人気ブログランキング |

<   2011年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

指導者

最近家内が、わが子と同年代のサッカー少年の子を持つあるお母さんと会話したときのこと。
そのお母さんは息子さんのチームの指導者に対し相当な不満を持っていたようで、家内はさんざ愚痴を聞かされたそうだ。
『あの人(指導者)はまるでサッカーがわかっていない!』とまで言っていたらしい。思わず、そうおっしゃるそのお母さんはサッカーがわかっているの?と聞きたくなってしまった(笑)

聞けばそのお宅の息子さんは一人息子だという。親にしてみれば目の中に入れても痛くない可愛いいわが子なのだろう。まぁ、親はだれでも大抵そういうものなのだけれど・・。

これまでの観戦歴の中知り合った親御さんの中に、そんな感じで自分の息子のコーチやら監督やらに不満たらたらの親御さんを少なからず見かけてきた。

大抵はチームとして結果を出せない(勝てない)事への不満。わが子の待遇に対する不満。それから派生してトレーニング方法がどうだとか戦術がどうだとか、終いには選手のポジションにまでケチをつける人がいる。
わが子可愛さもここまでくると恐いものがある。
さらに、そういう方は往々にしてわが子のコーチ(監督)を、他のコーチや監督と比較してどうこう言う。あの人ならこうなのに・・みたいな。
そうなると心配なのは子供の方だ。そういう親御さんはまず子供の前でも公然と指導者批判をしている場合が多いから、当然子供も指導者を見下すようになる。次第に指導者の言う事を聞かなくなるし、まだ小学生くらいだとコーチや監督に何か言われても平気で口答えをするようになる。

確かに、可愛いわが子が試合に出られず、おまけに息子の代わりに試合に出た選手達はだらしないし勝てない・・という状況を目の当たりにしながら毎回グラウンドに応援に駆けつけるのは、親にとって面白いことではない。その気持はよくわかるが、サッカーはチームで戦うスポーツ。少なくても指導者、選手、サポーター(親)がまとまりのないチームが結果を出しているのを見たためしがない。チームが弱い理由の一つが自分自身にもあるということ。多少思うところがあっても、他人やわが子の前では決して指導者に対する不満を口に出すべきではない。

指導者だって人間だ。たぶん欠点も間違うときもある。親である自分達と同じように。子供達にとってサッカーやそのチームは、たぶんそれも含めて学ぶ場なのだと腹をくくるしかない。どうしても腹に据えかねるなら、自らチームを去るしかないのではないか。親の好みに指導者が変われ!という発想は、間違っている気がする。

常々そういう親達とも対峙しつつ、子供達にサッカーを教え、時には子供達に人としてどうあるべきかを説き、更に試合で結果も出す・・というのは、たぶん並大抵のことではないよね・・指導者の皆さんも大変ぢゃ・・。

ふと、わが子がお世話になった指導者の皆さんを思い浮かべてみた。皆さん良い方ばかりだったなぁ。
まぁ、オレだって不平不満の一つ二つ、心では思ったことあったかもね(^^)ん?!家内には愚痴聞かせたこともあったかも?(笑)
でも、今にして思えばどれも些細な事。それも含め、皆良い思い出。

何よりおかげ様さまで、息子は未だにサッカーを続けておりマスm(_ _)m

by tama1366 | 2011-11-28 18:15

披露宴

23日は知人の息子さんの結婚披露宴。450人出席という盛大なものだったが、とてもさわやかで良い結婚式だった。メシは美味かったし、お目出度い席は良いものです(^^)

新郎の父上は、私が仕事をする街で一番の老舗と言われる会社のオーナー。たしか4代目だったか。私はたまたま取引銀行が同じご縁で、またお互いこの街で商家の何代目かであるということもあり随分前に知り合って以来、様々な街の宴会で時々ご一緒させて頂いている。そんな街のご縁からお招き戴いたのだが、いずれ5代目となる新郎も、もちろん新婦さんも、噂には聞いていたが正直お目にかかるははじめて。

