人気ブログランキング |

<   2011年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

初めて『ありがとう』って言われました。

息子の高校サッカーでの挑戦が終わった日、仕事を終え家に帰ると、丁度ボンも家に帰ってきたところでした。

さすがに落ち込んでいるだろうかと思いきや、これまで決して口にしなかった炭酸飲料を下痢するほど飲みまくり、マックを腹一杯食べ、何処かでカラオケでもやって発散してきた?(笑)らしく、思いがけず穏やかな表情でした。

今日はもうサッカーの話はいいか・・と思ったんですが、時折リビングで『ふー』というような表情で宙を眺める息子に、一つだけ話すことにしました。

『今日のお前のシュート、お父さんこれまで観てきた中で、最高のシュートだったな』

『でも、何か一歩足りなかった。それが何なのか俺にはわからないけど、自分の中でしっかり答えを見つけて、更に上を目指すなら、新しい目標に向かって頑張れよ』

最後に見せてくれた豪快なシュート、自らドリブルで持ち込み、左15°からフェイントで一人かわし『ドン!』という鈍い音とともににファーのサイドネットに突き刺さったあのシュート、親の欲目でしょうが、自分的には15年見続けてきた中でマジ一番のシュートだったと思います。

最後まで声を出し、手をたたいて仲間を励まし、諦めずに戦った姿、負けはしたけど、オヤジは見終わって不思議な満足感がありました。わが子の成長を感じることができたというか・・

だからかな、涙も出なかったのは。

翌朝、ワリと早く起きた息子は、突然神妙な顔で、
『お父さん、お母さん、僕の高校サッカーが終わりました。これまで朝早く起こしてくれたり、お弁当作ってくれたり、色々ありがとうございました』

それだけ言って自分の部屋に戻った息子に、家内は少し慌てて、『ちょっと、ちょっと待ちなさい!今の録音しておくから、もう一度!』とか言ってました(笑)。
私は心の中で(おい、いつも遠くまで一人でも応援に来てくれて・・ってのが無いじゃんかよ!)と思いつつ(笑)たぶん本人なりに少しは苦労もしたのかな?改めて少しは成長出来たみたいだ。

ふとリビングの机の上に、進学やサッカーについて当面の目標と、それにむけて具体的な生活リズムを記したノートがありました。負けた日の晩書いていたようです。

やっぱごちゃごちゃ言わなくても大丈夫だよね。
これからも、私なりに息子を見守ってゆきたいと思っています。

by tama1366 | 2011-07-28 09:38

最高のシュート!!

ボン助の挑戦が、一まず幕を下ろしました。

選手権予選三回戦のお相手は、鎌●学園高校@逗●高校G。

前半運悪く二点先制された後半、攻撃陣は見違えるように怒涛の攻撃でついに15分、ボン助の豪快なシュートがサイドネットを揺らし1点差に詰め寄りますが、その後再三のチャンスにシュートが枠を捉えることができず1-2のままゲームセット。

5年生のお母さん:『●●先輩のお父さん、大学に行かれてからも、どうか頑張って下さい』

顧問R先生『残念だったけど、すごいシュートだったね。感動したよ』・・オヤジとがっちり握手。

6年生D君のお母さん:『これでは終われないわね』・・ちなみにD君は大学サッカーを目指す予定(笑)

他にも大勢の皆さん、これまで息子達を温かく見守って下さり、本当にありがとうございました。試合後、怪我で出場できなかったSB、Y君が一人笑顔で、泣き崩れる仲間達を励まし、良く頑張った、泣くなよと声を掛けてくれてたのが、とても印象的だった。

オヤジは、これで観戦オヤジ引退かと思ったら涙が止まらないんじゃないかと思ってたんだけど、不思議とちょっとだけ目が潤んだだけだった。帰り道、家内はずっと泣いてた。俺なんかよりよほどボン助のこと、支え続けてきてくれたんだもんな。

今日は、あと何を書いていいんだか思い浮かばないや。

お世話になった皆さん、応援して下さった皆さん、本当に、本当にありがとうございました。

by tama1366 | 2011-07-25 14:07

二回戦突破!

