人気ブログランキング |

<   2006年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

つわものどもの夢のあと


トリノオリンピックが閉幕しました。

結果は皆さんご存じの通り、金一つ。大会前にJOCが掲げたメダル5個という目標に、遠く及ばない結果でした。

このオリンピック、丁度時期が時期であったこともあって、ボン助のサッカーやら周りの受験生の姿やらがかさなって、思うことがあったので、書いてみようと思います。

本番で、持てる力を100%発揮するするということの難しさ。ここまで上りつめてくる選手の力の差は、皆たぶんほとんど紙一重なんでしょう。
しかしそんな実力が拮抗した中、本番のわずか数秒、数分の勝負の中で力を出し切れるかどうか、その差が明確な結果となって現れるんだと思いました。

大舞台での試合でも、受験でも同じ。

そこまでどうやってコンディションを最高に仕上げるのか・・・
人間ですから、調整が早すぎても、そんなに最高の状態が長続きってしないんですよね。
ある時点に、もてる技術、体力、気力、全てに最高のコンディションに持っていくということは、ただがむしゃらに走るだけではたぶんダメなんでしょうし・・・重圧に負けずに、最後の最後まで絶対に諦めない精神力が大きいと思います。そして、本番で、最後の1ミリのふんばり、がんばり。

前回、ワールドカップでの鈴木の初ゴールは、つま先の最後の一延ばしがゴールにつながりましたよね。あの、ひとふんばりが本番で出来るがどうかが、すごーく重要なんですね。

試験本番まであと3ヶ月に迫った昨年11月。ボン助は最後の都大会のために、コンディションの調整に余念がありませんでした。

このころ、勉強なんて二の次、三の次(笑)。

世間では、皆がそんな時期になってもまだサッカーをやっているなんて、受験生としてはありえない!と言われていました。一般的にはたしかにそうであったかもしれません。

そして迎えた、都選抜少年サッカー大会決勝。夢の都大会決勝の舞台。
もしこれに勝てば、東京都代表として、関東選抜少年サッカー大会への出場権を獲得します。

ボン助の出場した前半組は、最後まで集中を切らさず、無失点で後半に繋ぎました。後半、惜しくも押されて都大会出場を逃しましたが、逆にこの試合でもしも勝っていたら・・・関東選抜は12月の末、そこまでひっぱっていたら・・・ボン助の受験は無かったと思います。これも運でしょうか。

これで負けて、悔しかったけど、力を出し切って、スパッと頭を切りかえることができました。

その直後に出会った東大生の家庭教師の先生も、プロでした。

最短の時間で、ボン助のパフォーマンスを最大限引出してくれました。
本当に、最後の最後の1ヶ月、この1ヶ月で相当伸びた気がしています・・・。

人には、そんな11月までサッカーやってて、受験なんてありえない!って言われましたけど、サッカー納得いくまでやりきったから、そのあと切りかえられたわけで。

サッカーがなかったら、受験はありえませんでした。

元々、サッカーをこれからトリプでずっと続けたい。そのためにどういう選択肢があるんだという中から、今付属校に入って受験の心配せずにサッカーを続けよう・・・ってなりました。

動機づけがはっきりとしていた。やるだけやったから、切り替えができた。体力と精神力がサッカーで備わった。都大会の決勝の舞台を踏んだら、これ以上、恐い物なんてない・・そう思えるようになって、受験本番でビビらずにすんだ。
で、あとは運。

神様がほんのちょっと加勢してくださいました。

親としては・・・絶対無理って言われると、んなことはない!って言いたかった(笑)

