人気ブログランキング |

<   2008年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

GWはひたすら観戦予定!

さあて、いよいよ待ちに待ったGW\(^_^)/
この連休は公式戦が目白押し!おかげで?今年はドコにも行かずひたすら観戦予定のオヤジです(笑)

4月29日(祝)、本日は久しぶりの観戦♪
Gもえらくお久しぶりの二子玉緑地G。一面芝なんだか雑草なんだか緑で、下がよく見えないけど、イレギュラーな弾み方をする模様…
この日は、これまたお久しぶりの家族揃っての観戦でした。
本日のお相手はイン●リ●ールFC、Tリーグという東京都協会主幹の公式戦です。これまでの戦いはそれぞれ二勝の全勝対決。新人戦の戦績だけを見れば、我がTRPに若干分がありそうですが…

開始3分、ゴール前でボールを受けたS君、コースを狙ったナイスシュートでいきなり先制。この後も責め続けるTRP軍団ですが、次第に相手も要領を掴み、なかなかシュートが打てない展開に…
フリーで打たせる危ない局面も2、3回あったかな。でもいずれもキーパーがしっかりキャッチ。後半終了間際に追加点をあげ、終ってみれば2-0の勝利。

時間をおいて、FC●谷と先のイン●リ●ールとのTM、二試合目の前半にボン助登場。この日はセンターバック。
相手FWがそれほど恐くなかったからか、とりあえず危なげないプレー。
途中、3回ほどコーチから『声』の指摘を受けていました。そう、聞こえてこないんだな。OKなのか何なのか…
疲れてきたときの課題、30分じゃわかんなかったけど、今日のところはまずまずか。

数日前、プライベートのテニスで訪れたスポセンG、某コーチにバッタリ!丁度GではU-15クラブユースの一次リーグが行われていました。
新人戦の成績で、一次は免除のTRP。しかしこの一次の結果で対戦相手が決まる模様。自分も足を止めて、しばしこの模様を観戦。
ちなみに思いがけずゴチになってしまった缶コーヒーがとっても美味しくて、家に帰って娘と二人、有難く頂戴しました!ボン助のみならず親の面倒まで見て頂いて、恐縮デス…
その試合の印象と、本日のTRPの試合の印象を重ね合わせると、細かいパスの精度、ボールの展開力、攻撃の多様性といった部分では、手前味噌ですが我がTRP軍団が1枚上手の印象。しかし、相手のデカいDFには少々てこずっていたようだし、一つのミスからシュートまでいかれたシーンなどもあって、チョイとモノ足りない?かなぁ。

特に少し長いパスやフィニッシュの精度、上手い選手は上手いんだけど、全体にレベルアップが求められるような…

本日印象に残った選手は、ナ●ちゃん。一皮むけた感じでイイ動きでした(^-^)v!

by tama1366 | 2008-04-30 11:22

練習

イングランド代表として、通算100試合出場を果たしたベッカム。

昨日深夜、とあるサッカー番組を見ていると、彼のインタビューやこれまでの活躍を特集するコーナーがありました。自らのこれまでのサッカー人生を、『浮き沈みが激しかった』と振り返っているのが印象的でした。

レアルマドリード在籍中、移籍当初は、当時のカペッロ監督から冷遇されていたベッカム。しかし、腐らずに集中して、毎回全力で練習に取り組みました。
チームが低迷する中で出場のチャンスを掴み、そこで見事に結果を出して、監督に『ベッカムを見る目が変わった』と言わせしめたエピソードは、まだ記憶に新しい出来事です。

私が驚いたのは、マンUを22年間に渡り率いてきた名称アレックス・ファーガソン監督が、彼を評し『あれほど練習する選手を見た事がない』と話すのを聞いた時。
その甘いマスクや派手なプライベートで世間を騒がせる事が多く、もちろんフリーキックやセンタリングの正確さは誰もが知っていても、そうしたサッカーに対する姿勢や練習熱心な事がTVで報じられるのを観た事は、あまりありませんでした。

イングランド代表100キャップを達成したのは、史上5人目だそうですが、日本のゴン中山選手も、同様に練習の虫と聞いています。
やはり息長く活躍するサッカー選手は、才能だけではなく、弛まぬ努力があるから、結果として偉業に繋がるのですね。

普通、才能や運に恵まれ、何かの世界で成功して富や名声を手に入れると、そこには必ずと言ってよいほど慢心が生まれ、そこから更に熱心に練習にはげみ続けるという事は、なかなか出来ないものです。
どんな世界でも、たぶんそうだろうと思います。

