人気ブログランキング |

<   2009年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

VS ●模原高校!

4月29日(祝)。

オヤジが酔っ払って午前二時に帰宅した時、家内は汚れものを洗濯し終えて床に就くところでした。
激しい練習から帰宅し、空腹を満たして直ぐに床に就いたボン助ですが、間もなく寝床で全部あげてしまったそうです。きっと疲れがたまっていたのでしょう。
にもかかわらず、この日はまた5時に起きてTM。今日の荷物はデカいクーラーボックス(笑)
それにしても母親は毎日×2、寝る暇がなくて大変…オヤジはお付き合いとは言え、酔っ払ってご前様で申し訳ない..(>_<)

この日は下の娘の発表会、3時までに芝公園近くのホールに行かねばなりませんが、それまでならイイぢゃろ…というわけで眠い目をこすりながら又行って参りました。今日もお天気は快晴\(^o^)/!

本日も神奈川は横浜線相模原駅、地元では通称県相(けんそう)と呼ばれる歴史ある名門県立高校。
約1時間電車にゆられ、駅からタクシーで2メーターほど。校舎の脇を抜けた奥のG、黄色とBRB(ブルーレッドブルー)のユニフォームが躍動していました。あれ?ピッチで最初に見えたのがなんとボン助背番号20番!!

何本目?かは判りませんが、本日のメンバーはピックアップだそうで、ベンチの待機メンバーもまばら。
高1は3名呼ばれている模様。ボン助は今日も左サイドハーフ。
それにしても毎度来る度に丁度よく我が子のプレーが観られて、サッカーの神様に感謝!m(_ _)m。

オヤジが到着したのはこのメンバーで前半開始15分くらいだったようですが、見ていて前回と大きく違ったのは、この日の20番はシュートに積極的!隙をみてのシュート、ミドルと積極的に打ちます。がっ!残念ながら枠を捉えることはできない…
20番は時折最終ラインまで下がってボールを受け、逆サイドに大きく展開、これをフリーの右サイドがキッチリ折り返して中央FWがシュートまでというシーンも見られました。これはナイス展開!

我がS●Cの目指すサッカーは、基本的にラインをコンパクトに保ち、細かく正確なパスをワンタッチ、ツータッチで繋いで相手を崩し、サイドからのクロスをゴール前に走りこんだ選手が決めるという、今までJYのクラブで見てきたサッカーと似ています。
同様にこの日唯一やられたシーンもちょっと似ていて、中盤がボールを持ちDFラインが少し上がった途端、不用意なパスミスで相手に渡ったボールを素早くDFラインの裏のスペースに出され、ココに走りこんだ俊足FWにGKと1対1にされて決められるという、やはり何度か見てきた形での失点でした。

25分、ペナ内でボールを持ち前を向いたボン助、勝負して打つか?と思ったら左後方から走りこんできたMFの足元目がけてノールックで真横へ!これを受けたMF、ドリブルで切れ込んで角度のないところからシュート!!キーパーの手をはじいて決まった!!一応?ナイスアシストだけど、決めた先輩MFのGOOD JOB!!

オヤジが観た二本の結果は2-1で勝利でしたが、チームが目指すサッカーの質は点差以上のものがあったと思う。
この日もよく声は出ていた。TRPでさんざ言ってもらったおかげか(笑)

間もなく始まるインターハイ予選を控え、ボン助は翌日から自主的に朝練に出掛けてゆきました。まだまだだけど、1年…いや、半年後?が楽しみになってきた(^-^)v!

そこからバスと電車に二時間以上ゆられてホール(バレエ観賞)に着いたオヤジは、娘の出番以外爆睡していた事は言うまでももありません!

みんな身体に気を付けて!

by tama1366 | 2009-04-30 13:29

VS ●里ガ浜高校!

4月26日(日)。

昨日の大雨とはうって変わって、今日は朝から雲一つない快晴。
観戦オヤジの血が騒ぐ?最高の陽気です(^-^)v!

