人気ブログランキング |

<   2007年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

爆笑の人生で行こう!

すっかり寒くなりました。
最近のボン助君、少し前までは痩せ我慢(文字通り)して、ワイシャツにセーター一枚で学校行ってたんですけど、さすがに早朝、この寒さの中、チャリで風切るのは堪えるらしく、コートを欲しがるようになりました。
しかし考えたらそんな高級なモン、持ってないんですねー(笑)

仕方なくオヤジのお古のコート着て学校行ってます。
さすがにオ・ヤ・ジ(・∀・)!のコートですからね。コレ着て帽子かぶって、これまた母親のお下がりの手袋してオバチャリでダッシュする姿は…

見れば見るほど新宿西口ガード下に居そうなカンジ(笑)
まぁ、どう見てもKOボーイにゃ見えませんな・・・(^ω^)

仕方ない、学生らしいダッフルコートでも買ってやるか…

さてさて、11月23日の夜行なわれたTRP父兄懇親会。
普段、なかなかお話できないコーチや監督からうかがったお話は、身に沁みるお話ばかり…(>.<)

そんな中、たまたま隣合わせた某お父さん…よくグラウンドでお目にかかるし、この夏、炎天下の篠崎でゴチになった冷たいジュース、美味しかった!…だからというワケではないんですが、いつもとっても表情が明るくて、優しい視線で、我が子だけでなく色々な選手の成長を見守っていらっしゃるお父さん。

聞けば、自分と同い年。でも、これまでの道程は、苦労知らずの自分にはわからない、様々なご苦労があったようです。
そんな経験から滲み出る言葉なんでしょうか。
子供達には、せっかく一度きりの人生、苦しく辛く生きるより、爆笑のの人生の方が、楽しいだろ?と、その心の持ち方を、教えていらっしゃるそうです。

その為に、できるなら、好きな事を一生の仕事に出来たらいい。
決して、おカネを追いかけてはいけない。おカネは生きる手段として必要だけど、それを目的にして不幸になった人を大勢見てこられたそうです。せいぜい好きな車が買えて、家族が人並みの生活が出来たら、それでイイじゃないか。

だから自分はオマエ達(子供)には、おカネや資産は何も残さない。その代わり、楽しい思い出を一杯残してやる。そう言って、家族全員ふと時間ができると、『よし、行こう!』とそれが土曜日の夜九時だろうと家族全員で、旅行に出かけられるのだそうです。
このお正月、ホントはお父さんは一番仕事が忙しい時なんだけど、マイナス30℃の世界へ、家族全員でオーロラを観に行かれるんだとか。

人と人とが、助け合う人生。何よりそう思うようになったきっかけは、10年程前に大病を患った時だったそうです。

傍から見て、なんとなく感じる優しさやエネルギーは、色々な苦労を苦労と思わずにご自分の力で明るく乗り越えてきたからこそ、滲み出るものなのかなぁ・・・。
そうですよね。生きていると嬉しい事、楽しい事、辛い事、苦しい事…
ホントに色々あるけど、同じ乗り越えるなら、明るく前向きに!

オレも見習わなくっちゃ!というワケで、楽しいお時間を、皆様本当にありがとうございました(^-^)v!

by tama1366 | 2007-11-29 11:57 | 生き方

人の話を聞くということ

皆さん、こんにちは!
あれ?ブログなのにヘンな書き出しだな…

実はとある趣味のクラブで広報の仕事してまして、23日に開かれたイベントの写真の編集やら原稿の作成やら…その間に仕事もちょっとはしなきゃいけません(笑)から、こちらの方がすっかりおろそかになってしまいました。

もっとも、気がついたらボン助は試験前。毎日家に帰ると、リビングで音楽ガンガンかけてナニやらお勉強…

『大変だな、お疲れさん…』

(・・?!んっ??なんだよ、山のように教科書積み重ねて、よく見りゃ読んでるのはワールドサッカーマガジンぢゃん!
バカタレ、紛らわしい事すんじゃねー(`ε´)…ってカンジ(笑)