実は私が18の歳の大学一年の頃、そちらのお店の一つでアルバイトとして働かせて頂いたことがある。その当時、大勢いるアルバイトの中の一人としてオーナーの事など知る由もなく、新郎はまだ生まれてもいなかったはずだ。私はアルバイト情報誌かなにかでその仕事を見つけ、当時すでに名の通った老舗であったのと、ただ勤務先が通うのに便利だというだけの理由で履歴書を持って面接に行き、運よく採用されたのだった。
私にとって、大学に入って初めてのマジメ?なアルバイト。何から何まで初めてのことばかりで、色々と社会勉強をさせて戴いた。

披露宴の席表を見ると、私がアルバイト時代はまだ若手のヒラ社員(失礼)だった当事の職場の上司が、30年を経て今は会社の役員になられて披露宴に出席されており、懐かしくご挨拶をさせて頂いた。

今にして思えば、当時の失敗は数知れず・・(苦笑)
私は都心の某百貨店の中にあるお店に配属されたのだが、たまたま運悪く恐い筋の方に商品を売ってしまったことがあった。直後、お店にクレームの電話が・・包装紙が少しだけ水で濡れてしまっていたのだ。そういえば、直前に包装をするカウンターを自分が念入りに掃除をした。たぶんその際の水分が包装紙に少し付いてしまったのだろう。中の商品に影響はなくとも私の上司はさんざ電話で怒鳴られた。挙句、買って戴いた商品よりはるかに高価な商品をキレイに包装し直して、もちろん無償でご自宅までお届けさせて頂き、ようやくお許し頂いた。
モノを売ってお金を頂くという事の厳しさ、恐さ、信用というものの重さを肌で学ばせて頂いた。

息子が、その頃の私の年齢に近づいている。今のところまだアルバイトをしたいとは言い出さないが、既に同級生の中にはアルバイトを経験している友達も居るだろう。

自分はさんざやっておきながら・・と思われるかもしれないが、わが子のアルバイトについては、私自身はいささか否定的な考え方を持っている。男は社会に出たら一生働かなければならない。学生時代は勉強に、スポーツに、やりたい事があれば、アルバイトよりそれに全力投球すればよいのではないかと思うようになった。幸い、わが子にはそれが出来る環境があり、目標もあるようだ。まぁ、今のところはだけど(笑)

私の場合、何がしたいのかよくわからなかったし、コレといって勉強やスポーツに打ち込んだこともなかったから、とりあえず一生懸命遊んだ(笑)そのために多少お金が必要だから働こうと考えたに過ぎなかった。たぶん社会人になったら一生やらない?であろうと思う仕事ばかりを選んでやってみた。その経験は少しは今、役に立っているのかもしれない??
でも、今はこう思うのである。社会に出たら、それこそどこに居てもどんな仕事をするハメになるかなんて全くわからない。コレがしたい!と思って企業に勤めたとしてもそこには様々なセクションや仕事があるだろうし、自分で何か商売を始めたとすれば、それこそ掃除のやり方から帳簿の右左まで一通り覚えなければならないだろう。好きでも嫌でも一通り何でもしなければならない。都度真剣に取り組みさえすれば、様々なことを学べる機会などこれからいくらでもあるはずだ。何も慌てることはない。今しか出来ないことに全力投球すればよい。

スポーツに打ち込み、勉強する時間は学生時代の特権だ。留学経験なども私は当時全く興味なかったが、母には『今しか出来ないのだから・・』とよく薦められたのを思い出す。今思えばその通りだった・・仕事をするようになると企業から派遣される以外は難しい。
また、その年齢でしか感じられないものがあると思う。初めて出会う街や人や文化・・身分相応ならば借金をしてでも学生時代に是非海外に出て、自分の目で見て感じるべきだ。

そのために必要なお金なら、親に出来る範囲で出来る限りことはしてやりたい。学生時代にアルバイトする時間なんて、無駄とはいわないけどもったいないよ(笑)
その代わりといっちゃあ何だけど、オレが死ぬ時は一円も残さない予定(笑)

なんか話がそれちゃったけど、美しい花嫁さんだったなぁ。ご両親の涙にホロっとさせられました。ホントにおめでとうございました。どうかこれからお幸せに!!

by tama1366 | 2011-11-25 12:02

祝全国!!