今日もボン助は5時起きで出かけて行きました。集合場所だけは家内が聞いてくれて、湘南の七里ガ浜駅だって事が判ったんですが、Gの場所は不明。まぁ行ってみるか。たぶん地元の高校ぢゃろう。
で、5時起きで七里ガ浜??ンな波乗りぢゃあるまいし(^^;....それにしても遠いわい…

とりあえずロマンスカーか湘南新宿ラインか…と、時間を調べると発車まであと15分しかない!ダッシュでチャリを飛ばして駅へ。朝メシは家内が包んで持たせてくれました。
ギリギリ間に合って乗り込んだロマンスカーは、結構ガラガラ。
隣に座っていらっしゃる家族連れは、我が家と同じくらいの年齢層のようですが、『湘南・鎌倉』なんて観光ガイドを読みながら皆さんでお菓子を食べていらっしゃるところを見ると、そうだ、今日はピクニック日和ですね!
そういえば我が家はピクニックの代りが毎度サッカーだった…(苦笑)

藤沢までは新聞読みながら、家内の持たせてくれた朝食とコーヒーをいただいいたら、あっと言う間!懐かしい江ノ電に乗り換えて七里ガ浜へ。
駅を降りた途端、そこは懐かしい潮の香りが( ´Д`)ノ…
駅員さんに高校を尋ねると、『そこを出て右に少し登ったところ、ほら、あれがグラウンドです!(^-^)と親切に教えて下さいました。

学校まで徒歩1分。なだらかな坂を登りながらふと振り向くと、ワオ( ・∀・)!湘南の海が一望!!
しかも少し視線をずらしたら、今度はでっかい富士山が!!コリは来た甲斐があったワイ!

人っ子一人居ない学校の脇を抜けると、一番奥の高台に広いサッカーGがありました。一応暴風林があるけど、ちょっと冷たい浜風がすごいや。

いつもの紺黄のユニフォーム…?あれ?ちょっと違うぞ。似てるけど今日はお相手が黄色のユニフォームなんだな。我がSFCはアウェー用の上下白のユニフォームです。
観戦場所を探していると、目の前にアップ中のボン助発見。
どうやら出番はこれからのようですね。到着して15分ほどでそのゲームが終了。ボン助がジャージを脱いでスタンバイ。しっかし我ながらオヤジの勘もスゲーわい。場所も時間もわかんないのに、難なく探し当てて到着した途端に出番ですから(笑)

これはたぶんBの試合?に左ハーフで登場。背番号4番。
前半ははっきり言ってクソでした。CKをファーのゴール前で待ち構えたボン助がタイミング良くジャンプ一番、頭で合わせたシュートは、残念ながら高さもコースもわずかにそれてゴールならず…コリは決めてほしい一発だったが、外したとき遠目からもわかる『ありゃ?』のパフォーマンスは余計ぢゃ!
全体に動きが鈍く、キレイな形で攻撃の組み立てが見られなかったけど、相手も同じで危ないシーンはほとんどなく0-0で折り返し。この前半で唯一目だっていたのは、我が23番SBの選手のみ。
ハーフタイム、何方かわかりませんがGに到着された父兄の方に、試合の行方を尋ねられました。SFCの父兄の方かな?お相手の父兄か?丁度息子さんが出番だとイイですね!!

続く後半はボランチのボン助。ボールをさばく機会が格段に増え、いくつかのチャンスの起点にはなりましたが、うーん、イマイチかな…
それでもチーム全体としては前半とは変わって数多くゴールをうかがうチャンスメーク。後半は3-0でしたが、点差以上の圧勝でした。

今日は後半一本のCKを任されましたが、幅が広い今日のG、届くかよオイ?と思っていたら案の定短めのキックで×。今日はあのヘッドを決められずに良い流れに乗る事が出来なかったナ。

次はキッチリ決められるように頑張ろう!!
c0075224_13421842.jpg

毎度、荷物運びは4年生(高一)の仕事。この日ボン助が運んだカゴ一杯のボトルがエネルゲンなのにはちゃんと理由がありました(見事ユニフォームカラーのボトル(右))

by tama1366 | 2009-04-27 11:22

VS 茅●崎●陵高校!