・・結局はその子供一人一人に合ったやり方とか、スタンスとかきっとある。
偏差値とか常識とか、一般の物差しばかりが全てじゃないんじゃないでしょうか。

で、オリンピック。前評判とか常識じゃなくて、自分のやり方で、自分との闘いに勝った人が、きっと上りつめたんじゃないかと・・。

わが道は自分で決め、自分なりのアプローチで切り開く。
もちろん、経験豊富な先生や先輩にたくさん教えて頂いて、謙虚にそれを吸収しながら・・でなければいけません。

これからの自分も、そうありたいですね。

by tama1366 | 2006-02-27 10:47 | 雑事

迷い。


渋谷カップ1日目。

仕事ほっぽらかして、一試合だけ観る事ができました。

FWにいるボン助。

相手は徹底的にドリブル攻撃。どんなに上手くても、囲めば突破は難しいですよね。
それでもシュートまで持っていかれたシーンが二つか三つありましたか。

こちらトリプの攻撃が、FWのポストプレーをサイドの選手があと一歩で生かせずにいい形でフィニッシュまで行かないんですよね・・
珍しく迷ってました。持ってから、出しどころに。久々のポジションですからね。無理もないか。

結局、遠くから ボランチがドカンと打ったシュートがバーの下をこするように入って、1得点。

FWの見せ場がなかなか作れずに1-0で終了・・・。おいおい、仕事しろ!

で、コーチもイマイチキレのないボン助にさんざ罵声を浴びせます。うりゃー!!ゴルァ-!!

・・・有り難いですよね。親じゃ言えませんから。なかなか。

このクラブに9年お世話になってきました。このクラブでサッカー続けるために中学受験しました。家族旅行とか、ほとんどしたことがありません。だって、ほとんど週末って、サッカーでしたから。

夏は合宿地に家族で旅行して観戦するのが唯一の旅行でした。夏期講習なんて、お金払ったってまず行けませんでした。練習だ、試合だ・・で。
ほとんど全て、このクラブが中心の生活でした。

で、今、それでよかった。そう思っています。


サッカーがしたい。そう思った時、仲間がいる。クラブがある。サッカー通じていっぱい友達がいる。後輩も、先輩も・・・そのサポーターである父兄や、コーチも皆さんも・・

色々な個性あふれる皆さんに育てて戴きました。親バカな自分では教えられない事、たくさんたくさん教えてもらいました。


『自分の思ったこと、考えをはっきり言えるお子さんなのですね・・・』

某校の入試の面接に行ったら、そんな風に切り出されました。子供の直後が親でしたから。
『子供心はどちらかといえば、物怖じする性格で・・小さい時は、キャプテンやれって言われても、僕は嫌だ!って・・。でも、サッカーで、色々な経験をさせていただいて、少しですけど、成長したのかもしれません・・』

マジ、そう思っています。
だって、雨だろうがヤリが降ろうが(笑)グラウンドもホームがないから、今日はあっちで明日はこっち。電車乗り継いで遠くまで出かけて、ピッチの大きさもコンディションも毎回違う中で、いつだって先頭きって、ピッチに飛び出さなくてはいけないんですから。
嫌でも、強くなりますよね・・

選抜の決勝の時、ヤバイ位置で相手にFKを与えてしまった時です。下がるようにと審判に言われて後ずさりする仲間に対して
『いーよ、さがんなよ!』

『キミ、今度言ったら退場だよ』 そう審判に脅かされてもひるまなかったボン助。
なんか、強くなったんだなーって。

トリプでサッカーやらせてもらったおかげなんです。
本人もよく続けてきました。


これからは、本格的に『競技』の世界に入ります。『好き』なだけでは許されません。
実力の世界。実力がなければ、試合には出してもらえません。練習についていけなければ、辞めなくてはなりません。

でも、きっと大丈夫。しばらく大変だろうけど・・・

続けて行ける事を祈って・・・

by tama1366 | 2006-02-25 16:50 | 子育て

ありが先生 ありが・・とう。


KOの入学説明会言われたんだそうです。
なにしろKOは医学部が看板ですからね。保健室っていうか、ちゃんとお医者さんがいるらしく、
なんか具合が悪いときはかなり深いところの検査とかまでやって下さるそうです。
手におえなくても、ちゃんとKO病院で見てくださるんだとか。