この前、TRPで父兄の懇親会があって、コーチにも色々教えて戴きましたし、なかなかお話する機会のないお父さんお母さん達といろんな話をさせて頂いて、自分にとってはとても有意義な時間でした。

ボン助は人の話をよく聞かないんですよね。
実は学校でも家でもその傾向があって、おかげで自分自身が損をする事がしばしば。
この前も、国語の試験でいくつかの有名な詩を憶えて暗唱する課題を与えられたのですが、せっかく必死に憶えたまでは良かったんですけど、その試験を受ける以前に提出するレポートがあった事やその提出期限を聞きもらしていて、結局暗唱の試験も受けられず終いという有り様。

コーチにもその点を指摘されてしまいました。

うーーん…どうすれば直るんだろうか…

実はナニを隠そうそういう私自身も、どちらかと言うと人の話を聞くのも、話すのも苦手な方かもしれません。
話すよりキチンと聞くという方が難しい。それは私に限らず、一般にも言える事かもしれませんね。つまり、話し上手というのは、ホントは聞き上手というか…
相手の話を良く聞いて、聞くだけ聞いて、できるなら全部吐き出してもらって、相手がナニを求めているかをじっくり感じとり、最後にそのポイントを一つ二つ、簡潔に話す。
時にはバカになったり、自分をさらけだしたりしながら相手が話しやすいように、すんなり話題に入れるように…
仕事の世界ではそんな人にお目にかかると、聞き上手だなぁ…と思ってしまうのですが、子供はそんな事考えてませんよね(笑)

オヤジもそうだけど、失敗しながら学んで行くんでしょうかね。

次回は、先の懇親会ですごく印象に残った、とあるお父さんにうかがった話を書いてみたいと思っています。

by tama1366 | 2007-11-28 11:02 | 子育て

オヤジとATHLETA

本日は観戦オヤジとATHLETAの正しい関係について考えてみたいと思います。

例を挙げて考えてみましょう。

先ず初めに、グラウンドでよく見かけるパターン。
大体、子供が4年生くらいになると、そろそろオヤジもATHLETAに目覚めます。この頃、オヤジ達は四十の声を聞くお年頃。そろそろ腹もせり出して、コンビニでも思わずヘルシアとか買っちゃう、そう、そこのア・ナ・タ(・∀・)!
こういうオヤジがアスレタを着ると、大抵は胴回りがピッチピチ。
ところが、サッカー選手にデブは居ませんね。残念ながらATHLETAはその醜いメタボ腹を想定して作られていないのです。
というワケで、腹周りが窮屈な時点で既に×。
このテの貴方はATHLETAの前に、早速今日からスポセンのマシンで走りましょう!

続いての良くないパターン。
この前、自宅近くを歩いているとき見かけました。
オレと同世代と思われる中年の男性が、グレーの上下アスレタのジャージを身にまとっていらしゃいます。
(むむ…どっかで見かけた事のあるオヤジだな…)
よく観るとグラサンに黒の帽子を目深にかぶって、チャリでケータイ片手に誰かと話しながら犬のお散歩ですか…

これはいけません。残念ながらチョイ悪どころか、ただの極道ですね。どっかのヤーさんと間違われてヒットマンに撃たれても文句言えません(おっと、マジでそのスジの貴方にはATHLETAよりナイキあたりがお似合いですヨ)
という事でこの着こなしは論外の××。

最後に正しいATHLETAの着こなし方。
痩身で筋肉質、ピシッと伸びた背筋に、こざっぱりした短髪。選手の場合ボーズが望ましいですが、目つきの悪いオヤジは間違っても兇悪な雰囲気を出さぬよう、さわやかな髪型と笑顔を心がけましょう。
多少のハゲは剃っちゃえばわかりませんね。但しグラサンはいけません。眩しくても我慢しましょう。
そうそう、イイ歳こいて今風にパンツをズリ下げて裾を引きずってたり、眉毛を剃ったりもNG。

なにしろさわやかな着こなしを心がけて。
さぁ、これでオヤジもイメージアップ(^-^)v!早速レ●スタショップにLET‘S GO!!

by tama1366 | 2007-11-22 13:04 | 雑事

チクッ!