11月20日(日)。今日は、楽しみにしていた久々のサッカー観戦。

ボン助の古巣、T●Pのユースが関東クラブユースで見事優勝し、この日はJユースカップ本戦の一回戦VSアル●レッ●ス新潟ユース!なんたってJクラブのユースの中で予選を勝ち抜いたクラブ+街クラブは全国で4つしか枠が無いんだから、ここに出るってすごい!ちなみにあのつぇぇーFC東●だって予選落ちだっ!(笑)
場所は第三京浜港北インターからすぐの日産フィールド小机。天然芝のいいグランドなんだけど、陸上競技のトラックがあるからスタンドからピッチまでやや距離がある。顔も悪いが目も悪いオヤジには選手達の表情がイマイチ見えないのがちょっと残念。

少し早めにGに到着。まずお目にかかったのは10番F君のお父さん。
遠目から会釈をしたら、『あれ?誰??』みたいな感じで軽く会釈を返してくれたんだけど、さすがにわかんないか(^^;....そうだよね。JY時代はしょっちゅうGでお目にかかっていたのに、会わなくなってもう3年も経つんだものね。早いなぁ。

スタンドに行くと、懐かしい父兄の皆さん!
あーお久しぶりです!とオヤジはほとんど同窓会状態!(笑)小学校まで一緒だったお父さん、JYで一緒だったお父さん、それから偶然昔からのテニス仲間で息子さんが現在ユースの1年生のお父さんetc.。皆さん、TRPを、息子や仲間のサッカーを楽しみに応援する優しいお父さんお母さん方々(^3^)/さっきのF君のお父さんも、『ああ、最初誰だかわからなかったよ!』と声をかけてくれました。

さて試合開始。
立ち上がり、キックオフのボールから相手ゴールに迫るTRP軍団。いきなりのファーストシュートは惜しくも枠を捉えることが出来ず。ここらら10分はTRPが怒涛の攻撃!Jクラブ相手にチンチンの試合してるぞ!コリは?もしかして???いけるんぢゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!あ?

と、思ったのもつかの間、相手もさすがの試合巧者。ついでに組織手なDFが大変お上手です。その部分はT●Pより3枚くらい上手だった・・DFは体も強い。TRPもいいところまで行くんだけど、ゴールまでは割らせてくれないなぁ。
そんな26分、新潟のカウンターから遠めに打たれたシュートがDFに当たってコースが変わり、GKの逆をつく形で先制されてしまう。

さすがにこの先制で落ち着きを取り戻した?新潟が次第にペースを握り始める。
二点目は30分過ぎ、裏へのボールに鋭く反応した新潟FW、T●PのDFもかろうじて相手FWの前に体を入れGKにキャッチさせようと試みたのは分かったが、まー呆れるほど速くてテクのあるFW(たぶんU-18日本代表)がスルッと一瞬にして体を入れ替えGKとの1対1を冷静に流し込む。や、やられた・・難なくクリア出来ただけに悔やまれる失点・・

この辺からすっかり勢いづく新潟ユース。対するTRPは立ち上がりの猛攻がウソのように受身の展開に。好きなように回され、まるで名古屋の永井みたいなすごい速さの右サイドに突破を許す。中央へのセンタリングもかろうじてシュートは決まらずこのまま0-2でハーフタイム・・うーん・・でも、後半の1点目だな。どっちに入るか?そこがたぶん勝負の分かれ目だ・・頑張れTRP!

そして勝負の後半。相手はすっかり落ち着きを取り戻して全体にコンパクトを保ち、セカンドボールもほぼ支配するように・・後半15分くらいまではなんとか無失点に抑えるも、そこから怒涛のゴールラッシュ。TRPスタンドの父兄やジュニア、ジュニアユースの選手の必死の応援も実らず、終わってみれば0-6で完敗・・
むぉぉぉぉぉぉぉおおおお残念ぢゃい!