7月23日(土) 選手権一次予選二回戦、VS逗●高校@AWAY。

ココに来るのは、確か4回目だったかな・・今日勝てば明後日もう一度ここで三回戦を戦うことになるし、もし負ければ今日が最後だ・・

それにしても、ココは本当に環境が素晴らしい。逗●といってもちょっと山の方にあるんだけど、学校に付くと、校門からすぐの深い森の中で、管弦楽部?が音あわせ?練習をやっていた。こんな緑深い森の中でバイオリンやらチェロが弾けるなんて・・なんかとっても絵になるなぁ。

Gは校舎の間を通り抜けた一番奥。ここからの景色も素晴らしい。

ん?試合が始る前、中央審判席の前にはボールがいくつも並べてある。その理由は試合が始ってすぐわかった。
そういえば、G横ラインからすぐのフェンスのの向こうは2メートルくらい低いところに川が流れている。ボールがフェンスを越えると、すぐにボールをとりに行くことが出来ないのだ。この試合でもたしか5個くらいは川の底にボールが消えた。

さて、試合の方は開始二分でS●Cがやや距離のあるFK、山なりのボールを頭で合わせていきなり先制!!なんだか波乱の幕開け?激しい点の取り合いになる??かとも思われたのだけれど、結論から申し上げるとゲームは結局このゴールが決勝点になり、1-0でS●Cの勝利!!

試合内容としては、概ね7割方攻めるS●Cが終始リード、シュートも数え切れないほど打ちましたが、なぜか決まらない・・ボン助もポストをはたいた惜しいシュートあり、今日は足技も冴えて少しは見せ場も作ったけど、入らなきゃそれまでよ(笑)。

しかしまぁ、観てて負ける気はしなかったけど、追加点が取れてたらどんなに気持的に楽だったかと思ったゲーム。逆に、取れなかったから最後まで集中できたのかな??

これで一回戦、二回戦とも1-0で辛勝したS●C。二次予選まであと二つ・・先は長いなぁ(笑)

ところでこの日の試合後、いつも観戦でご一緒する守護神D君のお母様から、前の試合のビデオをDVDに取ったものをお贈り戴きました。ボン助の決勝ゴールのシーンを見逃した私達のためにとの御心遣い、本当に有難く感謝申し上げます(涙)

ちなみに初めて観たそのゴールシーン、右からのY君のクロスにゴール前ニアサイド、スライディングして右足のかかとでチョンとさわったボールがポストにあたりながらもゴールへ吸い込まれていく・・
決めたあと、仲間全員にボコボコにされているところがなんとも楽しい(笑)

Dさん、本当に本当にありがとうございました!

by tama1366 | 2011-07-24 10:10

観戦オヤジ座談会@新宿

取引先のTさんはただ今中三のサッカー少年を長男に持つ、生粋の観戦オヤジ。
偶然サッカーの話をしたのがきっかけでお互い親ばか観戦オヤジだということを知り、会う度にサッカーの話をするようになって、なんだかんだ結構長い付き合いである。

昨日は初めて、夜酒を飲みながらの観戦オヤジ座談会@新宿。
彼のご子息は某有名クラブの選手。丁度中三のこの時期、サッカーの進路を決める重要な時期なのだが、彼のご子息は運よく?運悪く?ユースへの昇格は叶わなかったそうだ。
ただ、当の本人はユースよりむしろ高校サッカーに魅力を感じていたようで、これですっきり高校進学を目指せると、なんだかお父さんまでちょっと晴れやかな表情。そんなTさんを見て思わず、

『これから高校選びが楽しそうだね!』

そう、高校サッカーって、仲間とのつながりとか絆とかとっても強くてなんかイイものです。
たしかに●●ユースって言ったらすごいエリートだけど、エリートがイイか悪いかなんて、たぶんずっと後になってみないとわからないじゃない?それはそれで良かったと思えるように、これから充実したサッカーライフを過ごせる自分に合った場所を見つけて頑張れば良いのだ!