11月17日(土)、いやーーーーー、最近めっきり寒くなってきました。

この日は土曜日、ボン助は学校で参加は難しそうだけど、遅くなっても来い!と言われたらしいし、明日日曜日は珍しくOFFみたいだし…
あいにく仕事で少ししか観れないけど、ちょっとだけでも覗いてみるか!てなワケで行って参りました(^ω^)
場所は地域トレセンでお馴染みの青山1丁目、青山中学校Gです。

この13日にトレセンを見学にチョイと来たばかり。でも明るいうちに来るのは初めてかなぁ。

時刻は既に3時を回っていました。出先からタクシー飛ばして到着すると、初めに視界に飛び込んできたのは、TRP随一のウンチクオヤジ!1年生S太パパ!!お久しぶりですなぁ。
てことは、今日は1,2年合同ですか?見れば二年生はかなり少ないみたいですね。丁度試験の真っ最中という選手が多いようです。

相手はほとんど二年生のようですが、1年生主体のゲームは、やはり攻め込まれるシーンが多く、攻撃もイマイチ頼りないような…
続く二年生主体のゲーム、ボールは圧倒的にTRPが支配しますが、狭いグラウンドもあって相手のプレスも早く、フィニッシュでシュートが枠に行きません…。
おいおい、そう言えば今日のベンチは1年生のKコーチ。いつものNコーチやKコーチが居ないからって、オマエら、チト気持が入ってないんじゃないかい?特にイケメンFWヨー●イ!(笑)
CBを任されたDF●ミも到着草々ロクにアップもせず投入されたからでしょうか。不用意に相手FWに打たせてしまい、もったいない失点(>_<)。Kコーチに『もったいないよ!打たせんなよ!』とお叱りを受けていました。

どうしてもボン助のポジションに目がいく観戦オヤジ、今日は18番カ●ですね。なかなかイイんだけど、今日は狭いしちょっと持ちすぎかな。それでも圧倒的なボールキープ力とミドルを決めて結果出してたから、マル。

ちなみに夜、帰ってからボン助にカ●良かったヨ!と話してみると、
『ああ、そー言えば本人も自分で良かったって言ってたナ…でもさ、どーせ大した事ないミドルとか、決めただけじゃね?』

オヤジ『…ヽ(^o^;)ノ』
ハハハ・・・さっすが、長い付き合いだけありますな(^ω^)

ちなみにそのボン助、遅い!とさんざヒンシュク買いながら最後の1本、終了三分前に到着(笑)
三分だけ出場して本日のTMは終了…

けど、行ってよかったじゃん!
オヤジは駅の改札でイライラしながら待ってたんですけどね、アワ喰ってエスカレーター駆け上がってくる姿みて、ホッと一安心。

さてさて、いよいよ寒くなってシーズン到来!
皆、風邪ひかないように頑張ってね!!

by tama1366 | 2007-11-19 17:15 | 子育て

背筋を正せ!PART2

(つづき)
オヤジ:『たかが医者ぐらいでノーガキ言ってんじゃねーぞ!!ゴルァ!明日は明日。ガッコーは医者終ってから行きゃいいだろ!せむし男みたくなりてーか?お?』

ボン助:『オレは大丈夫って言ってるだろ。時間のムダ。そんなにオレが信じられませんか?』

オヤジ:『オマエが医者にでもなったら信じてやるよ。医学のことはお医者さんじゃなきゃわからん』

ボン助:『だから明日じゃなくてもいいだろ』

オヤジ:『再来週は試験前でどーせまた行かねぇだろ』

ボン助:『だからナニ?試験より明日の学校が大事なんです。それに別の整形外科だってイイだろ』

ぐっ…ごのやろぉぉぉぉぉぉおおおお!・・『ああ言えば上祐』たぁテメーの事だな。
もうめんどくさ。好きなようにしろ!学費も月謝もやらん!ヽ(*`Д´)ノ!

