人気ブログランキング |

<   2007年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

番外編 全日本7ブロック予選 準々決勝!!

4月28日(土)。私は土曜日は大抵仕事…(;o;)
ボン助は学校がありますので、本日午後のTMは遅れて参加の予定。今日はたしか鹿浜橋だったかな…
そっちは行けそうにもないけど、そうだ!\(^o^)/
たしか今日はスポセンでジュニア6年生が全日本の予選だ!丁度お昼の時間みたいだから、昼休みつぶして観戦行っちゃおう!てなわけで行って参りました(笑)

さすがに二学年下の代、選手はもちろん、父兄の皆さんも知らないし…誰にも会わないだろうな…と思っていたら、なんと!
グラウンドに到着するやいなや『こんちはー(^-^)v』と元気に声をかけて下さったのは、JY1年生、S太のお父さんではないですか!
お互い、息子が出てるわけでもないのに好きですなぁと云わんばかりに、顔を見合わせて
ニヤッ(^v^)

そういえばS太、昨日風呂入りながら『ジュニアサッカーを応援しよう』という雑誌を読んでいたら、でかでか顔写真が出ててビックリ!
『見ましたよー』って言ったら、お父さん『いやー(照れ)』みたいな。
ちげーよ。息子だっつーの(笑)

ピッチは当に試合開始直前、見渡すと見慣れないユニフォーム…おー!
カッコいいチームユニフォームを新調したようですね。それにしても25番、ガッチリしてデカイです。パッと見だけならJY二年でも通用しそうです。
S太パパが色々解説してくれました。あの子が東京トレセンだとか、あの子は5年でレギュラーだとか、あの子は●●チームから移籍してきたとか、ベンチに居た見知らぬイケメンコーチはユースから今年コーチになったのだとか…
(・_・)ふむふむ…それにしてもS太パパ、詳しすぎじゃね(・・?!
オレも相当好きモンだと思ってたけど、なーにまだまだ(汗)
あんたが大将!ヽ(^o^;)ノ なんちゃって(笑)

試合は開始わずか30秒でトリプがゴォーーール!!なんだか大量得点の予感?試合は終始一貫トリプが責め、相手が守る展開です。さすが予選もこの辺りまでくると、敵もさるもの。相手はキーパーはじめ、DF陣のゴール前をガッチリ固めた守りで、その後はなかなかゴールを割らせてくれません。ハーフコートじゃ狭すぎてイマイチ実力が出し切れなかったのかな…

改めて中学生年代のサッカーと比べると、あたりの激しさ、スピードはもちろんですが、オフザボールの動きの質、運動量が全然違うんですね。個々の技術は二年前のチームより若干上か?と思ったけど、全対的にはこんなカンジのサッカーだったっけなぁと懐かしく思い出しました。
二点リードでハーフタイム。ベンチでEコーチのゲキが飛びます。それを真剣に聞く選手達…その一途で純粋な眼差しに、ボン助にもこんな頃があったなぁと、懐かしくてなんだか感激(;_;)

結果2-0で勝利!必死で戦った選手も、ベンチで見守ったサブの選手も、恐らく見守る親達も…絶対負けられん!くらい思っているはずです。自分達もそうでした。確かにココはまだまだ通過点。でもココでの勝敗なんて、長い目でみたら…

今年、トリプユースは悲願の全国に行きました。そのレギュラー選手のうち8名がジュニアユース出身だったそうですが、JY時代、レギュラーとして試合に出ていたのは、わずか1名。それ以外の選手はJY時代、サブかサブにも入れなかったそうです。
大切なのは、目標と意識を持って続けてゆくこと。今日ベンチの選手も含め、これからどう成長するか、楽しみです。
みんな、頑張ってほしいなぁ(^-^)v!