4月19日(日)。

高等部サッカー部に入部させてもらって、二度目の観戦。
本日のGは学校第一G。お相手は茅●崎●陵高校さんとのTM。黒白縦ジマのユニフォームは強そうに見えますね!
Gに到着すると、観覧席にはたぶんお相手?の父兄の皆さん。その少し手前で観戦することにしました。
はるか遠方に何名かいらっしゃるのがホームのサポーターかな??

聞くところによると、高等部サッカー部は大学体育会に習ってA,B,Cの3つにレベル分けされ、Cはひたすら基本練習メインでゲームに出るチャンスもほとんど与えられないとか。
ボン助がどのカテゴリーでやっているのか知らないので、彼の姿を見られるのか分かりませんでしたが、今日は時間があるからゆっくりサッカー観戦を楽しめそうだゾ。

会場に到着した時は既に一本目?が始まっていました。たぶんAの試合なのでしょう。
ピッチの選手は皆さん屈強そうな選手ばかり。上背もあるし中学生とは筋肉の付き方が一目で違います。こちらFWは身長185位?まるでラグビー選手なみの体格。たぶんココに居るのはほとんどが3年生か。さすが相当キツいフィジカルトレに耐えてきただけありそうです。

勝負は当に互角。但しこちらの攻撃に一回だけ素晴らしいシーンがありました。残念ながらフィニッシュがポストに嫌われゴールにはなりませんでしたが、中盤の素早いボール回しから右サイドがダイレで折り返し、左からニアに飛び込んだFWがこれもワンタッチで決定的なシュート!
スピード、パスの精度とも素晴らしく、こんな流れるような攻撃が試合の中で何度も見せられたら結構強いかも。失礼ですが想像以上でした。結果は二本で2-1。

Aの試合が35分二本。1本目が終る頃から次のメンバーがG脇でアップを開始。その中にボン助を発見します。この頃、オヤジの座ってた横に大勢制服の女子高生軍団が!

別に聞く気はないんですが(笑)お話が聞こえてきて、どうやら皆さんは女子サッカー部の皆さんで、練習後勉強のためにAの試合を観にきたという事のようです。
この美女軍団に1人仲良しの男子サッカー部員?大学コーチ?が近づいてきて解説を始めました。手の使い方、体の向きを良く見るようにとおっしゃっていますね。ついでに生徒からは、『○○番は△△さんだよね?』とか『○○さんカッコイー!』なんてお声が。
むむ…オヤジはGを眺めつつも思わず耳がダンボ状態(゚Д゚)!

コーチ?の解説によると、やはりこの1,2本目のメンバーがA。続いて今アップしてる(ボン助も)メンバーは1.5軍だとか。『Aの残りとBの中でまぁまぁのメンバー』だそうです。な~るホド!ボン助のチームの中での位置付けがわかっちまったワイ。これだけでも今日は来た甲斐がありましたね(笑)

続いて本日観戦3本目のハーフ、ボン助左サイドハーフで登場。今日の背番号は20番。
おっと、お隣の女子高生の中から『ねぇ、あの20番だれ??』なんてお声が聞こえてきました!
キ、キター━(゚∀゚)━!…かと思ったら、『知らな~い』で会話は終了(笑)

お相手も含め、フィジカル、運動量ともやはりAの試合に比べ若干見劣りするか…
ゲームすべり出し、しばしボン助は左で孤立。右が起点になる事が多く、大きなサイドチェンジは残念ながら皆無。たまに左バックがボールを持っても縦に入れるシーンはなく、中盤にボールを預けますがここでボールを支配する事が出来ずボン助までボールが回りません。たぶんボン助のポジション(受ける前の動き)にも難あり。しかしボン助、『○○さん!逆!!』などとひときわ良く声は出ている!

