人気ブログランキング |

<   2010年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

タダ負けんなよ。

11月20日(土)。湘●高校で行われた新人戦シード決定トーナメント。
お相手は県下屈指の古豪、鎌●高校でしたが、結果から申し上げると、0-1で敗戦・・

相手はU-18では二階級上の最強リーグ、KSのチームだからね。
点数だけ聞いたら、チョー格上の強豪相手に良く頑張った!とも言えるかもしれないし、試合を見たオヤジに言わせてもらえるなら、0-0でPKもありだったんじゃね?なーんちゃって。

相手は確かに強かった、というか先ずは戦術がしっかりしていたし、一人一人の選手がきっちりサボらずに役目を果たしていて、S●Cは守備の時間が多くやりたいことをほとんどさせてもらえなかった。でも、相手は確かに良いチームだと思ったけれど、攻撃に迫力というか、防ぎきれないほどの凄さは感じられなかったから、失点はしたシーンは非常にもったいないと思った。
試合開始直後の前半二分、GKからのゴールキックを一本の中継パスでセンターFWに繋がれズドン!まだ相手の特徴やタイミングに慣れていないスキにあれれ?という間にやられちゃった感じだし、ぶ厚い攻撃にやられたわけじゃなかっただけに悔いが残る。DFがまだ温まっていないときでちょっとマークがタンパクだった。立ち上がりの守備に課題。

でも、そこからは立て直して気迫の守り。何度もやられそうになりながら凌いだのは収穫。
中盤中央でキープしながらリズムを作ってサイドに展開する形でチャンスらしいチャンスも一応作ってた。
相手はボールキープの出来るサイドの選手がこちらのマークをひきつけたところで見せる大きなサイドチェンジが極めて有効で、何度もこちらの守備はあわてさせられた。
これだけボールを持たせてくれない・・というかポゼッションで大きく水をあけられた相手は、新チーム結成以来初めてじゃないかな。やっぱKSはつええわ。

試合後、お相手の監督(代表経験のある方らしいです)が、我がS●Cのコーチと交わした会話の中で、『10番なかなか良いね』みたいなことを言って下さったとかで、コーチがボンにその話をして下さったらしい。むむ・・そりゃ本人悪い気はしないはずです。コーチも上手いなぁ(笑)
ちなみにコーチは現役大学生。とても気持ちの良い若者(息子がお世話になっている指導者の方にこんな言い方は失礼ですが)らしく、わが子も珍しく尊敬できる方のようだ。
オヤジからもても、お若いのに選手たちの心を掴むというか、気持ちよくサッカーさせるのがとても上手いなぁ・・と思う。少なくともボンが今、楽しくやれているのは、このコーチのおかげによるところがとても大きい。

さて、11月23日のTMは雨で流れ、間もなく試験前に突入する関係でしばらくの間観戦はお休みの予定。ボンも青い顔して机にむかっとるようじゃが、はたしてどうなることやら・・

by tama1366 | 2010-11-23 23:55

嬉しい勝利

11月13日(土)。この日からS●Cは文化祭。
サッカー部の選手達、文化祭を抜け出して臨んだ新人戦シード決定戦、VS栄●学園は延長戦の末1-0で勝利。

この試合、なんとしても勝ちたい大切な試合だった。だから勝利はもちろん嬉しいのだけれど・・実はこの日はもっと嬉しい二つの余談があり、今日は試合経過を省いてこの二つのエピソードを紹介します。

1つ目。
この日のS●Cは怪我で主力選手二名を欠く厳しい布陣。しかも当日、別の1名の選手が大切なものを忘れて出場出来ない事態になってしまいました・・
試合前、ピッチに出る前のベンチで、皆で円陣を組みます。
『××(忘れ物をした選手)のミスを皆で取り返すぞ!』
『おーーーー!!』

なぜか円陣の中心で大きな声を張り上げたのは、キャプテンではなく、我が家のボン助君でした。仲間のミスを全員でカバーする意識、これはチームとして大切なことで、これを全員で声に出して試合に臨んだことは素晴らしい。率先して声を張り上げた我が子の姿に、少なからず成長を感じた。

二つ目。
翌日文化祭に行ってみると、たまに応援でご一緒する機会のあるサッカー部の仲間のお母様にばったり。そちらの息子さんは中学時時代は中心選手だったが、高校に入ってやっかいなところを傷めてしまい現在まで長く戦線離脱中・・そのお母さん、私に会うなり次のような話をして下さいました。
先の栄光戦勝利のあと、文化祭開催中の学校に戻ったS●Cサッカー部員達。
ボン助は真っ先に、その怪我で試合に出られなかった仲間のところに行って言ったそうです。
『お前のために勝ってきたぞ!』

その仲間はボン助のそんな気遣いが嬉しかったと、家に帰ってお母さんに話したそうです。
そういう気の利いたことは出来ない奴だと思っていたのですが、一つ目の話もこれも、もちろんイイ仲間や指導者の皆さんのおかげなのだけれど、もしかすると現在の彼のおかれた立場が、彼自身を成長させてくれているのかもしれないと思います。
皆さんに感謝。

ボン助もチームも、これからが益々楽しみになってきました。

by tama1366 | 2010-11-16 22:26

TM VS秦●総●高校!!


早いもので今年も残り二ヶ月か・・

11月3日に行われたU-18の最終戦、VS山手●院戦は、期せずしてオヤジの望み通りの展開、後半早々にCKのこぼれを押し込まれて0-1となり、これをまくって勝てるくらいの力強さが備われば・・と、残り30分の頑張りを期待をこめて見守りましたが、残念ながら猛攻も実らず・・セーフティに試合を運んだ相手が一枚上でした。0-1と久々の敗戦。
ちなみに昨年からこの相手には3連敗となってしまった。次は絶対に意地を見せなければならない。


そして今日11月7日(日)、これまた厳しい相手とのトレーニングマッチ。お相手は秦●総●高校。

キレイに相手DFラインを崩して1-0とリードして迎えた後半、試合は観ているオヤジにとっては本当に面白い展開になりました。
先ず10分に相手がCKをヘッドできれいに決めて同点にされてしまう。しかしその3分後にはカウンターから長い距離を走った10番ボン助がGKとの1対1を冷静に決め2-1と再び1点リード・・
ところが相手はそのまた3分後にゴール前マークを次々をはずすようにパスを回して左隅にズドン!!これで再びゲームは振出に・・そしてまたその5分後、S●Cは再び相手の高いラインの裏を突き、相手GKが出るのを一瞬躊躇したところを見逃さずにズドン!これで3-2と再びリード!!ところがまたまたその3分後には相手CKを決められてしまい3-3の同点・・ふーーー。目も回るようなシーソーゲームもこのまま同点でゲームセット。

さて、今日は終始先にリードしながら追いつかれて勝ちきれなかったS●C。
やはりまだ精神面での強さや勝ちにつながる冷静な試合運びまでは身についていないようだ。これから新人戦中央大会での厳しい闘いを前に、ここで課題を見つけられたことは良かっと思う。強い相手に勝ちきるって大変・・それがよく分かっただろう・・

相手に削られたぐらいでキレてる場合じゃない。勝ちたかったら真剣に、そして冷静に考えることだ。勝利のために何が足りなかったのか・・

3日も今日も勝てない試合じゃなかったと思う。だからこそ学ぶことの多いゲームだった。
選手達の成長に期待!!

by tama1366 | 2010-11-08 00:04