S太パパ、(まさか読んでいらっしゃらないとは思いますが)おかげ様で楽しい観戦タイム、ありがとうございました!

by tama1366 | 2007-04-28 16:55 | 観戦記

U-14地域トレセン‘07


昨日より本年度の地域トレセンが始動です。
ボン助、幸い今年もお誘い戴けた模様です。我がクラブでのトレーニングも十分ハイレベルだと思うのですが、他チームの選手とふれあうことができ、しかも個々の技術の高い中でもまれる環境は、本人のためを思えば本当に幸せなこと。

我がクラブから今年、3名が地域から東京トレセンに推薦されたようです。それはとても喜ばしいことなのですが、私個人的にちょっとだけ問題(笑)なのは、その内二名が、なんとボランチ!!
そう、チームでボン助とポジションがかぶるのです(汗)

仮にダブルボランチのシステムだとしても、この二名が抜きん出ているとするなら、チームではボン助出番なし!の可能性大か…
他にも1、2名、チームのこのポジションには、とても良い選手が居ます。

最近のTMや試合を観ていても、この二名はそれぞれにコレという特色を持った選手。ボン助にはコレ!というものがどうもイマイチ…

昔からボン助、ライバル意識を剥き出しに頑張るとか全然なかったんですね。『まぁ、いっか!』みたいな感じで、良く言えばマイペースでした。

ところが最近、『復活!』という言葉を二度ほど本人の口から聞きました。
一度目は先の横●戦、そして先日の川●戦。

この日のトレセンも、『オレ、早く行くから。オレ、変わるから…』とワケのわからない独り言を言いながらそそくさと出掛けていったようです。
仲間の飛躍が良い刺激になっているのかもしれません。

生憎トレーニングの始まる頃から冷たい雨の降り始めたこの日、そんなボン助のトレセンでの様子をちょっと覗いてみる事にしました。
オレも好きだなぁ(^v^)

狭いコートに大勢入ってのミニゲーム。全体を3チームに分けて、失点すると交代!というシステムのようです。
コートが狭く人数が多い分、プレスも早くスペースも無い状況で、一人が持ち続ける事は不可能。素早い判断と正確なパス回しが求められます。
負ければ冷たい雨の中、仲間のプレーをじっと見ていなければならないけど、勝ち続ければやり放題(笑)というわけですね。

ゲームは皆スピードがあって、瞬く間に攻守が切り替わり、一瞬でも目の離せないような展開。コーチ皆さんも全員入って要所でサビを効かせて下さいます。これは面白い!!
ボン助チーム、最後の方は運良く勝ち続けていました。ボン助もなかなかの運動量で臆する事なくプレスをかけ、或いはボールを奪った途端、一人かわしてパスを出しそれをもらいに走る…きれいなワンツーから縦に突破、正確な折り返しでナイスアシスト!なんて場面もあり、オヤジは結構楽しませてもらいました(笑)

言葉だけでなく、プレーにもほんの少しだけど『意識』を感じる事が出来て、今日は生憎の雨だったけど、来てよかったなぁ(o^v^o)

自分との闘い、マイペースで頑張れよ。

by tama1366 | 2007-04-25 11:04 | 観戦記

VS 川●フロ●ターレU-14!!

4月22日(日)。ココは川崎市立●高等学校グラウンド!
この日は朝から強風吹き荒れ、夕方までお天気が持つか心配しましたが、どうやら神様は私の願いを聞き届けて下さいました(笑)

本日のお相手はJクラブ。やる前から強いのは解っているだけに、我がトリプ軍団がどこまで頑張れるのか、楽しみにしていました。

一本目。ボン助は控えです。相手選手、大きい子もいますが小さい子もいますね。全員身体が強く、プレー一つ一つに闘う気持が漲っています。
対する我が軍団も、今日の立ち上がりはGOOD。不用意に相手にチャンスを与える事なく、攻撃陣も早いパス回しで相手を翻弄します。
最近のトリプ軍団、実は4トップ!!の2バックスタイル。チョー攻撃的布陣です。

ほぼ互角…或いはトップの攻撃の厚みで我がトリプ軍団が若干上回るかと思われる展開の中、17分位だったと思います。早い攻撃で相手DF陣を崩して、このところ絶好調の高速FWダ●チが先制ゴォール!!
その後も相手の一瞬のスキをついてやはりダ●チが1点を追加。危ないシーンもほとんど無く、このハーフは2-0の完勝!!
このメンバー、(・∀・)イイ!