TRPらしいゴールを見られなかったのはちょっと残念だったけど、ここまで辿り着いたのは、本当に立派。聞けばここまでの道程は、決して順調だったわけではなかったようだ。勝てない時期も長かったという。それが、3年生にとっては最後のこの大会で、全国まで本当によく頑張ったと思う。
選手、スタッフの皆さん、本当にお疲れ様。

帰り道の第三京浜で、ふと考えた。高校サッカーに進み、選手権を目指した仲間達も、都道府県決勝まで進みながらあと一歩というところでほとんどが散ってしまった。
仮に全国まで辿り着いても、次の大学サッカー界、ましてやプロとしてJクラブに進める選手は、中でもごく一握り。この先もサッカーを続けるというのはマジ至難のことです。

ボン助は、入りたいと言えば大学に進み、続けられるかどうかは本人次第だけど、とりあえず関東一部の体育会への道が開かれている。その意味では、たぶんかなり恵まれているのだろう。
しかしこの先の道のりは本当に厳しいし、大変なことなんだ・・周囲はすげぇ奴らばかり。選手じゃなくスタッフに回される可能性もあるだろう。それだって与えられた使命を最後までこなすのは大変な世界なんだ。
今恵まれていることは、むしろ本人のためにはならないのかもしれないなぁ。

この先、オヤジが応援できることなんてほとんど無いだろう。(ちょっと寂しいけど)
自分で決めた事、苦しくても力の限り諦めずに挑戦し続けてほしい。

ボン助も、仲間の皆さん達も・・

by tama1366 | 2011-11-21 15:13

ハッピーバースディ♪

11月6日(日)。
本当は5日がボン助の誕生日なのだけれどこの日は家族全員なんだかんだ忙しく、ボン助のハッピーバースデー食事会は翌6日にずらして代々木上原のウエストパークカフェで行われました。

とりあえず(笑→理由は後ほど)の出席は私の両親含む家族6名。
日本一?というシーザーサラダ(一皿で4人分くらいありそう)を3皿も注文した事を知って、ボン助がケゲンな表情・・そんなに食えないだろ?みたいな。
ワケを知ってるオヤジと家内は一瞬バレないかとヒヤヒヤ。

ピザとパスタを食べ始めたところで、若者5人組が来店。何気にその方に目をやるボン助の表情をニヤニヤしながら眺めるオヤジ。
ボン助はチラと五人組の方に目をやり目をそらした途端、下を向いて笑っている。顔を上げると『はぁ?』と笑いながらひきつったような表情。オヤジは耐え切れずここでバカ笑い。

そうなんです。この5人組はS●C仲良し達。実は誕生日の前の晩、うち一人のお母さんの携帯から家内に電話が・・電話の主はお母さんではなく息子さんの方で、『明日の晩、サプライズで友達5,6人でお祝いに行っていいですか?』という。ボン助本人には絶対ナイショにしてほしいという。
それならば・・と、家族皆が揃う6日に急遽レストランを予約し、そこに皆さんをお呼びすることにした次第でした。知らぬはボン助ばかりなり(笑)

レストランの方にも事情を話して、バレないように初め席は家族6人分しかセットされず、周囲の席をリザーブにして空けておく念の入れようです。
5人組も何事も無かったように来店して我々の隣に座り、しらじらしく『アレ?もしかしてそこにいるのは●●じゃね?』なんてやってる。愉快な仲間達。

しっかし相変わらずコイツら食うわ食うわ(汗)
ピザだのパスタだのハンバーガーだのさんざ食わせてから、これでもかとステーキを頼んだら、テーブルに運ばれた途端、奪い合うように3秒で肉が無くなる始末・・(^^;....

デザートにケーキとコーヒーもしっかり戴いてお食事は終了。
そう、ここから楽しいビデオ鑑賞会。
彼らはプレゼントにとケーキとDVDを持って来てくれました。その場で見せたいからノートPC持ってきてほしいとリクエストがあり、オヤジがノートPCをこっそり持参。

