人気ブログランキング |

<   2010年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

U-18!!

10月31日(日)。
神奈川県U-18サッカーリーグも残り二試合となりました。今日のGは県立大●高校G。ちなみにこちらのGのすぐ隣はかの有名な平塚競技場。おまけにこの日は選手権神奈川県予選の準々決勝二試合がこの平塚競技場で行われる予定・・

話をS●Cの試合に戻しましょう。
今日のお相手はK2Dグループでおそらく最強と目される平●江●高校。ここまで5戦全勝で勝点15、グループ1位通過、来期のK1昇格をほぼ確実にしている相手に対し、我がS●Cは二勝一敗二分の勝点8。戦績だけ見れば100%相手に分がありますな。
でもこのところTMでは負けなしで波に乗るS●C、強豪相手にここまで3ヶ月チームとして積み上げてきた成果を試したいところ。
昨夜までの台風でピッチはぐちゃぐちゃか・・と思いきや、風で表面だけはほぼ乾かしてくれたようです。思ったほどピッチは重くない感じ。これならパスもつなげるはず。

キックオフは予定の9時30分を少し回りました。相手ボールで始まった立ち上がり、いきなり右を崩され簡単に中央に折り返されたボールをFWがシュート!幸いシュートは枠をそれてこちらのGK。このGKからのリスタートをきっちり相手DFが跳ね返してシンプルにつながれ、再度右を崩され中央に低くて速い折り返し。これを待ち構えたFWが再びダイレでシュート!!これも、GK正面で助かりました。
相手は非常にシンプルな攻撃で開始早々二本のシュート。ちなみに結果論ですが、ここの特に二本目のシュート、ゴール正面フリーで打ったシュートはトラップして狙う余裕もあったと思うのですが、ダイレで打ってGKに止められ相手は得点なりませんでした。もしもここをしっかり決められていたら、試合は3-0か4-0くらいで相手のものになっていたかもしれません。

コノ後も前半の20分くらいまで相手は怒涛の攻撃ラッシュ。さすがに体は強いわヘディングで競っても絶対負けないわ、S●Cは攻めまくられて防戦一方・・
でも、オヤジはこれまでこんな試合をたくさん見てきた。8割攻めていてもどうしても点が入らず、逆に相手にワンチャンス決められて負ける・・なんてことはサッカーでは日常茶飯事。この前半をきっちりしのげば後半必ずチャンスはあるだろうと思っていました。
S●Cは前半10分か15分を過ぎてようやく落ち着きを取り戻します。中盤でボールをキープ、少しはボールをつなげるようになってきたけど、相手の屈強なDFはこちらにシュートまでは打たせてくれない・・奪われては振り回されることしばしばだったけど、こちらも相手の速いペースに段々慣れてきた。20分を過ぎたころからラインの上げ下げがメリハリをつけて準備よく出来るようになった。相手は確かに強いしダイレのボール回しには確かに振り回されているけど、完璧にはやられてはいない雰囲気・・タマ際もだんだん慣れて好きなようにはやられなくなってきた。
結局前半、相手は7割攻め、こちらが流れから打ったシュートはたったの1本だけど0-0でハーフタイム。今日は40分ハーフだな・・

さて迎えた後半。エンドが変わり、風向きが前半はあちらに、後半はこちらに味方してくれていることに気付いた。今日もこちらのキーパーD君は終始安定したセーブを見せている。こりゃひょっとして・・

後半は立ち上がりから落ち着いている。攻守もほぼ五分五分・・互いに決定機を迎えられないまま20分、右を崩して相手のクリアがラインを割りCKを獲得。このコーナーが絶妙の位置、GKを超えてファーのポスト際へ。一旦は相手DFがヘッドでしのいだけど高々上がったボールはゴール前、つめていた我がS●Cの選手の頭の真上に・・これを冷静に頭で合わせてでボールはサイドネットをゆらした!!やった!なんとS●Cの先制ゴール!!