そうなんですよね。観戦オヤジはサッカーに関する一喜一憂、喜びも苦しみも悩みも、いつだってわが子と同じ心理状態。心配して色々言う人、何も言わずに見守る人、叱る人、褒める人、それは人それぞれだけど、願うは皆同じ。わが子のサッカーを通じての健やかな成長を願って止まないのです。その一つ一つの瞬間に立ち会える喜びを噛み締めるため、休みの日はとどんなに朝眠くても遠くても、わが子や仲間達の応援に駆けつけるのです。子供がサッカーをする元気な姿を見守れることが何より嬉しくて楽しいのです。
そりゃ息子が試合に出たら嬉しいし、活躍したらもっと嬉しいのだけれど、例えそうでなくても、Gで息子と同じ情景を脳裏に焼き付け、一緒にチームの勝利を願い、同じ思い出を共有できるだけで十分なんだ。

『観戦できる俺達って、幸せだよね』

こんな話を気軽に出来る相手はそういない。だって、子供が居なかったら絶対わからない話だと思うし、子供がサッカーやってたって、忙しいとか色々な事情でめったに観戦が叶わない人も大勢いる。あまり興味がない人もいるし・・話す相手によってはただの親ばか自慢話になっちゃうもの(笑)

なんだかんだ15年も観戦オヤジやってきたけど、いよいよそれもあとわずかかな。そう思うとマジ寂しいっス。次負けたらオヤジが泣いちゃったりして?
まだ先が長いTさんが羨ましいっス!

神様、願わくばオレももう少し(笑)よろしくお願いします!!

by tama1366 | 2011-07-21 16:50

初戦突破!

いよいよ最後の夏、選手権予選の季節がやってまいりました!

負けたら終わり!の一発勝。高校三年生達はこれで負けたら現役引退なのだ。それがPK戦!なんてのもザラ。一発勝負は怖い・・

今日17日は連休中日。まだ出掛ける人も多そうだから渋滞はケアしていたんですが・・
参りました(汗)なんと東名用賀の料金所をクリアするのに1時間。そこから27キロ(横浜町田の先まで)ずっとずっと大渋滞。開始予定時刻の2時間半前に出たんですが、1時間以上遅刻してしまいやした・・

やっとの思いでGに到着すると、すでにキックオフ予定時間を1時間半も過ぎていました。(笑)もう終わってるかな?車を駐車場に停めている間に異変が・・ピーポーピーポー救急車が来たと思ったら学校の中へ・・まさか?S●Cの選手?・・

悪い予感が的中してしまった。怪我は右サイドバックのD君。スライディングでクリアに行った時、他の選手のスパイクが膝に入って肉がえぐれて骨が見えてるというゴツい怪我らしい・・ふーーー。大事に至らなければよいのだけれど・・
ちなみに夜になって聞いたところでは、D君は救急車の中、『情けない』と涙していたそうだ・・でも選手として致命傷になるようなことでは無かったようでとりあえずホッ。一日も早い回復を祈ります。

さて、そんな救急車を横目にGに目をやると、今日は応援のギャラリーがすごい数。100人くらいいそうだな。父兄はもちろん同級生達も大勢応援に来てくれている。
オヤジの顔を見て顔見知りの父兄の方が話しかけてきて下さった。

『●●●君(ボン助)が前半に1点取って1-0でリードしていますよ!』

マジっスか!?そいつはラッキー!!てか、とりあえずリードしてて良かった!でも1-0じゃまだまだわからんなぁ・・

どうやら試合の方は後半に入ったばかりのところ。本日のお相手は県立氷●沢高校!
相手チーム、とにかく目立つのがGK。素晴らしいロングフィードで、これならこのGKから攻撃を始められる。トップの選手もなかなかのスピードだ。

実はこのチーム、対戦したことは一度も無く情報も少なかったのだが、直前のインハイ予選や関東大会予選の結果などを見ると強豪相手に僅差で負けている。もしかして、結構強いんじゃね?と思ったらその通りだったりして(汗)

相手は中抜きサッカー、キーパーからの鋭いロングフィードにFWが裏へ走るというパターンと、セットプレーからの攻撃でチャンスを演出。チョーヤバい局面が何度かあったけどで我が頼れる守護神K君もスーパーセーブを連発。まるでなでしこ海堀のようだ。
S●Cの攻撃は、この日は相手ゴールに迫ってから中盤での短いパスが比較的良くつながりチャンス演出。しかしフィニッシュがなかなか決まらず1点リードのままジリジリと時間が経過。Gは炎天下、しかも最も暑い時間帯・・