次いで二本目、ほぼ総入れ替えでボン助出場。一本目とは打って変わって攻め込まれる展開…最終ラインの踏ん張りも効かず、最後の方は気持も切れたように立て続けに得点を献上して、このハーフは0-4で完敗…
うーん…ナニが違うんだろ…

三本目。ほぼ一本目のメンバーにボン助が加わります。二本目のかなりハードな上がり下がりで続けての出場。ヘロヘロにならなきゃいいけど…と思っていたら、さっすがオヤジ殿。悪い予感的中(;;)
おまけに相手トイメンにユニフォームの首根っこつかまれグルグル回され転倒…しっかしすげー腕力だなぁ(-_-;)
わずか10分で交代を告げられてしまいました…
このハーフは2-0で勝利、最後のハーフは0-2という結果でした。

少し前、コーチに『最近、なんとなくだけど、元気がないように見えるのですが…何かありましたか?』と聞かれた事がありました。
普段の生活からは全然思い当たらなくて、気持の入らないプレーばっかりだからなぁ…なんて思っていたんですけど、今日、ちょっとその理由が判明。
ファーストタッチの大切さ、トラップで落とす位置、その後のプレー等について、厳しく言われた事を本人なりにすごく意識しているようです。
この日、『ナイスボール』とベンチから声のかかったパスがありました。
『褒めてもらったのは、前に叱られたファーストタッチが出来ていたからだと思う…ボールもらう時、けっこー緊張するんだよ』という話。
一つ一つのプレーを意識する事はとても良いことだけど、その根っこに、もしかするとちょっと萎縮している部分があるのかもしれないな…と。
たぶん褒められたいとか、叱られたくないとかいうレベルです。下らないプライドを持っているなーとは思ってはいたけど…

大切なのは、自分がどうしたいとか、そのために何が足りないか、どう評価されるかより、自分の意思を持って行動してゆくことですよね。
コーチや人の意見に素直に耳を傾けることは重要だけど、集中すべきは『どう評価されるか』ではなく、自分自身で考え目指すものどう近づくか、TMの中でそれがどの程度出来たかでなくてはなりません。

そう言えば前回、私自身も無意識に人目を意識しているという事を書きました。やはりこの親にしてこの子ありか…(;^_^A

『分厚い壁があるわね…』久々に観戦した家内の言葉が重かった、砂埃にまみれた日曜日でした。

by tama1366 | 2007-04-23 11:38 | 観戦記

人生案内


我が家は読売新聞です。子供の頃からずっとそうでした。
高校生くらいの頃から、何故か欠かさず読んでいるのが、家庭欄の『人生案内』(笑)

あー、世の中には本当に様々な悩みを持っている人がいるものだなぁと、自分のささやかな悩みがひどくちっぽけに感じられるし、回答者の方の、短い中にも心のこもったアドバイスにいつも感心させられます。

何日か前の人生案内の回等の中に、自分の想いを『書く』ことで随分気持が楽になるというくだりがありました。
思い起こせば、私がコレを書き始めたのも、たぶんそんな理由であったような気がします。

私は歩きながら、電車に乗りながら色々な事を考え、原稿を書いては、暇を見てこのブログ上にUPしています。
実は最近、原稿は書いたのだけど、UPせずにボツにしてしまうものが少なくありません。

初めの頃は、どうせ誰も読まないのだからと何も気にせずに、子供を見ていて歯痒い気持(笑)をココにぶつけていた気がします。
最近は、ふとガラにもなく読んで下さっている皆さんの目を『意識』している自分がいます。
あーいかんいかん。ココは僕のお城ダッ(笑)好きな事を好きなように書こう!!
でもなぁ…なんて(笑)

同じように子育てに悩んだり、或いは同じように身近にサッカーがある方々に、聞いて欲しいのかもしれないと思います。

たまーに他所様と比較して不満を漏らす子供には、『ウチはウチだ!』などと偉そうな事を言っていますが、本当は自分の子育て、子供の見守り方に…いつまで経っても自信が持てないんだろうと思います。

雨でフィジカルトレが中止になった事に、『ラッキー\(^o^)/』と喜んでいるボン助をみて、   『違うだろ…(-_-;)』と、思うのですが…

まぁ、オレでもそうかもな! f(^_^)なんて、結局何も言えず終い。
そういえば、ゲームデー(ミニゲーム練習中心の日)は目をキラキラさせながら帰ってきたっけと思い出しては、ちょっとホッとしたり。

週末は雨の予報だったけど…グラウンドが土じゃなければいいなぁ。ヘタすると中止になっちゃうから。
神様、どうか私の楽しみを奪わないで下さいネ(^-^)v

by tama1366 | 2007-04-21 17:08 | 生き方

2年生!