DVDの中身は二本のビデオなんですが、一本は今日ここに来た皆さんが、今流行りの曲に合わせて本格的なPVのようなものを編集してくれたんですね。登場するのはクラスメート全員?歌詞に合わせて2,3秒づつシーンが代わってクラスメート達が様々な場所や姿で歌ったり踊ったりするんですが、それが見事に歌詞とピッタリ合って進んでいきます。これはかなり手間ひまかかってる。編集技術もプロ並みなんじゃないかな?
二本目は、ボン助の学校での写真や一緒に遊んだり部活やったりしたとき皆さんが撮ってくれた写真を編集したもの。学校、部活、湘南の海、倫理の宿題で通ったプールetc.・・合間合間にはやはり大勢の友達からボン助へのハッピーバースデーのコメントが字幕で流れるようになっている手の込んだもの。

オヤジと家内は、あまり見たことのないわが子の友達の中での表情。笑顔あり、真剣な表情あり、苦しそうな表情あり・・でもどれもがピュアというか、なんだか彼の青春がこの一本にぎゅっと凝縮されているみたいな感じで、観ながらすっごく感動して涙が出てきた。ボン助本人も『コレはヤバい・・』という表情で目頭を抑えながら観ている。

私の両親も、孫の日頃の様子を写したデオを見る機会なんてまず無いし、何よりこれだけ大勢の若者達と楽しく食事する機会なんてまず無いから、今日はすごく楽しんでくれたみたいだった。皆さんのおかげで親孝行までさせてもらっちゃったよ。

中、高と6年間一緒に過ごし、また大学でも4年間一緒に過ごせる仲間達。皆で助け合いながら成長できる素晴らしい環境の中で、良いお友達大勢に恵まれたんだね。今更ながらS●Cで本当に良かった。

皆さん、今日は本当にありがとう。思いがけず本人はもちろん、私達家族にとっても忘れられない記念日になりました。これからもボン助を、どうか末永くよろしくお願いします・・m(_ _)m

by tama1366 | 2011-11-09 12:35

同級生たちの活躍

11月3日(祝)。

この日は娘と家内と三人でお出掛け。
すると、家内の携帯に一通のメールが!
『おかげ様で優勝です。応援ありがとうございました!』

そうなんです。この日行われた関東クラブユース選手権 決勝戦。
メールを下さったのは某選手のお母さん。

準決勝で名門三●養●ユースを1-0で下した古豪、横●FCユース対ボン助の母校(笑)FCトリ●レッタの試合は1-0でFCトリ●レッタが勝利!
トリ●レッタは初優勝、その結果二度目のJユースカップ本戦出場を決めたそうです!おめでとう!!
初めてトリ●がJユースカップに出場したのは、たしかボン助は中学1年生。この時は決勝で養●ユースに敗れ、東北・北海道代表とのプレーオフを制しての本戦出場でした。オヤジもたしかそのときの事はこのブログでも書いたと思う。

今回優勝したトリ●ユースのメンバーは半数以上がJY出身。ボン助と3年間一緒にやってきた仲間達です。名門の三●養●や横●を押しのけての本戦出場は正に快挙。チームの皆さんに心から拍手!ボン助もコレ聞いてビックリ!すげーすげーと騒いでおりました。
JYで一緒にやった仲間達の中には、ユースに上がってこうして活躍している選手のほかにも各高校で選手権都道府県代表まであと一歩!というところまで頑張っている選手も大勢います。だいたいこの週末が準決勝とかくらい?のようですね。これまたお正月TVで活躍を見るのが楽しみ。

こうしてボン助の仲間達の活躍を聞くたびに想うのは、ホント皆さん成長してるなーってこと。ボン助は大した事ないけどf(^_^)
皆ポテンシャルを持ってたんだと想うし、もちろん高校入ってからも三年間頑張ったからなんだけど、ベースとなる中学三年間指導してくださったNコーチを中心とする指導者の皆さんの力も、少なからずあると思う。
サッカーに対して本当に真面目で厳しい方という印象ですが、あの頃の熱心で的を得た指導が、こうして何年か過ぎ改めて花開くのですね。きっとNコーチや皆さんも、成長した教え子達の活躍を目を細めて見つめてて下さっているのではないでしょうか。

なんだか仲間達の中から、プロになる選手が出そうな予感!?
そうなったら嬉しいですね。これからが益々楽しみなオヤジです(^^)

by tama1366 | 2011-11-05 11:15