ボン助は何度か左でチャンスの起点となっていたが、ラスト5分のところで様子がおかしい。どうやら足がつった様子。残り2分で交代を告げられベンチへ。
交代で入った選手達も頑張った。体を張ってラスト相手の必死の攻撃を守る。
ほぼ時計どおりに終了の笛。やった!苦しみながらも初戦突破。

試合が終わり改めて会場を見渡すと、同級生たちやサッカー部の先輩、先輩達のご父兄まで多くの皆さんが応援に駆けつけて下さっていた。今日が涙の最後にならなくて、良かった。
一方で、相手チームの選手達は、やはり涙、涙・・彼らの姿は決して他人事ではなくて、思わずオヤジも一緒になってうつむいてしまった・・

怪我をしたD君は次がまだある!早く治してもう一度一緒に戦おう!
次戦は23日土曜日。頑張れ!S●C!!

by tama1366 | 2011-07-19 09:10

小遣いがぶっ飛び!

サッカー部の友達3人、我が家に泊まりにきた。翌日に都内で行われる学校行事、音楽鑑賞会の会場が我が家から近いため、前の晩から我が家でというアイデア。
私はかねてから子育て中は狭い家がベストと考えているのだが、こういう時だけは家が狭いと苦労する。

ボン助がたまに友達の家に泊まりに行くと、どちらのお宅も必ずと言ってよいほど超のつく豪邸だそうだ。自宅にトレーニングルームやプールがある程度はごく普通、来客用にと風呂上りには新品のパンツが用意されているお宅もあるらしい(笑)

そういうお宅からみたら我が家なんて鳥かごくらいのもんだろう。息子が『うちって貧乏だよね・・』と言うのもわからなくはない。まぁ自分が大人になったらデカい家でもなんでも建てろや、この世間知らず!

さて、そうは言いつつも、いつもバカ息子がお邪魔してお世話になっているのだから、うちに来てくれたときくらいは出来るもてなしをしなければ・・食い盛りの若者には焼肉だろうと考えた。我が家のすぐ近くに美味い焼肉屋がある。肉も家族で食べるときは上や特上をオーダーするのだが、値段も良いけど本当にとろけるようなお肉で美味である。

でも今日はメニューを見て、ハタと考えてしまった。『コイツら、質より量だろ・・』

そう直感して肉は並にして正解だった。油断してコイツらに上とか特上の肉食わせた日にはオヤジの一か月分の小遣いがブッ飛んでしまうところだった(^_^;...。

まぁ食うわ食うわ・・オヤジが懐を心配して顔色がさえない?事に気付いたのかママが腹にたまるようにとチヂミをサービスしてくれたのだが、肉だけで18人前、〆て35000円をぺロリ平らげた。(ちなみに各人ライス大盛りでも足らずに追加ライス)
食事をしながら皆の会話を聞いていて感じた。コイツら、本当に良い仲間達なんだ。何より一生の宝物だな。良かったなぁ、サッカー部でコイツらとめぐりあえて。
今日のメシ代くらい、ちょっと銀座で飲んだこと考えたら安いもんだ。

さて、メシのあとは風呂。我が家の風呂は狭いから皆で銭湯行ってこいや。帰りにこれでみんなでジュース飲んでな・・と、また小遣い。

で、寝るところ?コイツら泊めるにはどう考えても俺の寝るところがなくなる。仕方ない。オヤジだけ実家にでも泊めてもらうことにするか・・
というわけで、ホント久しぶりに実家で一晩過ごすことにした。

みんな、狭い家で快適とはいえなかったかもしれんが、楽しく過ごしてくれただろうか。
またいつでも遊びにおいで。但し次回は吉野家あたりで死ぬほど食ってくれ^^

by tama1366 | 2011-07-13 11:34

U-18ラストゲーム!