才能とは、どんなに自分を取り巻く状況が変わろうとも、一つの事を熱心にやり続る事…というような話をどこかで聞いた事があったのですが、改めてそんな想いを強くしました。

現イングランド代表のカペッロ監督、EURO2008への出場を逃し、二年後のワールドカップでベッカム出場の可能性を示唆したそうです。
日韓WCの時、ブラジルVSイングランド戦でベッカムのFKを間近で見て感激した私にとっては、とても嬉しいニュースでした(^-^)v!

by tama1366 | 2008-04-26 17:41

良き友に恵まれ

火曜日、何時ものように仕事を終えてスポセンのトレーニングルームに行くと…
おお!ボン助と遭遇!
ん?隣にはKEIO SFCのジャージを着た子の後姿…バスケ部のノ●君か。

そうかそうか。全体練習のない日に自主トレとは、いい心がけだね。
まぁ、とりあえずシカトしました(笑)
こんなトコで、しかも友達の前でオヤジに声かけられても困るでしょうから…

オヤジが運動前のストレッチをしている間に…あれ?もう居ない!
別に逃げなくてもいいじゃん(笑)

本日、開校記念日は例のディズニーシーでのビッグイベントの日。
それなのに、ボン助は行かない?!だと??せっかくチケット買ったのに…
夜はTRPの練習があるから行かないって??

母親:『練習、休めば?』
ボン助:『はぁ?』
母親:『じゃあ、ちゃんと練習までに帰ってくればイイじゃない…』
ボン助:『あのね、あんなトコ行ったらさ、帰って来たくなくなるじゃん。今、ちょっと調子が上がり始めたトコでさ…T(TRP仲間)とオレ。二人で頑張ってんだよ』

ほほーーーーーーー。なかなか見上げた心がけじゃん(・・;)
ていうか、友達の存在って大きいんだな。一緒に自主トレできる仲間、一緒に目標持って、刺激しあって上を目指す仲間…
学校にもクラブにも大勢仲間がいて、一緒に頑張れる友達がいて…

幸せだな(^-^)

ノ●君もT君も、オヤジ的になんとなくだけど、生涯付き合える友達になる気がするなぁ。それぞれご家族を見ていて、なんとなくだけど。

自分が中3の時振り返ると、そんな風にそれとなく支え合ったり、一緒に頑張れたりできる友達は、居なかった気がする。
もしかしたら、居ても気付けなかっただけかもしれない。
ようやくその存在に気付いて、感謝して大切に思うようになったのは、ずっと後になってからだったかな。

色々な人に支えられて、もしかしたら自分もそうありながら、生きていくんだよね。
だから大切にしよう。自分も、友達も。

by tama1366 | 2008-04-23 15:11

辛抱の先にあるもの

仕事をしていると、1+1=2にならない事がよく起こります。
私に限らず、仕事とはそういうものかもしれない…とも思います。

最近、『わが子にお金をどう教えるか』という本を読みました。
その中に書いてあったのですが、学校での勉強とかテストというのは、予め想定される答えが、必ずあります。
問題や課題を与えられ、求められる答えを返すという作業に於いて、いくら優秀であっても、コンピューターの演算機能やPCの検索機能は、人間の能力を遥かに上回るので、そのような能力しかなければ、それはやがて機械にとって替わられてしまいます。

日本は世界的にみて賃金水準が高く、機械には出来ない単純労働も、やがて人件費の安い諸外国にとって替わられてしまいます。

では、機械にも諸外国の労働力にも替わられる事にない、つまり、喰いっぱぐれのない仕事とは?
それは、自分自身で問題をみつけ、PCの演算や検索機能では導き出す事の出来ないもの同士を結びつけ、答えを見つけ出し、しかも人の役に立つ高度な知的労働だろう…というような事が書いてありました。

私の仕事は『高度な知的労働』ではありませんが、全ては人が相手、『無理を通せば道理引っ込む』なんて諺にもあるように、中には一般的な常識や約束事通りに物事が運ばない事も沢山あります。
その時、どのように難局を乗り切るか、しかも争い事なく、出来るなら誰も困る事なく問題を解決し、世の中の役に立つにはどうすればいいか。
更にそこで利益も生み出さなければならないとなると、楽しく仕事するようには努めていても、中には人に言えない辛い事、苦しくて投げ出してしまいたくなる事も沢山あります。

でも、諦めずに経験と知恵を駆使し、毎日自分自身と闘っています。

たぶんどんな世界でも、真面目に長く一つの事を続けるという事は、同じように苦労や辛抱があるだろうと思います。

ボン助や仲間達、男はいずれその世界に入らなければなりません。
『若いうちの苦労は買ってでもした方が良い』と言いますが、最近の便利な世の中、比較的恵まれた子供達は、日常の中で我慢や辛抱をしなければならないような事は、少ないのではないでしょうか。