じゃ、KO病院の整形でも行かせるか・・ん・・待てよ。やっぱり東洋医学かなぁ・・
なんて悩んだ末、トリプの皆でお世話になっているありが先生に診てもらうことに。

電気でゆるめて、ぐるっ、ぐりっ!グキ!!と音がした瞬間、すーっと重たいものがとれたようです。

硬いピッチでプレーする選手にありがちなんだそうです。コケた瞬間に、骨盤がずれるんですって。

ほんの、なんミリの世界なんでしょうね。ちょっとずれた。身体が何とかそれ以上おかしくならないように、まわりの筋肉とか緊張して硬くなる。それを電気で弛めて、元の位置に戻す。

そんな治療なんですね。

『もう大丈夫だよ。今日からサッカーやっていいよ』

それまで前にも後ろにも曲がらなかった腰がすーっと軽くなったボン助。
『ウソみたい!』

さすが、コーチがお奨めして下さるだけのことありますね。大事に至らずによかった・・。

ちなみにボン助、モモテツというゲームにはまってます。『桃太郎電鉄』とかいう名前らしいです。

慶應藤沢、函館ラサール、開成、明大明治の4人でいつもやってるらしいですが、ちなみに
ゲームの強い順は・・・
①開成 ②慶應藤沢 ③明大明治 ④函館ラサールの順番らしいです。

なんか、偏差値の順番と同じじゃん(笑)

ボン助、面白いんですよね。このゲーム友達はどっちかというと、青白い連中ばっかりなんですけど、そういう友達とも平気で付き合うし、一方でFC東京ジュニアユースGKに内定したやんちゃグループ代表取締役のP君や同じくサッカー仲間のやんちゃ坊主O君とボーリングしてサッカーやって遊ぶ・・なんて事もします。
P君やO君がこのゲーム青白坊や達と遊ぶっていうことは、絶対にないです。イジメちゃいますから。

いろんな友達がいて、それぞれに楽しめちゃうんですね。

昔からそんなところろがありました。


・・・しっかしまぁ、皆今までゲームもしないで頑張ってきたんですものね。ちょっとくらいゲームにはまってもいいかもしれません。

皆、進路も決まって、今が一番楽しい時期ですものね。

by tama1366 | 2006-02-23 09:31 | 雑事

区民大会だ!ゴルァ!


そーなんです。
本題はサッカー観戦なんです。

ところがしっばらく、観戦してないもんで・・・受験ネタばっかりで失礼しました。

試験が終った途端にクラブに復帰です。ていうか、試験の4日前もジュニアユースのセレクション行ってましたっけ。落っこちたらヤバイと思ったんでしょう。なにしろトリプでサッカー続けるために受験なんですから。学校選んだ基準も、サッカー続けるのにどっちがいいの?ってカンジでしたし。

で、頑張りました。いきなり雨の中を4本もやらされたそうです。
『思ったより、結構できたよ』そう言って帰ってくるなり、寝込みました(笑)

ま、サッカー続けるための受験ですから。これで入学試験受けられなくてもしょーがないかぁ・・
なんて。

同じブロックのライバルで、選抜にも入った選手が二人落ちたそうです。
すげーのがいる。何人もいる。そう言っていました。厳しいだろーねー。

で、復帰後初の公式戦。渋谷区区民大会です。

予選。ここでの注目の一戦は、準々決勝VSトリプC(5年生)!

負けたらヤッバいです。恥かしくって・・・なにしろ去年、ボン助達が5年の時に6年の区民大会出た時は、6年Bにもボロ負けだったんですから。

今年の5年は一味も二味も違いまっせ。なにしろ都大会準優勝チームですからね。

相手は他の6年生チーム相手に順調に勝ち上がってきました。やっぱり。ッて感じ。

開始早々、相手の戦術は身体で勝る相手と勝負でなく、裏のスペースへ出したボールに俊足FWが走りこむ戦略で来ました。ひやっとする場面で、6年GKのナイス飛び出しで助けられます。

ただ、やはり絶対的に身体で勝る6年は1対1でボールをキープ。相手に主導権を渡しません。
そんな中、6年が先制ゴォール!!豪快なシュートが文字通りネットに突き刺さりました。

二、三回ひやっとする場面もあったけど、終ってみれば3-0の圧勝。ふーなんとか面目保った(笑)