と思っていると、ガチャ!と玄関のドアが開いて帰ってきました(;゚Д゚)
この野郎…シカトして風呂入りましたね。

間もなく帰ってきた家内に事情を話すと、『ワタシなんか毎日そうなんだから…お父さん、まぁまぁ…とか言ってたけど、コレでわかったでしょ?』

うーん、確かに…(汗)
それからは家内とボン助が、行け!行かない!で激しいバトル…
終いに家内は目に涙を浮かべて、『ならもうあなたの身の回りのことは一切しないから勝手にしなさい!』

翌朝、家内は朝イチで病院へ。早く手続きしないと待たされるから、あとから来るように伝えて…と言い残して私より先に一人家を出ました。
いつもよりゆっくり起きたボン助、オヤジの出かけ際、『信濃町ってどうやって行くの?』
ふーーーー。やっと行く気になったか…

オヤジも心配で病院に行ってみることにしました。すると病院玄関に遠くを見つめる家内…
オヤジ:『どーした?』
家内:『まだ来ないのよ』
オヤジ:『( ゚曲゚)キィィィィィ』

病院内のスタバでお茶して待つ事30分。家内がこんな事を言いました。
『ワタシ考えたのよ。大人しく親の言う事を聞くばかりがイイ訳でもないものね…』
まぁ、それもそうかもね…
プラス志向の家内を持って、家族は幸せです。

ようやく到着したボン助、レントゲン撮って、いよいよ診察室へ。
レントゲンを見ると、かすかに背骨が歪んでいるよーな?でも、思ったほどではなく、先生も『この程度はよくある事で、側わん症とは言えないと思いますヨ』

オヤジ:『運動やってるんですけど、骨盤のズレとかボディバランス悪いのとか、影響ないですかね』

先生:『うーーーん、今のところ病気というほどでは…矯正治療の必要はないです。ご心配なら、念のため半年後にもう一度診察受けて下さればイイと思いますよ』

ボン助:『イイよ。大丈夫。もう来ねぇから』

オヤジ:『先生!ココ連れてくるまで大変だったんです!!必ず半年後に再診受けるように言って下さい!!』

ったく…カワイイ看護婦さんに笑われちまったぢゃねーかよ。

ふー。まあとりあえず一安心だけど、姿勢とかストレッチとか自分で気をつけないと。大人になって腰痛出るかもとか、先生、もうチョイ脅かしてほしかったんスけどね…

『ホレみろ』と言わんばかりに不機嫌そうなツラして一目散に学校に向かうボン助。

親の心、子知らず。親ってワリに合わない仕事です…

by tama1366 | 2007-11-15 09:24 | 子育て

背筋を正せ!PART1

少し前、学校の集団検診でボン助が校医の先生から言い渡されたのは…
『脊柱側わんの疑いあり』

(・・?!えっ??脊柱??側わん??

聞いた事ないその病名に、アワ喰って色々調べてみると、要は脊柱(背骨)がS字に湾曲する症状。多くは突発性で、思春期の女子に多く見られ、原因は不明で、椎間板ヘルニアや内臓疾患との因果関係も疑われているらしい…という事がわかってきました。
こりゃ大変だ。早速医者に行かなくちゃ。

ところが校医の先生に、『今のところは特に治療しなくても大丈夫』と言われたらしく、痛みなどの症状もないことから、本人にいくら言っても『メンドクセー(゚Д゚)』てな調子で病院に行こうとしません。学校休みたくないっていうのもあるみたいですね。

でも、父親も母親も医者に診せて意見を聞くまで納得できないのは当然。
何度、『行け』『行かない』でケンカになったかわかりませんでした。

仕方なく、最後は誕生日に乗じて買収工作。IPod買ってやるから行けよ!みたいな。
親として情けない…(-_-;)
やっとの事、オヤジの小遣いはたいて病院に行く事を納得させたのまでは良かったんですが、そこからが又大変でした。

第二月曜日、KO病院に脊柱専門外来があることを知り、12日(月)、丁度この日は文化祭の後片付けで授業もないとの事だったので、前もって担任の先生にも事情をお話しておきました。