11日からボン助の学校生活が始まりました。

この1年で、丁度10センチ身長が伸びたようです。脈拍と血圧の検査で、『ずっと前から何かスポーツやってたの?』と聞かれたとか。
その先生によると、同世代に比べ血圧が若干低めで脈拍が少なめなのだそうです。少しはサッカー選手らしく、持久系の心臓になってきたのでしょうか…?

SFCは毎年クラス替えがあります。新しい仲間達(*^^*)
そして新しい担任の先生。各クラス二人担任(男女のペア)ですが、男性のP先生は、なんとイギリス人の先生!しかも英語しか話さない?とか…(・・;)
女性の先生は落ち着いた雰囲気の国語のベテランの先生のようです。
英語はからきしダメだし、そうでなくても面倒くさがりのボン助、話せない英語を使ってまでネイティブスピーカーの先生とコミュニケーションをとるなんて、できないというか…しねぇな、絶対(笑)
女性の先生も、ボン助自ら話し掛けたりしなさそうだし…

そうでなくとも、難しい年頃です。先生とキチンとコミュニケーションがとれるかどうか、オヤジはちょっと不安。

土曜日に行われた保護者会。そういうのは、いつも家内にお任せです。
もしかして、いきなり英語でチンプンカンプン?( ̄○ ̄;)!

英語は×(笑)の家内は心配しながら学校へ行きましたが、女性の先生が日本語でお話をしてくれたそうで、一安心…

P先生は日本に8年、実は日本語はペラペラのようですが、一言『コドモタチトノメンダンハ…エイゴデハナシマ~ス』との事。

英語が苦手なボン助、少しは鍛えて戴けたら良いですねo(^o^)o

by tama1366 | 2007-04-16 09:46 | 学校

親心子知らず…


今日はちょっと愚痴らせて頂きます。

最近、親の言う事なんて何処吹く風…全然言う事を聞きません。
母親が小言のひとつも言おうものなら、生意気な口答え。
勉強はロクにしない、サッカーも全体練習以外は何もしない…

グランマや大ママに戴いた小遣いでPSPとウイニングイレブン10を買い込みました。そうでなくとも視力が悪いし、勉強や自主トレだってやらなくては、置いていかれるばかりだし…
ゲームは週に1回にしなさいと母親に言われましたが、やれ週に4回はいいだろうとか、学校やサッカーに持っていって移動の時間に友達と対戦するとか…話し合いは平行線。

週の予定表を作成して、この時間はゲームをやっていいだろうと母親を説得にかかりましたが、母親が譲らない事に腹を立てて、終いには逆ギレしたようですヽ(`Д´)ノウワァァン!!


母親曰く、反対されようと何しようと勝手にやろうと思えば出来るはずだけど、そうせずに自分から親に許しを得てからやろうとするところは、彼の良いところかもしれない…と。
夫婦って長い間に似てくるっていうけど、キミも結構、親バカ?(・∀・)

そんな折、今年度の学費の納付書が学校から届きました。

家内が僕の通帳と印鑑を持って銀行に行っても、本人じゃないとダメ!なんですね、今は。なんだか不便な世の中だなぁ。
仕方ない。自分で行くかと納付書をシゲシゲと眺めてみると…

んーーーっ??こんなに高いの?桁一つ間違ってないかい?(・・;)
受験前は合格したら学費くらいいくらでも出してやるわいと息巻いていたオヤジですが、喉元過ぎれば、ケ●の穴の小さいこと…f(^_^)
しっかし高っけーなぁ…大人しくオレの後輩になってりゃいいものを…
留年なんざしたら張っ倒す!!あれ?

ふと、加藤諦三さんの著書に書いてあったことを思い出しました。

わが子に感謝や育てた事への見返りを強いる親は、最低だそうです。
子の甘えを激しく非難する親は、自分自身の中に甘えの抑圧がある事に気付いていない…とも。

という訳で、当り障りのないココで憂さ晴らしです。
ったく、ちっとは親の言う事聞かんかい!ヽ(*`Д´)ノゴルァ!

by tama1366 | 2007-04-13 18:09 | 子育て

TM VS横●武蔵●!!