さーてここから。たぶん負けなんて考えてもなかった?お相手の怒涛の反撃をしのげるかどうか・・
でもここからも我がS●Cの皆は落ち着いていた。ラインを下げすぎずに全体をコンパクトにして相手にパスを回すスペースを与えない。相手も疲れてきたのかミスが目立ち始める。そのミスをつくようにカウンターから相手ゴールに攻め込むS●C。
ラスト5分、相手はベンチからパワープレイの指示。パスをつなぐより裏へ長いボールを放り込む攻撃。オヤジはこの相手ベンチの指示を聞いて、正直『勝った!!』と思ってしまった・・

ここから再びGKの冷静なDFが光る。スペースを上手く埋めるように前に出て、裏へのロングボールを大きくクリア・・

そしてこのままゲームは終了の笛・・1-0で強豪に勝利した瞬間、ピッチのS●Cの選手は皆でハイタッチ!!この勝利は皆本当に嬉しそうだ・・

今日は最初から最後まで手に汗握る、観ていても本当の面白いナイスゲームだった。
しのいでしのいで1点取って勝ったS●Cと、攻めて攻めて1点取られて負けた相手、
思えば、ボンがJYのときは今日の相手みたいな感じで負けちゃった試合を見たし、たしか引退した6年生主体のチームでもそんなことが何度かあった。
こういうゲームで一体何が勝敗を分けるのか・・?さんざ色々なゲームを観てきたけど、正直いまだにそれはよくわからない。

ただ、今日の試合で勝ったヤツらを観ていて一つ気付いたことがある。
皆、今はサッカーが楽しそうだ。うちのボンも試合終盤、ふと近くにきたときその表情を見ると、一番苦しい時間帯のはずなのに、楽しそうに微笑んでいた。
得点はセットプレーからのものだし、今日は流れから相手を崩したシーンは1度だけ。逆に相手にはなんどとなくチャンスを創られていたし、ボール支配も7:3か6:4で相手だと思う。

だから初めにも書いたとおり、先制されていたら大差で負けていたかもしれないし、まだS●FCは強いわけではないと思う。間違っても勘違いしてはいけない(笑)が、目指す方向が間違っていないということは、自信を持っていいのではないか。もっともっとプレーの制度を高め、先制されても逆転して勝つくらいのハートの強さが備われば面白い。

いやーサッカーってホントに面白いですね!
ではまた来週まで、ごきげんよう!!

by tama1366 | 2010-10-31 16:44

予選突破!!

10月23日(土)。本来10日の予定だったものが雨で流れた試合、新人戦湘南地区予選第三節、VS藤●翔●高校が行われました。グラウンドは県下屈指の名門、県立湘●高校G。

ここに来るのは確か三度目?だと思うけど、改めて広さは申し分ないグランド。

今日は久々小田急線を利用・・藤沢本町駅を降りて学ラン姿のそれらしき学生さんに学校までの道を尋ねてみると、なんとまぁ親切に、しかも非常にわかりやすく簡潔に教えて下さいました。どうもありがとう。

さて、今日のキックオフは12:30、朝ちょっと余裕があったので、藤沢に向かう前に新宿に出て、ボンが欲しいと言っていたふくらはぎ用サポーターを買って持って行きました。怪我が悪くなりませんように・・親心ですなぁ(笑)

さて今日の試合、すでに二勝したS●Cは勝つか引き分けるかで予選一位通過、中央大会出場が決まる大事な試合です。出来れば早い時間に先制してマイペースで試合を運びたいところ。いよいよキックオフです。

開始3分、いつものように中央ボックスの底でゲームを創る10番ボン助、左にドリブルで仕掛けてDF二名を引きずりコナーに突進!と見せかけて突進しながらヒールで後ろのSBに優しいパス。これを受けた左SBがどフリーで上げたセンタリングにFWが反応!!あれ?ワンバウンドしたボールがいきなりゴール左すみに吸い込まれた!!
どうやらワンバウンドで相手DFに当ったボールが打ち所悪くゴールに入ってしまったようですな・・
オウンだろうがナンだろうがゴールはゴール。試合開始間もなくの得点は、選手を精神的に楽にし、勢い付かせるには十分でした。ここから前半終了までS●Cは怒涛のボール支配、75%は超えてたと思う・・先制ゴールから5分後には再び左からのクロスをゴール前、8番がクルりと反転してゴールにズドン!ナイス二点目。