ところがです。病院に行く前日、ボン助からメールが来ます。
ボン助:『今日も●●のうち泊まるから』
オヤジ:『バカタレ。明日は朝早く医者だから今日は帰ってこい!』
ボン助:『明後日いくわ』
オヤジ:『明日じゃなきゃお医者さんが居ないんだよ』
ボン助:『じゃ、再来週でいいだろ。明日はどうしてもダメなの。医者は明日じゃなくていいだろ』
オヤジ:『ならIPodどころかTRPも学校も辞めてもらう』
ボン助:『そんな権利ない』
オヤジ:『権利とかじゃない。子供の健康と安全を第一に考えるのが親だろ。オマエ簡単に考えてるみたいだけど、すごく危険な症状なんだゾ。サッカー出来なくなる危険性だってあるんだからな。』
ボン助:『断わる。心配はありがたいがオレが決める』

ぐぉぉぉぉぉぉぉおおおおおーーーーーー!ナマ(生意気)言ってんじゃねーぞ!(`゚д゚´)コルァァ!!

激しい親子のメールバトルはまだまだ続きます!(つづく)

by tama1366 | 2007-11-14 09:56 | 子育て

BAY DR●AM CUP 優勝!!

11月10日、11日の両日、ボン助の通うSFCでは、恒例の文化祭が開催されました。
オヤジも学校での様子を一目見ようと、11日にちょっとだけ学校観戦。
クラスの催しを見ましたが、笑顔が絶えず、とても楽しそうで一安心…

毎年多くの来場者で賑わう文化祭ですが、中でも人気の高い『ダンス部』によるショーを見せて戴くことにしました。
いやーーーーコレはなにしろスゴかった。高等部女子ダンス部員の皆さんの踊りは、マジでプロ並。その見事なパフォーマンスに、オヤジは目がテン…(゚Д゚)
思わず自慢のカメラでその様子を撮影したかったんですけどね、なにしろスケベそーーーーなオヤジの事、チカンとか盗撮に間違われてもいけないんで、やめときました(^ω^)

実はオヤジの高校、大学の同級生Aのセガレも、同じSFCの高等部に通っています。Aの結婚式では、このオヤジが二次会を仕切った仲でした。そんな彼と、ボン助の中高一緒に行われる入学式の時、保護者席でバッタリ…
お互いこんなトコで、しかも『若き血』歌ってるなんてサ、なんとも不思議というか、裏切りモノだよなぁ…(´Д`;)

そのAと久々に文化祭で一緒に茶でも飲もうか!てな話になっていました。入学式以来だね!

Aは幼少の頃からアイスホッケーに親しみ、高校時代は国体選手。大学もホッケー部で活躍したバリバリの体育会系。二人の息子も同じホッケー選手だそうです。
ボン助がキンダーの頃、TRPにとっても上手い●ズ君という同級生が居ました。その後ホッケーに転向してTRPは止めてしまったのですが、その●ズ君とAの息子が、今同じクラブでホッケーやってるっていうのも、コレまた恐ろしい偶然・・・

『ホッケーはサッカーと違ってサ、やるヤツが少ないから、ちょっと頑張ればそこそこイイ線いけるんだよ』なんて言ってましたけど、やっぱりセガレ(身長190センチ!!)が可愛くて仕方ないんだよねー。

そう言うとAは『可愛いってのはもうチョイ小さい時だな。最近はナマイキばっかりコキやがって、どっちかってーと憎たらしいゼ!』なんて、学生時代と少しも変りなく頭ボリボリ掻きながら言ってました(笑)

ドコも一緒だね。ウチも生意気盛りでサ、時々首でも絞めたろーか?くらい(笑)

楽しい時間もアッという間に過ぎて、帰り道、そういえば今日のTRP軍団は千葉で招待試合だったことを思い出しました。観たかったなぁ。

掲示版を見ると、準決勝はこの前ボン助がやったウ●ングスにPK勝ち、決勝は、今年ユースがサハラカップ全国大会出場を決めたあの●葉SCに勝って、見事優勝!!
大会優秀選手は、この日ハットの大活躍FW●ージ!そして大会優秀GKには、最近成長著しいケ●ゴ!準決勝では何と、PK三本も止めたんだ!
皆頑張りました!!おめでとう!!