『オレの復活劇、見に来られると集中できないんだよね…』

シカトしました(^^)/
そういえば今日は新二年生の前に、新一年生もTMがあるという話を思い出して、少し早めに行ってみることにしました。

前回来た時も想ったけど、ここ三鷹駅から数分の横●のホームグラウンドは、本当に素晴らしい環境。グラウンドの周囲を彩る桜は未だ花びらを残していて、グラウンドの緑の前に、とても美しい春らんまんの景色です。去年ココにきたのは、たしか初夏だったなぁ。

到着してまず驚いた!のは、1年生父兄のギャラリーの多いこと!!
中にはジュニア時代から顔見知りのお父さんお母さんもたくさん。相変わらずピッチサイドで熱いウンチク合戦を繰り広げています(笑)

『相変わらず、応援が熱いっすね!』と顔見知りのお父さんに話しかけると、『あーみんな、病気だから!(^v^)』とおっしゃっていました。
わかるわかる。オレもビョーキですから\(^o^)/

気楽に1年生のゲームを観戦させてもらっている間に日も暮れはじめ、いよいよ2年生の試合です。

オヤジの目つきが変わりました(笑)
1本目。いつもの場所にボン助居ないなーと思っていたら、センターバック?
相手1トップのFWに引っ張られてちょっと引きすぎの感じ。慣れないポジションでちょっとビビッてんのかなぁ。
15分。中盤のセンタリングに飛び出したFWの前に体を入れ、キーパーのキャッチを待つボン助。
あっちゃー・・・(>.<)なんと、キーパーとボン助が接触してしまいました。
こぼれたボールを楽々ゴールに流し込まれて1失点…
ちなみに、家に帰って本人に聞いたところ、このミスには『終った・・・』と思ったそうです
(;>ω<)/ひぃ~

未だ残っていた1年生父兄も『あれ?!●●ちゃん!!』とオヤジの顔を覗きこまれてしまったヽ(`Д´)ノ!!
気のせいか、ヒジの痛みが増したような。

うーん、きちんと声掛け合ってないからだよ。クリアなのかキャッチなのかしっかり確認しないと。
ゲーム自体はどちらかといえば押している展開。しかし決定力不足というより、組織でのしっかりした守備をなかなか崩せない感じです。サイド攻撃をことごとく封じ込められ、FWはほとんどボールを触ってなかったんじゃないかなぁ。
こちらも同じように崩された局面はほとんどなくて、先のボン助のミスと、もう一つ最終ラインの下らないミスで相手にボールを奪われた失点で、このハーフ2失点…

全体に、恐がってリスクを犯さない感じに見えました。相手が皆キープが上手いし、FWもしっかり守備してたから仕方ないのかもしれないけど、攻撃の時はもっと全員で素早く押し上げて、後ろからも積極的に攻撃参加とか、TMなんだからチャレンジしてほしかったかな。
あーあ、これで本日の出番は終了かぁと思いきや、30分二本のあと、15分が二本。その最後に、ボン助、再び出番を戴きました(涙)

先ほどのド!ミスを帳消しにしようと、必死に中盤の底でボールにくらいつくボン助。気持ちは入っているように見えました。
しかし守備はまあまあとしても決定的な仕事の出来ないまま10分、相手と交錯した際にモモカンくらってなかなか起き上がれません。
大事をとって交代。はぁー。ミスを取り返すまでには至らなかったですね…

このゲーム、普段のSBではなくFWで起用されたダ●チ君の動きが良かったなぁ。得意の左に開いてボールを受け、突破して放ったシュートは惜しくもバーの上だったけど、あのプレーは目に焼きついた!!

観戦終って、ヒジの痛みは益々ジンジン…ボン助もミスとモモカンでチンチン(+_+)…というわけで、親子でイターぃ一日でした!

by tama1366 | 2007-04-10 12:21 | 観戦記

(>_<)いたたた..

4月8日(日)。朝から晩まで痛ぁーい一日でした。
今日は年に一度、私にとって挑戦の日。家内と二人で毎年参戦しているミックスダブルス区民大会。

あいにく1ヶ月ほど前からテニスエルボーに苦しみ、日常生活にも痛みが癒えぬまま迎えた今年の大会。この試合に出るために治療に専念していたので、ラケットを握るのはほぼ一ヶ月ぶりです。
右腕はテーピングでガチガチ。ストロークはなんとか打てるけど、ボレーを打つと肘がビリビリッ…  や、ヤバい!