下らない喩えですが、父親や母親がスポセンで30分、40分と音楽を聞きながら走っていると聞いて、ボン助君曰く…
『よくそんな長くやってられるね。退屈で我慢できないよ…』
以前はそう言っていたのが、最近は誰に強制されるでもなく、自ら走り始めた事は、とても素晴らしい事だと思っています。

ストレッチだって、全身を真剣にやったら30分とかすぐですよね。
何の目標も工夫も無かったら、退屈で痛いだけかも。
だからお母さんは、Ipodにお気に入りの曲を入れて楽しみながら走ってるじゃん!

次のステップ、我慢や辛抱のあとに、初めて掴める何かがあるのかも。
そしてその積み重ねが、いつか答えのない問題に立ち向かわなければならなくなった時、きっと生きてくるんじゃないかな。

チト古いけど、『人間、辛抱だ』という古いCMのフレーズは、結構名言なんじゃないかと思うオヤジなのであります。

by tama1366 | 2008-04-21 18:03

1回400円!究極のエステ(笑)

何度か触れましたが、昨年来、肘のリハビリのために始めたトレーニング。仕事で疲れた心と身体で、しかも単調なトレーニング、続くかなぁと思っていたのですが、テニスを続けるため自分で肘を治すという目的があった事と、続けるうちに、期待もしていなかった様々な効果がある事に気付いて、すっかりハマっています。

限られた時間(平均1時間半程度)でのトレーニングメニューは、準備運動→ランニング(有酸素運動)最後にダッシュ→足腰のストレッチ→肩や肘周辺、体幹の筋トレ→全身のストレッチというカンジですが、その期待もしていなかった効果とは…

①姿勢や身体のバランスの調整
元々テニスで右腕ばかり使っていたからか、普通にしているつもりでも、自然に右肩が下がるクセがありました。街を歩いていても、後ろから見ると肩のバランスが並行でない人をみかけます。専門家に聞いた話によると、肩のバランスというより、骨盤の歪み(骨盤が左右どちらかに傾いている)を上体でバランスをとろうとして、自然に上体がどちらかに傾くケースが多いそうです。ちなみに、座っている時足を組むのは、骨盤の歪みにはとても良くないそうです。
誰にも多少の歪みはあるようですが、歪んだ状態が長く続くと、ギックリ腰やヘルニアを誘発しやすいかもしれませんね。

前後骨盤周囲の筋肉のストレッチを教わって、毎回欠かさずに続けた結果、いつの間にか肩の傾きがほとんどわからないレベルまで矯正されたようです。

②体調の維持
元々ヤセで胃腸が弱く、体力が弱るとすぐにおなかが下し気味になる体質でした。真夏でもアイスコーヒーは飲みません。
有酸素運動で身体を温めている効果か、最近はおなかを下すという事が全く無くなりました。体力、抵抗力が少しづつ上がっているようです。

③太りにくい身体
元々お酒より甘いもの好きで、食後のデザートは欠かせず、アイクリームやチョコレートなどが大好物。テニスが出来なくなってからトレーニングを始める前までは、特に腹回りなど余計なお肉(内蔵脂肪)が付いてゆくのがわかったのですが、今はそれを感じなくなりました。
筋肉の専門家の話では、腹、背中、太ももなど大きな筋肉が増す事によって、いわゆる基礎代謝(何もしなくても消費するエネルギー量)が高まり、太りにくくなるそうです。
筋トレは究極のメタボ対策だとか。

④見た目(笑)
顔の血流も良くなるらしく、おかげで顔色も悪くないし、表情筋も少しは刺激されるんでしょうね。身体つきも少しづつ締まってゆくので、もしかすると洋服など選ぶ楽しみも増すかも?
まぁ、このオヤジの場合は、残念ながら何着ても一緒(笑)ですが、ボディメイクは一朝一夕には出来ないし、おカネで得られるものでもないですから、実は究極のオシャレかも…

というワケで、無理さえしなければ、実はイイ事だらけのトレーニング。
週に何回か同じジムに行っていると、そこで見かける人は大体一緒な事に気付きます。
皆さん目的や動機はそれぞれだろうけど、続ける人はずっと続けてるっていう事ね。自分で汗をかくって、それだけで気持イイですものね。

メタボが気になりだした皆さんに、是非オススメです(^-^)v!

by tama1366 | 2008-04-18 12:43

Happy Birthday!!

さぁて、本日はTRPの皆にとってお目出度い日じゃ(^-^)v!