でも、あれれ?ボン助ベンチです。結局全然出ていません。はぁ?って思ったら、怪我です。
昨日の試合で得点した際、しりもちつきながらのシュートで、ドンとケツ付いた時、腰にビリっときたらしいんですけど・・・その後はなんともなくて、今朝もなんともなくて・・・
走りだしたら、痛くてはしれなくなっちゃったんだそうです。なんか、ヤバイなぁ。

ま、しょーがない。

気を取り直して、決勝です。昨年、一昨年同様、相手は渋谷セン●ラルです。ちなみに、去年も一昨年もトリプが優勝でした。

さーて、この相手。なにしろよく走る。運動量は絶対負けてません。アイデアとか全然ないんですけど、とにかく1対1でよくねばります。

走り負けです。根性まけ。責められまくってました。はねかえしたボールもことごとく相手に支配されています。

そして後半開始早々、皆が見てしまった一瞬でした。クリアボールに飛び込んであわせたシュートが綺麗に決まり、0-1。

結局このまま試合終了。小学生最後の区民大会は、ベンチから、しかも毎年お決まりの優勝まで逃してしまいました・・・

相手を褒めなくちゃいけませんね。今日は全てにおいて、少しづづ上回っていました。完敗。

でも、来週も渋谷カップってあるらしく・・なんだか、楽しみですね。

by tama1366 | 2006-02-22 13:07 | 観戦記

うーん・・


受験が、上手くいったご家庭、受験に失敗したご家庭・・・

いろいろです。

嫌でもそういう情報が聞こえてきます。


PTAの仕事で、家内が学校に行った時のこと、5年生のお母さんに聞かれたこうです。

『今年は、けっこう良い所に合格した方、いらっしゃるんですか?』しかも、会議中かなんかに、紙に書いてメモで来たそうです。

『よくわかりません・・・』

そう返答したそうですが、思いっきり立腹していました。とても明るくで良い人そうだと思っていたそうで、落胆したこともあって、すごーく怒っていました。
『人として、そんな事を平気で口にするなんて・・・信じられない!』と。

だって、うちがダメだったとしたら、そんな風に聞かれたらどう思うでしょうか?それは2分の1の確率なのですからね。
まぁ、そりゃそーだ。

で、説教されちゃいました。
『貴方も絶対に自慢したり、嬉しそうに話をしたりしちゃ、ダメよ。』 とほほ・・・

幼稚園から一緒で、ご両親もよく知っているお友達、とてもよくできるお子さんと聞いていました。1日、2日とまさかの敗戦。その後4日になって、ある学校に合格して行くそうですけれど・・・
うちの中がくらーくなっちゃって・・・と言っていたそうです。

なんだか、同じ小学校でも、開成間違いなし!!で、有名塾でしかもナンバー1だった子が、まさかの開成敗戦・・・だったり・・・
だって、合不合判定テストで、開成の合格可能性常時80%以上、たまに70%に転落すると思いっきり落ち込んでたくらいのすごい奴です。

あーなんてったって、うちのボン助君、慶應なんて、『10%未満』とか、数字がつかない(爆笑)なんてのもありましたからね。早稲田だって20%以上はみた事ありませんでした。

言わせていただくと、有名塾の偏差値だの、合不合判定だの、いかにアテにならないか、という事ではないでしょうか。それは言いすぎかもしれないけど、少なくてもそんなものに一喜一憂するのは、絶対バカらしいです。

ボン助は強運だった。その一言につきる。
これで運という運を使い果たしてしまってはいないかと、心配になります。

感謝して、おごらず、真面目にがんばらにゃーいけないです。

で、今日、慶應出身の親友が祝勝会やろーぜ!って言ってくれて。思いっきり飲んできます。
久しぶりの酒です。まだ、彼にはどっちに行くか言ってませんから、彼の後輩になるって聞いたら、きっと喜んでくれると思います。