7月10日(日)U-18第四節 VS相●B。

梅雨が明けて、暑い暑い最後の夏がやってきた。
この日も朝から快晴、ただ今日のキックオフは15:10、やや日差しが傾きはじめた時刻で、おまけにこの日の湘南は少しだけさわやかな風が吹いていた。

S●Cはここまでリーグ戦一勝二敗。この次は新学期に予定されており、6年生にとってたぶん今日が最後のU-18公式戦になる。

お相手の相●高校、Aは県下屈指のサッカー強豪で今期はKSに所属。Bチームでも結構やるんじゃないかと思われるが、出来ることなら今日勝ってリーグ戦二勝二敗の五分で後輩達の新チームに引き継ぎたいところ。

会場に着くと、今日はホームということもあって会場は大勢のギャラリー。久々にデカい横断幕もセットされている。他の父兄の皆さんと一緒に応援することにした。

さて試合開始。立ち上がりの主導権争いはほぼ五分か。ボン助今日は積極的に仕掛けるしシュートも打っている。開始10分で3本のミドル、うち2本は枠を捕えていたがキーパーの好セーブに阻まれてしまう。
相手は徹底してこちらDFラインの裏へのボール。左の選手は技術もスピードもあり危険。S●Cは裏への長いボールを蹴らせないように前線の選手が今日はかなり守備に走り回っていてGOOD。

最大のピンチはたしか前半終了5分前、ロングボールに反応して裏で飛び出した右の選手、オフサイド?と思われたが旗は上がらずスピードに乗って完璧にGKと1対1に・・しかしゴール目の前で打たれたシュートは大きくふかしてバーの上。スピードに乗っていたし、右から中央に流れてのシュートだったので、あそこは確実にGKをかわしてゴールに流し込むようなフィニッシュだったら・・コリは本当に助かった。

その数分後、前半終了間際、こちらの左CKを5年生K君が得意のヘッドで押し込みS●Cが先制!!間もなく1-0で前半終了。

後半も開始から10分はS●Cの流れ。
左ペナ外でタメを作ったボン助、緩急をつけた動きで斜めにゴールに向かうと見せかけ一人かわしたところで縦にスルーパス。これをFWがノートラップでシュート!!決まった!2-0とリード!
ここで近くのS●Cギャラリーの中から『あの10番ホント上手いなぁ・・』とのお声が!!
とんでもはっぷんケ●の穴!!ではございますが、バカ親としては素直に嬉しゅうございます(^^)。お褒めに預かりありがとうございましたm(_ _)m

ところがここからS●Cはやや気持が引いてしまう。相手最終ラインは徹底してボレーで裏へのロングボール。ラインがずるずる下がってピンチ続出。ついに後半15分、相手左へのマークが甘くなったところを一人で持ち込まれ角度のないシュートがゴールネットをゆらす・・2-1と1点差に詰め寄られると、益々元気になった相手と、まずます腰が引けてしまうS●C・・

ボン助は左で中盤からのパスを受けタメを作ってピンチを凌ぎたいところだが、この肝心な頑張りどころでトラップミスやドリブルのミスでラインを割ってしまい相手ボールにしてしまったのは大きな反省点。この時間はなんとしてでもボールをキープしてほしかった。

ラスト10分で二度の相手CKを跳ね返し、2-1のまま試合終了。
6年生はなんとか勝利の目標を達成してU-18最終戦を終えることができた。

試合後、横断幕を前に全選手、6年生が集まり記念撮影。このあとは選手権、全てAWAYでのゲームとなるから・・今日勝って6年生は皆笑顔。本当に良い笑顔だったなぁ。この6年生達、明るくて仲が良い。

オヤジも勝利と皆の笑顔は嬉しかったけど、いよいよ来週から選手権予選が始まる。負けたら引退の一発勝負・・なんだかあまりにも早すぎて実感がわかないぜ。

この勢いのまま勝ち進んでくれることを願わずにはいられない。

by tama1366 | 2011-07-11 12:36

笑おうぜ

前回のスパイクの話の続き。

オヤジがスパイクかついで家に帰ると、珍しくボン助が玄関にお出迎え。
しおらしい顔で『父さん、ごめん。悪かった。自分で(買いに)行こうと思ったんだけど・・』
ははん、さては母親にこっぴどく叱られたな(^^)

『コレめっちゃかっこいいぜ。ホレ、見てみ』とだけ言っておいた。

後で家内に聞いたところによると、オヤジに買いにいかせといて自分は寄り道して返ってくるとは何事!!と相当こっぴどく叱ったらしい。『だから勝てない』とまで・・

で、翌日のU-18公式戦。母親の予言?はピタリ的中してしまった。
この日は珍しく家内や妹、おばあちゃんまでが応援に。お相手はここまで全勝の市立サウス高校@AWAY。