え?何がお目出度いって??
もしかして?シラネーの?キミたち!!

本日は、いつも御世話になっとる監督のお誕生日じゃ!!
♪Happy birthday to you~ Happy birthday to you~ Happy birthday dearヨ●さん~ (^o^)
Happy birthday to you~♪\(^o^)/

監督!お誕生日おめでとうございます!
そして、いつも有難うございます!!

きっと、辛い事、僕らにはわからない苦しい事もあると想うのですが、大きな目標に向かって、これからも益々エキサイティングで楽しいTRPを、引っ張っていって下さい。

これからもTRPを、選手達を応援しています!!

by tama1366 | 2008-04-17 11:23

Keio 150

今年、慶應義塾は創立150周年を迎えます。
昨年125周年を迎えた早稲田。それぞれ大きな節目に、一体どのような個性の違いが見られるのか、興味深く見つめています。
それぞれ教育施設の拡充の為に寄附を募るというところに違いはありませんが、寄附集めに対する一生懸命さは、早稲田の方がリキが入ってたかなぁ。

昔から何かあれば自然と山ほどゼニが集まる(笑)慶應と、総長が頭下げて回ってもなかなかおカネが集まらない早稲田。義塾社中という言葉がありますが、何かにつけて徒党を組む慶應と、一匹狼の早稲田…

4月23日、慶應の開校記念日。
KEIO150、塾生集まれ!と名うって、幼稚舎から大学までの塾生やその家族、塾員がディズニーシーに集まり、記念のセレモニーが行われるそうです。
この発想はワセダにはないかなぁ…ちょっと驚き(・・;)

大学HPで、安西塾長の入学式式辞を読みました。
おバカな観戦オヤジが僭越ですけど、なるほどと共感しました。
大事な事を三つ。
一つ目は、『学ぶを知る』。その為にはまず、己に何が足りないかを知り、驕らず、高ぶらず、卑屈にならずに、謙虚に自分を見つめる事だと。

二つ目は、『人を感じる』。
人の気持ち、人の痛みを感じる事ができる力を育んでほしいという事。

オヤジの経験で言うと、自分自身が痛みを感じた時、辛くても、逃げずにその痛みを受け止めて、色々考えたり悩んだりした時、ほんの少し、人の痛みが我が事として感じられるようになれるかもしれない・・・と想う。

そして三つ目、『勇気を持つ』。
この150年間、どんな時代にあっても、夢と志と勇気を持って、民の先導者として時代を切り拓いてきた多くの先輩達の志を受け継いでほしいという事。

この三つの背景にある精神が、『独立自尊』。自分で考え、自分で行動する事ができるという事…そんなお話であったようです。

三つ目はともかくとして、一つ目と二つ目はオヤジがいつも言ってる事と似てるじゃんか(・∀・)!
まぁ、オヤジ自身が常にそう生きているかと問われると、チト困るが(笑)
母校校歌の一節を借りれば、『仰ぐは同じき理想の光』かな。

昨日、通学の電車の中で大人にカラまれて、さんざ因縁を付けられたんだとか。その挑発にキレて、本人も言葉を返したようです。

きっと、因縁を付けられるスキがあったのだと思う。
ただ、お母さんには怒られるかもしれないけど、自分が中3の時なら、手が出てたかもしれないと想うから…
それだけは、踏み止まれて良かった。

お互い、まだまだこれから。共に頑張ろう。

by tama1366 | 2008-04-16 10:19

負けて悔しいはないちもんめ

4月13日(日)はぁ~(´Д`;)
去年はたしか7日でした。オヤジは1年前、ココで肘を完全に壊してしまった、思い出深いテニスの区民大会の日から丸1年…

ここまでトレーニングを積み、怪我からの完全復活を遂げるべく気合で臨んだ今年の大会。

いよいよ注目の初戦(笑)、お相手は、大柄なオジサンとメタボなオバサン。同じくご夫婦のようですね。
オヤジは前もってスポセントレーニングルームでしっかり汗をかいて体を温めてきました。あににく小雨模様のお天気とは裏腹に、オヤジのコンディションは最高潮!
相手のオバちゃんの方は重たくて動けない様子。こりゃどう見ても戦術的にはオバちゃん狙いで、イケそうな予感がっ!!

しかーし!(中略)…(^◇^;)
終ってみれば6-4の惜敗(笑)

相手のオジさんの方が、オレより上手かったです(涙)

午後のTMから帰宅したボン助。
『で、どうだったの?』
『ナヌ??一回戦負け?(゚∀゚)アヒャヒャヒャヒャ!』

(" ̄д ̄)けっ! るせーやい!!