勝っても負けても一試合と決めていました。それ以上は肘が持たないだろうと…
そうして迎えた初戦の相手は、動きのいいおじいさんと動けないおばあさん(失礼!)ペア。
お互いにサービスゲームをキープして4-3とリードした後の第8ゲーム。
このゲームを取るか取られるかが、この試合のポイントとなることは、結構冷静に見えていました。ここでさすがのおじいさん。巧みな心理戦でこちらを揺さぶります。
ボールが着地する直前に小生がアウトのコールをした事に、『マナー違反だ』と、ネット越しにゲームを止めて抗議を始めました。

『すいません。いつものクセで…悪意はないんで!気をつけます』と言ったけど、納得のいかない表情のおじいさん。

次のポイントで相手のどアウトボール(笑)を思わずでかい声で『アウト!』と叫んでしまいました。今回は着地の後だし、決して悪意はなかったんですけど(^ω^)
『あ、すいません!』と言った時既に遅し。おじいさんの怒りに火をつけてしまったようです…(汗)

その頃からヒジが悲鳴を上げはじめました。
一方のおじいさん、さっきのやり取りで気迫まんまん、眉間の血管が切れそうな表情でファイト!一発!!みたいな…(・・;)
魂の乗った(笑)ボールを次々打ち込まれ、その後3ゲームを連取されてしまい、4-6で逆転負け…(´・ω・`)ショボーン

はぁーーーー、弱いなぁ…ジジババにやられてしもた(;ヘ;)
試合中にヒジの痛みが気になったり、相手の心理戦に動揺するのは、目の前のポイントに集中しきれていない証拠です。
あーあ、こんなんじゃ、改めてボン助のサッカーをうんちくする資格ねぇなァと…少々落ち込みながらトボトボご帰宅。そんな小生の胸のうちを思いやり、『楽しかったね♪』と慰めてくれる家内。
ヒジをアイシングしながらボンヤリ今日の試合の反省をしていると、夕方からのTMに備えて自宅に居たボン助に聞かれてしまいました。

『どうだった?』

『やられた・・・』

なんだか、いつもと立場が逆転してるじゃないですか!(笑)
ボロ負けした後、どうだった?と聞かれる気分てこんなカンジかぁ…と良くわかりました。やっぱ負けた時は聞かないコトね(^ω^)

まあ、いいや。俺もまだまだってことだな。来年は頑張るぜ!と気持切り替え、ジンジン痛むひじを押さえながら、夕方から久々!楽しみにしていた、強豪横●とのTMの観戦に向ったのでした! つづく

by tama1366 | 2007-04-09 18:04 | 雑事

涙!の続編(笑)

私には、仕事に疲れた時、子育てに悩んだ時、ちょっとした憩いの場所があります。
会社からほど近いところにある、とある喫茶店。

いつも常連客で賑わうその喫茶店のマスターは60台前半、ご夫婦と息子さんが、いつも笑顔で美味しいコーヒーをいれて下さいます。
私が社会に出てすぐからだから、もう二十年のお付き合いか。
私達の結婚式にも、ご夫婦でいらっしゃって下さいました。以来、子供達の成長を、まるでわが事のように一緒に楽しんで下さり、悩んだ時はそれとなく励まして下さる、私にとってはかけがえのないご家族。

まだ若い頃、生き方について悩んだ時です。
人として何よりの幸せは、『健康でやるべき仕事があれば、それだけで幸せじゃない』って言って下さいました。
いつか落ち込んだ時は、『誰だって皆、悩みの一つや二つあるんだから』と、自らの体験を語り、それとなく勇気付けて下さいました。


例によって(笑)昨日、ブログで書いた『涙の春合宿』の話を聞いてもらうことにしました。

するとマスター、『コレ、読んでみて』と、差し出されたのは、東京新聞の夕刊でした。

『この道』という題名で、今、元大関小錦関の自叙伝が連載されているのですね。読んでみると、師匠の高砂親方の厳しくも愛情のこもった人柄や、当時のことについて書かれていました。
現役時代、けいこ中にそんきょして体制が十分でない状態で、相手につっかけられしりもちをついてしまった小錦関、『てめえこのやろう!きもちを入れてけいこしねえか!!』と、竹刀でボコボコに打ち据えられたそうです。決して怠慢な気持でやっていたわけではなかった小錦関、当時は納得ゆかなった部分もあったようです。『あれは効いた』と。
しかし、あの人のおかげで自分は大関になれた、と。その親方を早くに亡くしたときの深い悲しみや、自分を思ってこそ厳しく指導してくれた事への感謝の気持ちが素直に綴られていました。