前半唯一の見せ場たしか15分くらい、ようやく中盤からボン助にパスがつながり、サイドバックを1枚かわしてすぐさま左から中央へ流れたFW足元へやわらかいパス。FWのシュートはファーのポストをかすめてラインを割りました。惜しい!!結局前半は1-0と若干リード。

続いて後半もボン助登場。前半よりやや中央に位置して中盤のフォロー、DFに積極的に顔を出すようになりました。ハーフタイムにベンチから指示が出たのでしょう。
15分位、後半初めてのCKで一瞬の間が…この時なんとベンチと周囲からボン助にキッカーの指示。戸惑いながら?ボン助コーナーへ。

右からのCK、ニアのDFに頭ではじかれたボールを少し中に入ったボン助が再びダイレでセンタリング!ニアに待ち構えていたGKを越えて今度はファーサイド、ゴール前ドフリーで飛び込んだ選手がコレをチョンと軽くボレーで合わせてナイスゴール!ボン助一応ナイスアシストぢゃ!

結局左右3本のコーナーを蹴り、最後の一本だけ空中でラインを割ってしまいました(笑)が、まぁ仕方ない。コーナー蹴るなんて、何年ぶり?しかもオヤジが見たのは過去13年で二回しかなかったもんね(笑)
気が付くと女子高校生はみんな帰っちまって誰もいなーい!さっすが、ボン助人気ねぇな(^-^)v!

この試合の結果は二本で2-0。
パス精度、判断のスピードはまぁまぁだったが、1対1、サイドのドリブル突破は全然ダメ。運動量もイマイチで、これから益々厳しいダッシュトレを乗り越えなくちゃ。

それでも入部早々、ゲームに使ってもらえるなんて…幸せ。
声出しは今日の前半の調子で。後半疲れておとなしくなったし(笑)

謙虚に一生懸命頑張ろう!

by tama1366 | 2009-04-20 12:44

オヤジの仲間入り?

今日はお世話になったY監督のお誕生日ですね。
おめでとうございます!

はて、監督何歳になられたんだろう??
たしかオレの方が7つ?上だったかな…

振り返れば長いお付き合い。先日、スポセンGでばったりお目にかかりました。永らくボン助がお世話になったお礼を申し上げると、またココでいつでもお目にかかれますものね!とおっしゃって下さいました。

わずか立ち話でしたが、ユースの話をして下さった中で、監督が選手の育成とチーム作りで最も大切にしている事、改めてよくわかりました。
間もなく社会に出る選手達、長い目で見て、クラブとして今、何を評価し大切に育てなくちゃいけないか、逆に何を許してはいけないか、その目線には、揺るぎなき信念が貫かれています。

Nコーチが3年間通して教えてくれた事。
きっとそこんとこ似てるから、お二人はウマが合うんでしょうかね!(^v^)

by tama1366 | 2009-04-17 17:36

帰れ!!

15日、放課後の練習で、高1のメンバー全員、コーチにそう言われて練習できずに帰宅したそうです。

練習前のGの準備は高1の仕事。その集合時刻に30秒遅れた輩が居たからだとか。
コーチは、現役の大学体育会選手。そこでは、時間厳守は当たり前。
例えばその日の最後の授業が体育だったりすると、終って着替えしてGに駆けつけると、どうしてもわずか遅れてしまう場合もあるらしいのですが、そこは言い訳無用。

コーチは練習休業日以外、毎日日吉から藤沢までキッチリ練習開始時刻に来て下さるそうです。それを知るボン助は、むしろ怒られて当たり前と思ったようです。
この日は、高1全員で各クラスの授業のスケジュールを確認し合い、どのようにGの準備を分担し合うか1週間のスケジュールを皆で話し合ってから帰宅したそうで、転んでもタダ起きないと言ったら語弊があるかもしれませんが、新高1の皆さんの真摯で前向きな姿勢に、オヤジはちょいと感心…当に独立自尊だね。

余談ですが、私が就職活動をしていた今から数十年前、体育会出身者はどこの企業でも引く手あまたでした。当時は『仕事をするにも先ず体力』だしな…などと勝手に想像していました(笑)
また、大勢の中でもまれている体育会出身者は、対人関係を築くのが上手く、組織の中で孤立することなく周囲と協調して力を発揮する事ができるという話も聞いた事があります。