こりゃ今日は相当取れるかな・・と思いきや、世の中そんなに甘くないんだなぁ。ここからは打っても打っても入らない(笑)ボンも後方からたしか3発くらいはミドル弾を放つが二発は枠の外、一発はキーパー正面で残念賞。
ついでにやや自陣に入ったところで余裕のよっちゃんでボールを回してしたときのこと、後ろから弾丸のごとく突っ込んできた相手MFにボールを奪われそのままドカンとシュートを打たれたシーンはヤバかった(汗)幸いキーパー正面で助かったけど、センターバックがもう少し声を出さないと。前半はマジで圧倒的にボールを支配しながらも2得点で終了。
さて後半開始。前半とはうって変わって相手ペース。だからサッカーは面白い。
相手は足元へのパスではかなわないと考えたのか、スペースを使う戦術に切り替えてきました。ボールを持つ、あるいは跳ね返されたボールを徹底的に左右開いたスペースに大きく蹴りだす、またはヘッドで大きくスペースに跳ね返してから展開、足の速いMFがこれを追うという戦法ですね。S●Cは決定的にやられないまでも、前半のようにボールを楽々支配することは難しくなりました。
なんとか1点返したい相手が焦って前掛かりになった後半20分くらいだったかな・・
相手は思いっきりラインを上げて裏にぽっかり大きなスペース。ボンはセンターサークル付近でパスをカットしそのまま無人のスペースにドリブルで全力疾走。ゴール左のライン際まで入り込んで仲間とパス交換。キーパーが出てきたところを無人のゴールに優しくパスするように流し込んで3点目をゲット!!

後半は二回危ないシーン。見事枠をとらえた25メートルはあろうかと思われるダイレクトボレー(GKがなんとかはじき出してセーフ)と、左を崩してどんぴしゃのセンタリングからゴール正面のFWが打ったシュート(枠の上でセーフ)かな・・

試合は3-0で勝利、これで新人戦は予選全勝で中央大会進出を決めました。三戦を無失点で抑えた我がGKの安定したセーブが光るなぁ。

さて、いよいよ新人戦のスタートラインに立ったS●C。去年はシードで予選を戦わずして中央大会に出場、1回戦で無念の敗退となった記憶が・・今年はなんとしてもリベンジしてほしいところ。期待して応援することにしましょう。

by tama1366 | 2010-10-24 20:27

VS 茅●崎高校@ホーム

10月17日(日)。

このところ週末は決まって東名高速(笑)
我が家の近くに首都高速中央環状線(地下トンネル)の入り口が出来てから、厚木インターまで飛ばさなくても30分ちょいで行けるようになりました。S●Cまではインターから15分。近くなったものですが、やっぱエコじゃないよなぁ・・

さて、我が家のボンは現在満身創痍。両足首にふくらはぎを痛め、本来は少し休んできっちり治してほしいところだけれど・・どうやらそうもいかないらしい。
アテにされているから休めない!と本人は思っているんだろう。確かにアテにされるということはありがたいこと。そして反面、そういう厳しさもある。

さて、立ち上がり。
相手は7番がなかなかやるわい。相変わらずスロースターターなS●Cイレブン、両サイドをやられるやられる。開始10分で5発くらい打たれたかのう・・うち7番が狙いすまして打ったループの一発はやられたと思ったらポストに跳ね返ってセーフ。ここでやられなかったのはツキがある。

今日は35分ハーフだったようじゃが、残り10分でようやくS●Cもエンジンがかかってきた。
中央ボン助、クサビのボールをダイレで左に展開。いつもより早いタイミング?にあわてた相手右バックがやっとのさスライディングでライン外にクリア。これでS●CはCKを獲得。このCKを中盤ヘッドギアでおなじみのK君が外から飛び込みナイス先制ゴール!1-0でハーフタイム。

