がってこれからという矢先だった。ともに部の最下層からなんとしても這い上がろうと誓い合った仲間の何人かは、夢を息子に託して涙を飲み部を去った。その仲間の分も自分はなんとしても選手として食らい付いていかなくてはならない。そんな息子にとって、この怪我は色々な意味で痛かったはずである。焦りもあるかもしれない。

でも、おかげ様で、元気で生きているから怪我もするけど、そこからは間違いなく回復に向かう。しっかり治して、また一から頑張ればいいじゃないか。

こうして多くの人達に支えられ、応援してもらっているのだから。

by tama1366 | 2013-03-13 12:38