この時間厳守の話を聞いて、それだけじゃなく、体育会のこうした厳しい規律とルールを知る人なら、そこで何年もやってきたという事だけでも、十分信頼がおける人物と評価されるのは、頷けますよね。

ボン助君、『たと1秒でも遅刻することは、どんな理由があろうと許されない』事を肝に命じたようです。

TRPでもそうでした。ココでも、私たち親が厳しく教えたくても教えられない事を教えて戴いて…感謝、感謝ですm(_ _)m。

by tama1366 | 2009-04-16 13:32

変わったこと

高校生になって変わったこと。

①スパイクをもの凄くキレイに磨く
尊敬する先輩からでも言われたのでしょうか??汚れ落とし、陰干し、クリーム、とにかくピカピカにしています。
なにしろイイ事ですね。

②サッカーノート
もちろん見た事はありませんが、高校の練習に参加する少し前から真剣につけているようです。たぶん今までもその必要性は十分感じていたんだろうと思いますが、練習を終えて家に帰る時間が今までよりは早く(8時頃には帰ってくる)なり、そのための時間が出来たという面もあるのでしょう。これもGOOD!

彼は昔から、人から言われたくらいではなかなか出来ないのですが、何かのキッカケで自身思い込むとすごくこだわりを持って取り組むようになります。そこに至るまでに時間がかかる(笑)のが難点ですが、それも個性だと思うことにしています。

それとコレは母親から聞いた話なのですが、先日の公式戦に残念ながら敗北を喫した時の落ち込みようは、クラブでやっていた時よりも大きかったようです。思うに、一緒に過ごす時間の長い高校の仲間のチームでは、チームメイトとの関係がより親密で、必然的に周囲から受ける影響もより大きいという面があるのかもしれません。

さて、今度の日曜日は久々観戦の時間がとれそう。
どこかであればイイんですけど…(笑)

by tama1366 | 2009-04-15 12:09

オヤジの挑戦!

12日(日)。

ボン助は関東高校サッカー大会、神奈川県二次予選の応援(笑)のため、朝早く出て行きました。

『どうせ(笑)出ないんだろ?』

『まだ選手登録が済んでないから』

ていうか、登録が済んでたって(実力的に)出ないんだろ??とまでは言いませんでしたが(笑)

この日のオヤジはテニス、春の渋谷区民大会男子ダブルス。肘の怪我から復帰第一戦。
ペアのFさんとは10年来のテニ友ですが、組んで試合に出るのは初めて。ミックスで優勝経験もあるベテランです。
なんとかFさんの足を引っ張らないようにしなくては…(汗)

1回戦、若手ペアのお二人。1人は結構打てるけど、もう一人デカイ方はバックが打てなさそうだ…ここが弱点だな。
5ゲームまではほぼ狙い通り、デカイ方のミスで順調にポイントを重ねて4ー1とリード。こりゃ勝てそう?…と思ったのがいけなかった(笑)
6ゲーム目からミスを重ねてあっという間に5-5のタイに。
6ゲーム先取で勝利ですが、5-5になった場合は7ゲーム先取。更に6-6の場合はタイブレークと結構本格的。
あっちゃー…案の定6-6になっちまった。タイブレークは7ポイント先取です。
タイブレーク1-3とリードされてちょっとヤバかったけど、ここからたて続けにポイントを取って逆に6-4とマッチポイントを握り、これを一発で決めて…ていうか相手ミスで勝利したんですが(笑)…2回戦進出。最後は相手の若さにこちとらオヤジペアのいやらしい粘りが勝ったってカンジ(笑)

続く2回戦、今度の相手は親子ペア。お父さんは63歳だって!当然お父さん狙いと思ってお父さんに打たせるコースに球を運びますが、やっぱ試合となるとこちらもなかなか振り切れません。
ボールが甘く行くとお父さんにやられるやられる。とはいえ、やはり年齢的にサーブに難があり、相手お父さんのサービスゲームをブレイクして終始リードの展開。6-4で勝利して2回戦突破(^-^)v!!
試合後、お父さんの年齢をうかがって、改めて敬服。オレも60過ぎても続けたいです!