コレを励みに、新人戦4次リーグでの益々の活躍を期待します!!

by tama1366 | 2007-11-12 13:05 | 観戦記

良心を持たない人たち

毎度突然ですが、大人のための心理学ネタです。

朝のテレビで、何処かの獣医師が、『患者』として連れてこられるペット達を、病気を治すどころか次々虐待し殺傷して、その動物病院を訪れた飼い主から100件もの訴訟を起こされているという話を聞きました。

私はこの話を聞いて、少し前に読んだ本を思い出しました。
『良心を持たない人たち』はアメリカのマーサ・スタウトという心理セラピストが書いた本です。
その本の中に、サイコパス=良心を持たない人(日本では、『反社会性人格障害』と訳されるようです)の例として、アメリカのとある精神病院に勤務する女性セラピストが登場します。

魅力的な外見を持った彼女は、ある病院に10年以上勤めて患者を診てきましたが、その本当の素顔は、治りかけた患者を精神的に打ちのめして重症患者に仕立て、それを優秀な同僚のせいに見せかけて陥れ、自分の立場を利用して次々と患者や同僚を騙し、自分に都合良く操り利用するという、信じられないものでした。
先の獣医師の話と、ちょっとかぶるような…?

そんな邪悪な素顔を持つ彼女が何故、10年間もそうと気付かれず、優秀なセラピストとして同じ病院に勤務し続ける事が出来たのか…不思議でなりませんが、いわゆるサイコパスは、『羊たちの沈黙』に登場するレクター博士のような兇悪な殺人犯はむしろ稀であり、多くはどこにでも居る普通の人の中に紛れ、『犯罪』にならない『精神的暴力』をふるい、刑務所に入ることなく生き延びているといいます。

多くはレクター博士のような不気味な外見を持っているワケではなく、むしろ魅力的な笑顔や巧みな話術でカリスマ性を持ち、自分を特別いい人間で、やさしく、責任感があり、時にはかわいそうなほど良く働くと見せかけるそうです。
ちなみに前述のセラピストの場合、人事権限を持つ上司を予め誘惑する事で、事実の発覚を妨げるという狡猾ぶりでした。

良心の欠如は、他者や社会に対して愛情や愛着を持てないという特殊な人格の歪みに起因するようですが、そういう人が作り出される原因はまだ完全には解明されていないようです。
ただ、恐らく先天的、後天的両方の側面があり、脳の機能の一部に障害があるらしいことは解ってきたようです。
日本を含む東アジアには比較的少ないと書いてありましたが、アメリカでは実に100に4人(4%!!)もそうした困った人達が居るといいます。

彼らは『自分より下』の人間は相手にしないそうです。自分にないものを持つ『誰か』に、特に恨みがあるわけでもなく、ただ何かを『奪う』ためだけに、優しく同情心を煽り、ウソをついて騙し操り、目的のものを手に入れるゲームを仕掛けます。
犠牲になるのは、優しくて情に厚くて、何かあっても、自分に問題があったのではないかと考えるような、善良な人。
困った事に、先に書いたようにサイコパスの『演技』を見分けるのはとても困難で、運悪くターゲットにされた善良な人は、多くの場合、そうと知らぬまま騙され搾取され、計り知れないほどの精神的ダメージを被るようです。

著者はセラピストとして、サイコパスに心傷つけられた多くの人達を診た経験からこの本を書いたようですが、残念ながら世の中には、そうした特殊な人が確実に、しかも少なからず存在する事、その見分け方や対処のためのルールについて解説しています。
全部は説明できませんが、この本の中には、他にも地域の名士として名高い高校の校長先生や、最後は社長にまで上り詰めた有能なビジネスマンなどの例も紹介されています。
そうした『権威』に惑わされない事や、多くの場合『泣き落とし』=同情を煽る行為が何より要注意であることと、気付いたら、それを治そうとか同情したりせず、とにかく遠ざかる事だと書いてありました。

