人気ブログランキング |

<   2012年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

この夏

7月29日(日)。
この日のTMは夕方4時KOだった。生憎テニスコートがとれた時間と重なってしまう・・。
なんとなく後ろ髪を引かれつつ、仲間とのテニスを楽しむことにした。
少し前ならテニスを辞め、Gに行っていたかもしれないと思うが、このところ息子は精神的にとても充実している様子が見てとれる。当然それはプレーにも現れると思うのだが、不思議とそういう時は怪我も少ないし、なんとなくだけど、こちらも見なくてもあまり不安とか心配にならない。
心配だと、居ても立ってもいられなくなり、何をさておいてもGに駆けつけたくなるのだが、最近は自分で体のメンテナンスをキチンと考え実行したり、苦しく厳しい練習にも表情は比較的明るい様子を見ると、まぁ、大丈夫かなと。

ヤバいのは勉強。早速必修科目を落としたとかなんとか。明日、休み前最後の試験。これが終われば暑くて苦しいサッカー漬けの夏休みなのだが、早くも留年一歩手前か・・

練習試合での出来はまずまずだったらしい。先輩にも、オフェンスでの実力は評価して頂いたそうだ。だからといって簡単に上のカテゴリーに上げてもらえるほど甘い世界ではないのだが、このまま腐らず頑張れと励まして頂いたとか。
ありがたいことである。

合宿を終えたら入寮する予定だ。その頃から、部員としての地域貢献活動で、子供向けサッカースクールのコーチなどもやらせて頂く予定。また一つ、勉強させて頂く。

これまで長いこと見てきて、我が家は皆、暑い時期は調子が良い。我が家は未だに冷房は使わないからだろうか。逆に寒くなってくると体が温まるまで時間がかかるしイマイチ調子が上がらず怪我も多くなる。

この夏をどう頑張れるか。何を目標に、どこまで自分でやれるのか。
怪我なく乗り越えられたとき、少しは成長した姿が見られる気がする。

お互い頑張ろう。

by tama1366 | 2012-07-30 12:14

お久しぶりです!

ここのところ時間に追われてブログの更新がままならないです(涙)
今日は、随分前の社会人リーグの試合レポート。
7月16日(祝)。この日はリーグ戦で初めてのAway。某大企業の社有スポーツセンターG。抜けるような青空、カンカン照り。しかもキックオフは12:15と、タフな試合になりそう・・
土だとばかり思っていたら、なんと本芝ぢゃ!状態は悪くないが、やや長めの芝でボールが思ったより走らない。

これまでの社会人リーグ戦は対戦相手には失礼だが腕前が違いすぎて試合にならなかったが、今日の相手は一味違う。中盤で激しいプレスをかけ奪ったボールをすぐさま前線へ、というチームの基本戦術がしっかりして、しかも一人一人オヤジ?なわりにサボらずちゃんと走る良いチームだった。

立ち上がり、こちらがボールを支配する時間は長いが、バックパスばかりで攻撃の糸口がつかめない。逆に相手はFW以下キッチリまもってボールを奪い、素早く前につないでファーストシュートはなんと相手だった!
じりじりと照りつける日差し、チャンスが作れず時間だけが過ぎてゆく。相手FWは足元でキープできる選手がそろっており、いくつか危ない場面も。相手のラストパスの精度がなく助かった。
前半終了間際、ゴールほぼ正面でサイドから鋭角の折り返しを受けた息子がDFをよけるように横に動きマークを外してファーサイドにズドン!これが値千金の先制点になった。オヤジは思わず『よーし!』とつぶやきガッツポーズ(笑)

なんとなく・・だけど、やはりオレと同じ、この社会人リーグを必ずのように観戦に来ていらっしゃる方がいることがわかって、ご挨拶だけした。1年生の父兄なのかはわからないが、そのうちにわかるだろう。
また、この日は同じ高校からもう一人だけ部に入った仲間が初めて先発。よく知るその選手のご両親も観戦にみえていた。

後半は立ち上がりから再び相手のペース。FWはある程度足元でボールキープができる選手で、カウンターでパスを受けためを作れる。但しここでのフォローが若干遅め。ここで囲んで決定機は与えないが、速攻から相手FWが中央やや距離のあるところからダイレクトで打ったループシュートはGKを越えてポスト直撃!ヤバイ!

でも決定機にキッチリ頭で合わせて二点目をもぎとり、相手もさすがに疲れてこのままゲームセット。なんとか2-0勝利でした!

ところで、SK戦の敗戦以来、練習も規律もかなり厳しくなって、毎回のように練習後病院送りとなる選手がいる模様。
息子は色々思うところあって寮に入る決意を固めたようです!(笑)

これからも応援のほどよろしくお願い致しますm(_ _)m。

by tama1366 | 2012-07-27 13:57

青春の・・

7月4日19:00、@国立競技場。年に一度のビッグイベント。

私の会社の前には6月中旬からポスターが貼ってある。知人のお店にも貼らせていただいた。
最近はもう『どっち応援するの?』も聞かれなくなった。答えはもちろん我が母校よりも息子の学校。まぁ、サッカーだけはね(笑)

この日、部員達は朝から準備に追われる。
1年生で最も過酷なのは駐車場係り。朝9時過ぎから12時間以上駐車場に張り付いて、おまけに試合を見ることすらできない。息子は自分が指名されることを覚悟していたようだったが、幸い?他の場所に落ち着いたらしい。

オヤジは今回は少し早め、18時過ぎには競技場に到着した。かなりの人、人。お天気に恵まれたので、今日はまぁまぁ入るかな。
入り口入ってすぐのグッズ売り場でとりあえずパンフとタオルマフラー、ストラップ(もちろん息子の学校)を購入。メインスタンド入り口には既に満席の表示が・・。まぁ一人くらいなんとかなるんじゃないかと一応見てみることに。保護者席というの一角があったので期待したが残念ながら一席も空いていない。仕方なくいつものようにバックスタンドに回ることに。

途中の壁に、各々全部員が一人づつコメントを書いたプラカードを持って写真におさまり張り出してあるコーナーがあった。あ、息子もいた!たったそれだけの事なのに、なんだか胸が熱くなった。
色々なことを乗り越えながら、今も前を向き続けている息子、誇りに思っていいですか?

少し遅れて家内も駆けつけてきた。二人でサッカー観戦なんて、随分久しぶり。
試合の方は、四連覇をかけた息子の学校が早々退場者を出し、2点を追う苦しい展開に。先制点はWの左サイドからの高速クロスにFWが頭で合わせた美しいゴールだった。このクロスの精度、素晴らしかったな。
敵?ながらあっぱれ。

一人少ないながら見せ場も作ったけど最後までゴールは奪えず、0-2で敗戦。つまり私にとっては母校が勝利したわけだが、今は少しも嬉しくない(笑)。秋のリーグ戦で是非雪辱を。

サッカー部員達にとって、このイベントは青春そのもの。

ここを目指して頑張ってきた全ての部員達の思い、汗、涙・・たくさん詰め込まれた90分。

今日の観客は1万ちょいでした。
皆さんお疲れ様。来年も良い試合を期待しています。

by tama1366 | 2012-07-05 11:17