後半は開始直後とは見違えるように攻め込むS●C。
ボンは左からの展開でゴール右に若干のスペースが出来たところをスルスルと上がりボールを受け決定的なシュート!!かと思ったら相手DFに体を張られゴールを阻まれてしまった・・
20分には再び中央相手のクリアボールに中央ペナ外で反応したボンが決定的かと思われるシュートを枠へ放つも、これも相手DFが体を張りクリア・・っていうか体で跳ね返した相手は見るからに痛そうだった・・
今日は決定機を二度外してしまったが、前半やられなかったおかげでショックは小さかっただろう。

試合は結局1-0のまま終了。ここんとこなんだかんだ、負けない。大勝はしないけど、やられそうでやられない。少し不安定だったDFラインもこのところラインコントロールが安定してきた。今日もラインを下げないようにベンチから死ぬほど怒られてたけど、だいぶ出来るようになってきた。みっちゃんお疲れ様。

続くB戦、1年生サイドバックS君の初ゴールもあり3-0で快勝。

今日はやけに外が騒がしいと思ったら、大学の学園祭なんだな・・ついでに空もヤケに戦闘機の爆音が騒がしい。厚木飛行場??

毎週平和に息子のサッカーが観られる自分は幸せだ。また1週間、優しく過ごしてゆこうと思った。

by tama1366 | 2010-10-18 00:03

青春だなぁ

10月10日(日)の新人戦湘南地区予選リーグ第三節は、前日から降り続く雨のため延期に・・

そして翌11日体育の日は、昨日までの雨がうそのように晴れ渡りました。日差しが痛いくらいです。この日はトレーニングマッチ、VS保●ヶ谷高校@ホーム。

立ち上がり、相手は足元の技術はイマイチながら良く走る。FWの選手もよくプレスをかけるし、コンパクトな布陣でこちらになかなか自由にボールを回させてくれない。
この運動量で後半までいけたらたいしたものだと思いつつ迎えた前半10分、サイドからペナルティエリアに侵入されたところで全然怖くないのに相手を倒してしまいPKを献上。
これをきっちり決められていきなりのビハインド。

前半は相手も良く攻めていたけど、パスやフィニッシュの精度がイマイチだった。それで何度となく助かったあとの20分、ペナルティエリア外からキーパーの蹴った一本のFKからスルスルとゴール前に上がったFWのN君がワンバウンドしたボールをちょんと蹴り上げ、これがキーパーの頭の上を越えてゴールに吸い込まれる技ありシュート!!
これで1-1の同点になって勝負は後半へ。

後半開始直後、相手も積極的に前に出てきたおかげ?で中盤にスペースが出来、そこを埋めるボン助君、ようやくパスがつながりだした。10分に逆転に成功すると17分、中央ボンがゴールに背をむけて中央でパスを受けるとすぐさま振り向きDFの間を裏へスルーパス!!これに反応した右の選手がノートラップでドカンと打ってナイスゴール!ボン助、この日一番のプレーでした。
自分の子を褒めるたぁバカ親でナンですが、受けてから振り向いて出すまでが速かったし、コース、パスの強さもコリはGOOD!ナイスプレーオブザマッチをあげよう(笑)
試合はこのまま3-1で終了。残るB戦は3本で1-1、1-0、0-1だったと思います。

ところでこの日はグランド脇でほほえましい光景。制服着た可愛いらしい女子高生が柱のかげから観戦してるの見かけちゃった。この一途な思い、青春だなぁ。うらやましいなぁ。オヤジはコレ見て思わずポッ!と頬が赤くなって・・
んなわけありやせんね。第一、どす黒いオヤジのツラは仮にチョイとくらい赤くなってもわかんなかったりして(笑)

制服が違うし、試合後に相手校選手と話してたとこみると、今日のお相手の保●ヶ谷高校の生徒さんなんだろうね。
ついコノ前、娘と『君に届け』って映画観たんですが、一途で純粋な高校生の話しでヤケに泣けたことを思い出しました。

サッカー観戦て、やっぱ楽しいっス!