恐い話ですが、『天網恢々(かいかい)粗にして漏らさず』という老子の言葉は我が国でもよく使われます。神様がこの世に張り巡らした網の目は、一見粗くてややもすると悪事を見逃してしまいそうだが、実は決して悪人を見逃さないもの…というような意味でしょうか。
この本の中でも、サイコパスは、多くの場合哀れな末路をたどりがちであると結んでいるのが、せめてもの救いでした。

ウソはいけないけど、ウソをつく人って、結構いますよね。
その中には相手のためを思うウソもあるし、多くは良心の呵責に耐えながらのものだと思います。だからそんな人達すべてを、そういう風に疑ってかかるのは、偏った考え方になってしまう。
けど、もしも繰り返し、ウソや同情を煽る行為を一人の人の中に見かけたら、中にはそんなケースもあり得るという事を、知っておいても良いのかもしれません。

by tama1366 | 2007-11-08 10:44 | 雑事

旅の甲斐あって…

11月4日(日)。さわやかに晴れわたった、連休二日目!
ボン助もオヤジも、いつも土曜日は『出勤』なので、土曜日の休日は結構嬉しいんですよね。

さて、本日オヤジはお昼までにヤボ用で品川に行かなければなりません!
本日の会場は千葉の稲毛海岸。こりゃまたちょっとした『旅』ですなぁ。ちと観戦は無理か…とも思ったんですが、10時キックオフとして、1試合だけならなんとか見れそうか…よし!行くべ!
とばかりに、泣き叫ぶ娘を振り切って(笑)、8時半に自宅を出発。

京葉線は何故かぎゅーぎゅー(゚Д゚) なんで?
そうか、ディズニーランドのお客さんか…と、思ったんですけどね!
舞浜過ぎても何故か混んでます(汗)そう、ただ今幕張メッセにて開催中の東京モーターショーが原因だったんですね。海浜幕張駅で乗客はゴッソリ降りてゆきましたが、会場は相当混んでるんだろうなぁ。

無理して来たこんな時に限って、神様も応援してくれるもんです。
稲毛海岸駅からチト道に迷って遅れてしまいましたが、グラウンドに到着すると、なんとボン助中央で頑張って身体はってます!!コレ、4分の1の確率(笑)
本日の会場は、地元の中学校。ピッチコンディションはイマイチですが、贅沢は言ってられません。でも横幅がちょっと狭い感じかなぁ。

1試合目のお相手は緑のユニフォーム。あの緑の軍団、ヴェルディにそっくりだけど、よく見るとウ●ングスと書いてあるようです。
失礼ですが東京ではないので、よく存じませんでしたが、試合を見ればボールさばきはなかなかのもの!

私が到着してすぐ、なんと相手にPKを献上した様子・・・
これを決められ、その後の攻撃もなかなか並に乗れない我がTRP軍団。
でも、このハーフ残り5分くらいだったかな。中盤のボン助がワンタッチのパス&ゴーからDFを引き付け、同じくワンタッチでフリーの右サイドにオフサイドぎりチョンのタイミングでボールを供給。

この右サイドから鋭角の折り返しを逆サイドに走りこんできたFWワ●イがフリーでシュート!!決まりました。これぞボールも選手も良く動くTRPサッカーのお手本のような得点!!
ボン助、親バカですけど、ナイス組み立て!!(^ω^)

この後後半もフル出場のボン助、相変わらず決して目立ちはしないながら(笑)相手の嫌がる守備や、機を見たサイドチェンジなど、この試合は、まぁまぁの働きだったかな。
ハーフタイムを計算に入れてませんでした。ヤ、ヤバイ!遅刻だ!!
終了の笛とともにアワ喰ってGを後にする観戦オヤジ(汗)
でもまぁ、今日は1試合だけでも見に来た甲斐がありましたなぁ~
(^ω^)


さて、前日我がTRPユースはJユースカップの関東予選、準決勝で、残念ながら宿敵横●に惜敗してしまったんですよね…

Jユースサハラカップ本戦への出場権を賭けた、高校三年生にとって最後のこの闘い…結果は残念だったけど、キャプテンM君の掲示版へのカキコを読んで、思わずエールを送りたくなりました。

去年、念願のJユースカップ本戦出場を果たした我がTRP軍団。その結果を出した事は素晴らしかったし、目標に届かなかった今年、M君はとっても悔しそうだったけど、この心からの悔しさを味わう事ができた事も、きっと皆さんにとって、これからの励みになりますよね。
何より、チーム皆で同じ目標にむかって走り続ける中で、家族のように大切な仲間が出来た事、そしてチームの全員を信じて最後までTRPらしいサッカーが出来た事は、きっと忘れることのない、かけがえのない財産。
そんなTRPに、サッカーに出会えた皆さんがオヤジは羨ましい!