続く三回戦、さすがにここまで来ると、サーブ、ショットに難がある選手は居なくなります。相手のミス待ちではなく、責めてポイントを取れないと勝てない。
次がヤマだと思った三回戦の相手は、オラオラ系の元気な30代??ショットの度オリャ!とデカイ声を張り上げてイマイチ品がないのが気になりました。更にいちいちプレーが遅くてちょっとイライラ…早く打てコラ!とは言いませんでしたが(笑)

相手は回転のかかった力強いストロークとサーブ…これに苦しめられ、最初の3ゲームをデュースで競りながらたて続けに落としてしまい、流れが完全に相手に傾いてしまいました。
結局なす術なく、三回戦6-0で完敗…相手ペースにまんまとハマってしまった…オヤジの意地を見せられなかったのが悔しかったナ…

ちなみにこの相手は最後まで残ったという情報を友達が入れてくれて、少し悔しさが和らいだけど(笑)

というわけで、熟練Fさんのおかげで結構クタクタになるまで楽しめた今春の区民大会。
次の目標は4回戦進出ダ!また一歩一歩頑張ります・・・

by tama1366 | 2009-04-13 11:48

ダブる?


留年のある学校の生徒にとっては、言わずと知れた恐ろしい言葉(笑)

私が高校生だった頃、たしか高校1年から2年に上がるところが一番タイトで、1学年約600人の内、たしか20人弱(30人に1人くらいの割合)で留年する生徒が居ました。
私の母校では高校から第二外国語が必修で、英語と同じ時間数勉強させられましたし、成績不振なら留年もありで、大学入試がない代わりに成績には厳しく、一応勉強しないと進級させてもらえませんでした。

ボン助の学校も基本は同じで、どうやら上記と同じ位の割合で高校1年を二度続けてやらなければならない生徒が居る模様…
中学でも留年があるというところはボン助の学校の特徴かもしれません。他の同系列付属校も含め、同級生で高校に上がれなかった人が…という噂が聞こえてきたりします。

4月9日は中・高等部入学式。
ホントは行きたかったんですが、平日でスケジュールがどうにもならず、オヤジは欠席。ちょっと前に呼び出しくらって行ってきたからまぁいいか(笑)
一応高等部に上がらせてもらえてよかった。おめでとう。

家内の話だと、式の壇上には、先日呼び出しくらってしこたま怒られた方が塾長と部長に並んで座っていらっしゃったそうです。
こりゃー偉い先生に目をつけて戴いてラッキー!
おまけに怒られながら懸案の答案を見せられ、『金●』のオンパレードに思わずプッと吹きだしたバカ親子…益々留年確率が高くなりました・・・(汗)

高校は勉強でも益々進級がタイトになるようです。オヤジがその不安からは開放されることは、この先大学卒業までずっと無さそうですな(汗)
私の出身高校では、サッカー部は意外にチョー成績優秀者が多かった。中にはしょーもないタコも居たりしましたが、ボン助の学校でもそれは同じらしく、中にはとてつもない秀才クンが居たりするらしいけど、ボン助のごとく留年スレちょんも居るわけで(笑)

ところで、サッカー部の練習は思いのほかハードのようで、早速モモ裏を軽く肉離れした模様。練習を休むほどではないようですが、体力的には今までよりキツイようです。

しかし、先輩は皆さん優しく、鉄拳制裁やらシゴキやらパシリやらは皆無だそうで、練習は厳しくても楽しくサッカーできてる様子。まぁ、何よりぢゃ。

こうして1学期が始まりました。
これまで教わってきたとおり、何事も全力でと祈る…

by tama1366 | 2009-04-10 16:43

観戦記は続く

季節は桜満開、すっかり春らしい陽気となりました。

ボン助は間もなく入学式…

実はある方に『続けて』と言って戴いたのがとっても励みになり、これからもサッカーとともに我が子の成長の記録を綴ってゆこうと思います。

題名が変わりました。URLはそのままで(笑)

by tama1366 | 2009-04-07 11:38