そしてある力士を例に、自分を思って厳しく指導して下さる人の言葉に、素直に耳を傾ける事の大切さが書かれていました。

『愛のムチなんだね。期待されてるんだよ!良かったらそれ、持っていって』
お店に置くはずの新聞を、マスターは躊躇なく私に持たせて下さったのでした。

家に帰って、ボン助にそれとなく読むように勧めてみました。
一つだけ、人の話を素直に聞く事の大切さを話してみました。

『ふーん』なんて、何を想ったかわからないし、云わんとすることが伝わったどうかわからないけど、何か、少しでも感じてくれたらいいな。

マスター、いつもありがとうm(_ _)m

by tama1366 | 2007-04-07 11:50 | 子育て

涙の春合宿!

二泊三日の春合宿最終日。この日は朝3時半起き!朝5時からの日の出キックオフマッチを初めて体験した模様(*^_^*)

その晩帰宅したのは、夜8時を回っていました。
私はその頃、丁度帰宅途中でしたが、家内から携帯に電話が…

『今、何処ですか?ボン助が帰ってきたけど…目を真っ赤に腫らして帰ってきたの。随分叱られたみたいで…』

家内もどうしていいかわからなかったんでしょうね。私自身も同じような気持でしたけど、とりあえず急ぎ足で帰宅すると、丁度ボン助は風呂から上がったところでした。
相変わらず目は腫れて真っ赤…(苦笑)

『ケガしなかったか』

『うん』

きっとそれまで我慢して張り詰めていた気持が、自宅に着いた途端、溢れてしまったんですかね。
家に着いてドアを開けた途端、『参った・・・(>.<)』と咳を切ったように母親に話しはじめ、溢れる涙を隠すように、すぐさま風呂に入ったようです。

こちらからは何も聞かないようにしていましたが、一緒に夕食をしながら、ボン助からポツポツ話しはじめました。
いつものようにチャカすこともなく、フン、フンと聞いていました。

それによると、スタメン出場した試合で開始わずか1分!ベンチに呼ばれ交代を告げられると、言葉より先に『( ゚Д゚)ゴルァ!×××!!』
以降、放送禁止(笑)

で、それ見た皆ビビってベンチが凍りついたらしいです。
ひとしきり叱られた後、取り返して来い!と再びピッチへ送り出してもらったとか。
これが社会なら、二度とチャンスなんてもらえないのに…


何故叱られたのか、理解してるのかなぁ…
私はそこが一番聞きたかったんですけど、あえて何も言いませんでした。

この年代になると、本人が意識してやるかやらないか、すごく大きいんだろうと思います。僕からみても、その意識、真摯な姿勢が、まだまだ足りない。ましてコーチから見れば一目瞭然だったのでしょう。
学校のこともあり、楽しく続けるだけで彼なりに一杯一杯だった面もあるのだろうとは思いますが、それだけでは、競技の世界ではあっという間に置いていかれてしまう。

ここで踏ん張って、これをバネに奮起するのか、しないのか。
自分で出来るのか、出来ないのか。

選手として厳しい岐路に立たされているのかもしれません。

親の私達は、まずめったな事ではそんな風に叱ってやれなくて…
我が子の涙を見るのはちょっと辛いけど(笑)本当に、本当に、有難い事です。
家内も本人に対してだけでなく、まるで自分自身にも言い聞かせるように、何度も何度もそう言っていました。


私がこの年代の頃、両親共働きで、家に帰るといつも独りでした。叱ってくれる人も、話を聞いてくれる人もいなかった。
ボン助は幸せです。すぐ近くで見守ってくれる人が大勢いるんだもの。
でも、その幸せがあたり前にあるから、すぐにそれに気付くのは難しいかもしれない。
でもいつか、本気で叱って下さる人の有難さに、今の幸せに、気付く時があるはずです。
私がその頃の寂しさに、ずっと後になって、初めて気付いたのと同じように…


なんかすっげー不安。だってコレでダメなら…
いよいよ次はこのオレがぶっ飛ばす番????(>_<)

だらしないオヤジで申し訳ないですが、どうかそうなりませんようにf(^_^)
懲りずに又ぶちかまして下さいませ(笑)

by tama1366 | 2007-04-06 16:51 | 子育て