by tama1366 | 2010-10-11 23:42

PK

10月3日(日)。新人戦湘南地区予選第二節。お相手は県立寒●高校、Gは相手ホーム。
今日は朝からさわやかな快晴。サッカーやるにはとってもイイ季節になった。

実は我がS●C,先週もこの会場でリーグ戦第一節を闘いましたが、その日オヤジは部下の結婚式。
出来ればバックれてサッカー観にいきたかったとこだけど、そうもいかないわな。
ちょうど試合開始時刻のころオヤジも緊張しながらスピーチやらされてて観戦できず・・
んなことはどうでもいいんですが、家に帰るとボンもまもなく帰ってきて、あんまり暗い顔してるからてっきり負けたかと思ったら、一応2-0で勝つには勝ったけど、あまりにも情けない試合運びだったらしく、コーチに死ぬほど怒られんだとか・・

で、今日の二戦目。初めて行った寒●高校のGはパッと見た瞬間ちょっと狭いかなぁ。なんかイヤーな予感。

この予選リーグ、相手はすでに二勝しているらしく、相手は今日勝てば予選一位通過が決まるようです。てことは、S●Cは負ければリーグ戦敗退が決まるってことかね。絶対に負けられない戦いがここにある・・なーんちゃって。

さて立ち上がり。こっちもバックラインが妙に引き気味だけど、相手はガチで引きまくり。どうやら中盤でボールを奪ってからのすばやいカウンターで得点を狙うという戦術らしい。
なにしろ絶対に点はやらないよ!って雰囲気か。
そうでなくても狭いGでガチっと引かれたらなかなかいつもとおりパスは回せないわな・・
前のほうにはスペースらしいスペースが見当たらない。
ボン助はボランチの位置で出しどころがなくて困りはててDFラインとの間でパス交換ばかり。たまに前に出すと相手にはじき返されるばかりで・・

本日、相手はカウンターからFWがキーパーと1対1になる決定的なシーンが二度。一度は枠を外し、一度はキーパー正面。
対するS●Cは一度も決定的なシュートシーンが無かった。相手の守備はなかなかしっかりしていたし、体が強いのがそろっているようだった。

しかし0-0で迎えた後半、残り15分を切ったころからボンも積極的に前に出るようになり、相手も疲れたきたのかミスが目立ちはじめ、次第にゴールに近づくS●C。終了3分前でした。こちらのCKの場面、ペナルティエリア内でFWが倒されPKをゲット!!

『●●●蹴れ!!』とベンチからコーチがボンをご指名。
コリばっかりは何度見ても直視できないわが子のPKシーン・・しかも終了間際、これでほぼ試合が決まる決定的な場面だ・・

子供のころ、PKではさんざチームに迷惑かけてきた。PKは仕方ないやと怒ったりしたことはないけど、さすがにチームメイトや他の父兄の皆さんには申し訳なく思ったものだ・・
今日も公式戦だけに結構なギャラリー。てか、別にオレが蹴るわけじゃないし、外したって誰が悪いってわけでもないのにね。なんでこんなにドキドキするんだろう・・

運命のPK、右足で地面すれすれに右ポストを狙ったボールは、ガチャ!っと音を立ててポストに当たって跳ね返ったように見えた。あーー・・・と思った瞬間、ボールは外に跳ね返ったのではなく、ポストで直角に方向を変えてゴールの中に吸い込まれたのがみえた・・

ちなみに後になって本人のコメント『上手すぎて?ギリギリ狙っちゃうもんで・・でもさすがにポストに当たってヤベ!と思った。今年一番緊張しやした』だと(笑)

最後の三分間はなんとしても負けたくない相手の猛攻に次ぐ猛攻。三度のCKを耐え忍んで、ようやく終了の笛。どうにかこうにか1-0の勝利。
試合が終わったあと、下級生のお母さんが『良かったですね!』と下さったアメがいつになく甘く感じた。

この勝利でリーグ戦突破が少し見えてきた。次節引き分けでも大丈夫だと思うけど、絶対勝って文句無くリーグ戦一位通過を決めてほしい。

それにしてもPK、危なっかしいけど、どうにか決められるようになったんだなぁ・・

by tama1366 | 2010-10-03 19:12