オレもまだまだ。さすがに、走れないオバちゃん相手にミスして自滅したのは悔しい…
この悔しさをバネに、また1年トレーニングに励むぜ!

というワケで、この日行われたTMの様子はご報告できずスミマセン!

でも最近、クラブチームより学校とのTMが多いのは、やはり高校進学を見据えたクラブの配慮なのかな?
ボン助は留年が心配だけど、大抵の選手はこの1年、高校受験や進路を決める大事な時だものね。

一杯考えて、最後は自分で決めなくちゃですよね。
一番はご両親に相談しなくてはと思うのだけど、悩んだら監督やコーチにも相談して意見を聞いてみると、参考になる話が沢山聞けると思います。沢山の選手を見ていらっしゃるから。
客観的に自分を見つめつつ、しっかりした自分の意思や目標を持って進めたらいいですよね。

U-15選手の皆さんを応援します(^-^)v!

by tama1366 | 2008-04-14 13:10

はじめの一歩

ボン助は11日からようやく学校が始まりました。
中等部最後のクラス替えがあり、その日はそわそわドキドキ(笑)

家内から聞いた話だと、新たなクラスは…
『男子メンバーは最高なんだけど、女子がなぁ…見渡す限り●スばっか!』なんだそうな。
まったく、何しに学校行ってるんだか!ホント、貴方の子よねぇ~(笑)とは、家内の弁。

まったく、おっしゃる通り…ぢゃなかった!
一体誰に似たんだろうなぁ?(^v^)

そう言えば、前は毎日トレシューで、あれほど革靴履けって言っても嫌がってたのに、最近はローファー履いて学校行くし…
あれほど床屋嫌いで、いつもお母さんに切ってもらってたのに、最近は自ら美容室行くし…
すっかり色気付きやがった。

でも、それが普通かな。オレもそんな頃があったし。

母親にクギ刺されたみたい。
『この1年、キチンと目標持って毎日を大切に過しなさい。だだ何となく過したら、あっと言う間だから…』

最近オフの日は、オヤジを見習って?スポセンのトレーニングルームに通い始めたようです。
学校始まると、なかなか時間的に厳しいだろうけど、それはオヤジも一緒。少しでも汗かいて身体温めて、ストレッチしてくるだけでも、かえって疲れがとれるからね。
ナニ?ずっと時速14キロで走ってる??
そりゃオヤジは敵わんよ。でも、距離ならどうかな?

まだまだ、これから。中学最後の1年、成長を祈る。

by tama1366 | 2008-04-12 10:43

世界に一つだけの花

ビジネスでもプライベートでも、私は人を疑うという事があまりなく、おかげで苦い思いをすることも…
きっと、それで良い面も悪い面もあるんでしょうね。

この前、家の近くで偶然、ボン助がジュニア時代のチームメイトのお父さんにバッタリ。そのお子さんは、中学ではTRP以外のクラブを選択されたのですが、懐かしくて、思わず…
オヤジ:『お久しぶりですね!息子さん、頑張ってますか?』

某お父さん:『いやー…なかなか試合に出られないみたいですよ』

オヤジ:『うちもですf(^_^)。じゃ、また!』

こちらはチャリ、あちらは徒歩だったので短いやりとりだったんですが、家に帰って何気にボン助に話すと…
『あれ?●●はチームで10番背負ってるって噂聞いたよ。同じ中学の▲▲が言ってたし』
『オレが試合に出れない事知って、気を使ってくれたんじゃないの?(笑)』←そこで笑えるオマエも脳天気でイイ(・∀・)!

はぁ?? ・・・ん??待てよ…
そう言えば、そのお父さんもサッカーやってて、TRPとは繋がりがあるから、最近のボン助のコト、知ってても不思議じゃないか…

むむむ…だとすりゃ、気を使わせてしまったの??
もしそうなら申し訳なかったけど…頑張ってるって教えてくれても、かつてもチームメイトだもの、素直に喜ぶんだけどな…

ちなみに人は人っていうか、誰がどうだからとか人との比較ではなく、本人がどうありたいのか、自分らしくあるってどういう事なのかが、我が家の方針でがんすf(^_^)
世渡りもサッカーも下手くそでウダツが上がらなくて(笑)も、それでも挫けないで、明るくて優しい所もあって、誰と比べようもない、世界に一つだけの花だもの(^_^)

でも、もしも自分が逆の立場だったら、そんな風に気を使うべきなんじゃろか?うーーーーむ…
こんなオレじゃあ、そこまで気が回りそうにないわな…
ていうか、今のトコ心配する必要もねーか!(笑)

by tama1366 | 2008-04-08 11:53