ひとまず闘いは終ったけど、なーに、人生はまだまだこれからじゃ!
皆さん、これからそれぞれ新たな目標にむかって、体に気をつけて頑張って下さいね(^-^)v!

by tama1366 | 2007-11-05 17:22 | 観戦記

ナイター観戦(つづき)

グラウンドに出ると、あれ?誰も居ないハズのスタンドに一人、オレより先にズーズーしいオヤジ…じゃなかった!シブいグレーのスーツに身を固めた紳士が…

おーーーー!誰かと思えば!いつものKさん(・∀・)ノ
あんまりビシッとしてて、誰かと思いましたヨ(汗)
そーいえばいつもはお互い、こぎたないジャージ姿っスもんね(・∀・)!

え? 一緒にするなって?( ̄▽ ̄;)!!ガーン


とき既に二本目も終盤、おっと、いきなり中盤のスーパーパサー、F君が倒された!なかなか起き上がれません…ちょっと傷んだかな…大きなケガでなければいいけど…

間もなくそのハーフ終了、ボン助はピッチに居ませんね。
お?出て来た!どうやら本日は一人一本。この日三本目、ボン助いよいよ出番です。

トップはこのところ絶好調のFW●ージ。ゴールの香りが漂いはじめた開始5分、相手パスミスをカットしたボールが●ージの足元へ…
ハーフラインをちょっと越えたくらいの遠い位置でしたが、相手キーパーが出ていました。FW●ージ、迷う事なく右足を大きく振りぬきます。

大きく放物線を描くボールは、あわてて戻るキーパーの指先をかすめてゴール逆すみに吸い込まれました。ナイス!ロングシュート!!

まぁTRPらしいゴールとは言えないけど、この迷い無くゴールを目指すトコロが、彼の持ち味!

ボン助君は一つだけイイ動きを見せました。味方左SBがボールを押えたところで相手の動きが止まったところを見逃さず、左に流れて全力でライン際をタテに突破、ノーマークで相手DFは完全に固まってましたから、オフサイドぎりぎりのタイミングでボールを前に落としてくれたら、絶好のチャンスになるハズ…だったんですけど…
生憎パスが来ませんでした・・(-_-;)

今週は日曜日夜からレンチャンでサッカー。寝不足と疲れが出てくる頃かなぁ。
実は最近、学校検診でちょっとした身体の異常が発見されました。
ただ、現在のところ加療の必要なしと医師に言われたため、病院の診察を薦めても、頑として行こうとしない・・・

日頃は憎たらしいガキでも、いざとなると、あれこれ心配するのが親心…

おっと、話がそれました。
ズースーしいオヤジ軍団は、4本目までしっかり観戦。

周囲が静かだったからか、この日はゲーム中、ベンチからのコーチの声が良く聞こえました。
ド素人の自分には、とてもハイレベルな意識を各選手は求められているように感じたけど、良く考えるとその指示一つ一つに、TRPの目指すサッカーがある事が、なんとなくわかってきました。
それから、この日嬉しかったのは、久々の猪突猛進、T君の復帰。変わらず元気一杯のプレーを見せてくれました。本日の収穫。

4本目は中盤の守備の意識と、前線がオフザボールでパスを引き出すような動きの意識…がちょっと頼りなかったよーな?
ちと危ないシーンが何度かありましたが、全体に相手シュートの精度なく助かりました。

本日のTM、0-0、2-1、1-0、0-0という結果、みんな、栄養や休息もしっかりとって、勉強にサッカーに、バランス良く頑張ろう!

by tama1366 | 2007-11-02 09:21 | 観戦記