身長こそないが運動量抜群の相手は当に全員サッカー。最初から最後まで全員が激しいチェックをさぼることなく、ボールを奪った途端両サイドが駆け上がるシーンが何度あったことか。個々の技術はさほど正確ではなくとも、運動量(特に中盤)とチームワークは最近やった中ではピカ一だった。

S●Cは前半10分、ボン助の惜しいシュートがあったが枠をとられられず、後はチャンスらしいチャンスも無いまま・・自分達のペースで試合を進め前後半1得点づつを挙げた相手に完敗だった・・一方で、技術ばかりに頼り運動量が極端に少なく孤立する場面の多かったボン助は後半15分で交代を告げられる始末・・

もっともこの日のS●Cは期末試験明けで全体に体が重かったし、メンバーも主力数名が病欠という中での試合だった。おまけにこの暑さ。ただ、厳しい状況の中だからこそ気持の入ったプレー、チームワークを見せてほしかったのだが、試合内容は点差以上に開きがあった気がする。
全てにおいて相手の方が上であった。


選手権予選が近い中で、この結果。
一方では中学時代同じ土俵で戦っていた選手達が世界の舞台で活躍している。

たまたま試合後のミーティングを遠目に眺めることができた。コーチがボン助に最後の最後まで何か話しかけてくれていた。そういえば、JY時代もNコーチもそうだった。いつも気にかけ言ってくれる人が居る。恵まれているのだ。
それが当たり前だと思ってはいけないし、だから何かが足りないのかもしれない。

家内は前日、こうも言ったそうだ。『貴方は大学でもやれると思っているけど、これが最後になる仲間達の気持、考えたことがあるの?』

確かにその通りだと思いつつ、俺には言えないなぁ。本人なりにもがき苦しんでいる。これからの人生、たぶんそんな事ばかりなのだ。そして必ずいつか乗り越えて行けると信じている。

by tama1366 | 2011-07-04 11:00

MORELIA

中学に上がる少し前から、スパイクはずっとミズノモレリア。
カンガルー皮でメチャ軽く、使っているうちにどんどん足に馴染んでくる最高のスパイク。サイズは26。これまでいったい何足買ったことか。

今日も仕事してると家内から電話が。
買って来れるかしら・・という。てか、ついこの前買ったばかりなんだけど。ほどなく当のボン助からも電話が。

『父さん、悪い!お願い!』

そういわれると弱い。限りなくスイートなオヤジである。

仕方なく?最近会社の近くに出来たサッカーショップへ。この店、モレリアがちょい安く売っている。ベースカラーは黒だが、夏は暑いから白がイイと贅沢をぬかす。店先で限定モデルとやらの薄いグレーというか銀色?(ほとんど白)ベースに緑と黄ラインのブラジルカラー、チョーカッコいいモレリアが目についた。
値段は普通のより2000円ほど高い。

うーーーーーーん。ポイントもあるし、まぁいいか!
ん?これ、普通のと違ってべろが無いぞ。値段はさておきべろが無いのはマズいかな??
電話で聞いてみることにした。

オヤジ:『べろが無くて普通のより2000円高い。べろ無くちゃまずいだろ?マズいよな?普通の黒でイイよな!(最後はほとんど恫喝口調)』

ボン助:『黒暑いんだよ・・べろ無くても大丈夫だし(^^)v!それに2000円なら大して変わりなくね?』

むむむ・・人の懐だと思って!ちっとは考えろやゴルァ!!

で、結局16000円なり。オヤジは1000円のプラシャツ1枚買うのにさんざ悩んでいるというのに・・
ん?ポイントカードを見ると前回スパイク買ったのは6月2日!まだ一ヶ月も経ってないじゃないか( ゚Д゚)!

土のGばかりだから痛みが早いのは仕方ないとしても、あっと言う間につま先がパカっと、まるでヘビが口を開けたみたいになってしまう。ちゃんと使う都度専用のグリスで汚れを落とし、皮をわらかく保つよう手入れすれば寿命は延びるはずなのだが・・手入れも悪いんだろう。恵まれすぎて足りないのか、親の躾が悪かったのか・・(苦笑)

c0075224_17385851.jpg

それにしてもカッコいいなぁ、このスパイク(^^)。下手くそにゃもったいないワ。

てか、カネ払えバカタレ!!

by tama1366 | 2011-07-02 17:39