自分、考えてみたら、この歳になって親しくしている友人、早稲田より慶應の人が多いんですよね。ボンも子供の頃からそんな人たちに遊んでもらってましたから・・・

そんな事もあるんでしょうか。いずれにしても、感謝、感謝です。

by tama1366 | 2006-02-16 10:42 | 受験

幸せな子


本当に幸せな子だなぁ・・と思いました。

合格できたからではありません。
友達や、親戚や、お世話になった方々や・・・自分の知人、友人、お客様・・・本当に色々な方が、まるで自分の事のように、一喜一憂して下さったり、溜息をついて下さったり・・・祝福の言葉を下さいました。

友達は、学校やサッカーの場で、やれあっちがいい、否、こっちに行け!(未だ決まってないんだっちゅーの)と心配してくれるのだそうです。

人間、一人では生きてゆけませんから・・・そんな風になんだかんだとかまってくださる人が沢山いることこそ、何よりの財産ですよね。

親として、本当に有り難いことと感謝、感謝です。

ただ、これからです。何処で学ぶにしても、これまでとは違う環境、そしてまわりは優秀な人ばかりなのですから、サッカーやりながら皆さんについて行くのは、並大抵のことではないはずです。
自分が高等学院の時も、スポーツをやりながら優秀な友達も居ましたが、中には落ちこぼれて留年!!なんていうのも居ました。まぁ、1年くらいの遅れはどうってことないと思っていますけど、余計な学費は出さないゾ!(笑)

そして又、子供の事で一喜一憂できる、そんな今の安定した生活があることに感謝、感謝です。
辛くても、嫌でも、苦しくても、歯をくいしばってなんとか生きていれば、たまには神様がご褒美を下さる、だから又、頑張ろうかと思える。
お世話になった皆さんに、ささやかでも、仕事や、元気に頑張っている姿を見せることしか出来なくても、何か、ご恩返しをしなくちゃ・・と思える。

ボン助のおかげかもしれません。
心なしか、今年に入って、色々な人から思わぬ仕事が舞い込む機会が増えました。有り難いことですよね。

当のボン助は、昨日は4時から9時までサッカー。家に着いたら10時でした。これからずっとそんな生活。今朝早速起きられないし・・(苦笑)

もうすぐ、春ですね。

by tama1366 | 2006-02-10 13:10 | 受験

なんだか・・・


うーん(-_-;)

なんちゅーか、複雑です。

昨晩のこと・・・

『あ、お父さん!俺決めた。繰り上がったらKO行くよ!』

と、元気なお声(笑)


んじゃーなにかい?早稲田じゃ不満でもあんのか、おい。
『うん。で、決め手はなんだい?』

『いろいろ。今日、うーん・・・て考えて決めた。』
よくよく掘り下げてみると、
①サッカー続けると、たぶん宿題とかできないし、電車の中の時間とか有効に遣わなくちゃならないことを考えると、KOの方が比較的すいてる電車で行けるし、座れる可能性もある。Wはまず座れない中央線だし。あと、始業時間がKはWより10分遅いので、家を出る時間もほとんど変わらない。

②あの広々したところがなにしろ気に入った(笑)

③誰も皆、両方受かったらKO行くの?やっぱKOでしょ?と言う(ゴルァ!)

んなとこが理由らしいです。

別に我が心のふるさとが地に落ちた・・ってわけじゃないんですね。

で・・・です。やっぱり親としては電報が来てほしいような・・このまま来ないでWにすんなり入ってほしいような・・

なんか複雑なわけです。
でもま、本人が行きたいんだったら、やっぱり待ち遠しいですよね。ちなみに、僕の予想通り13日以降に打電とすれば、Wの入学辞退届出の最終期限を越えてしまうことになります。
当然お金も一円も返ってきませんし、学校にも迷惑をかけてしまうことになりますよね。

そうなったら、きちんと頭下げに行かにゃあならんかなぁ・・・などと先のことまで考えてしまう今日、この頃。

どっちにしても、未だしばらく寝つきが悪いのかと思うと・・うーん(-_-;)

by tama1366 | 2006-02-09 13:08 | 受験

よっしゃぁ!!


あった、10421番!合格です。やったー!!!!!

3時からの合格発表、他校の受験で出かけている本人と母親に代わって、発表を見にゆくのは私の役目。

何日か前、それが決まった時は、なんだか複雑な気持ちでした。
そりゃ合格すればオッケーですけど・・・ダメでも、それを連絡するもの自分の役目。

良くてもダメでも、自分の気持ちを抑える自信がありませんでした。

新宿から中央線の特別快速に乗るのに、時間を調べて出たつもりが・・・ホームに着いたのが15分も前で・・・(笑)2・3分に1本走っている中央線、なにも特別快速じゃなくてもコレ乗ったら早くついちゃうかなぁ・・なんて思いつつ、なんだか縁起かついてで寒いホームでひたすら中央特快を待ちます。

あーいよいよ来た・・ただ、このときに数日前のなんだかちょっと嫌な気持ちが、結構楽しみにしてワクワクしてる自分に気が付きました。
なんてったって、明るいですから、本人が。発表が楽しみだぁ・・なんて言ってましたし(笑)

子供って、ホント、ポジティブというか、前向きというか、屈託がないですよね。

中央線のホームには、既にそれらしき親子が結構居ます。あのNマークの有名進学塾のバックを担いだ子も大勢居て・・・しっかし、合格発表までその格好かい?

国分寺に到着するまで、あっと言う間でした。これまでで一番短く感じたかも・・
いつかの学校説明会に来た時のように、ぞろぞろと大勢の親子連れや夫婦、おじいちゃん?まで。

15分前には学校に到着しましたが、既にかなりの人、人、人・・・並んでます。
果たして何処で発表なんだか?見えません(笑)

ホールが狭いから、途中で入場制限をかけるとか拡声器でアナウンスしています。
じっと待つ事15分、暇なんで、周りで並んでいる子供達に目をやると・・・言っちゃ悪いけど、なんだか目が死んでます。意思が無い顔というのか・・おっとりしてると言えば聞こえがいいですかね。
ボン助のサッカーの試合で見かける子供達、皆目にはっきりとした意思が感じられる子供ばかりでした。良く言えば迫力があるというか、個の意思が顔や表情にみなぎっているというか・・
激しい試合を重ねれば、そういう気持ちの部分て、磨かれてゆきますよね。どっちがいい、悪いではありません。ただ、ボン助には、ここに居る大多数の子供達とは少し違う、雰囲気があるかもしれないと感じました。

3時、ホールが開門されたようです。未だ見えません。皆が前方にぞろぞろと歩きはじめます。ちょっとしたホールに誘導され、中に入りました。え?何処に張ってあるの?

あーあれか。なんだか字も小さくてよく見えません。近づこうとするけど、人、人、人で・・・良く見えないよー。前の人を掻き分けるように進みます。えーと・・10421、10421・・・ん?あー!!
あった、あった!

念のため、もう一回見直します。あった。間違いない。合格です!!!!!!!!!

その瞬間、右手の拳を握り締め、腹の底から『うっしゃぁ』と唸ってしまいました。
おっと、そうだ、記念撮影しなければ・・・携帯のカメラで一生懸命撮ろうとしまうが、まず遠くて良く映りません。ダメだこりゃ・・んー待てよ。やっぱ記念だし(笑)
気合で人ごみを掻き分け、真ん中の一番前に進みます。カメラを構えた瞬間でした。立ち尽くしていた前のご夫婦が何も言わずにすっと振り返って静かにその場を離れてゆきました。
一瞬でしたが、ダメだったことはすぐに解りました。そうだ、悲喜こもごも・・・

なんとかボン助の番号を写真に納め、次は書類の受け渡し場所に並びます。
その時、携帯がなりました。公衆電話?ボン助でした。待ちきれなくて、かけてきたのでしょう。

『お、おめでとう・・・合格・・・』
何故か、涙が溢れてきて・・蚊のなくような声を振り絞るのが精一杯でした。
『え?なに?聞こえないよお父さん!!』
『・・・・おめでとう。合格だよ。よくやったな』

もはや、涙が溢れるのを止める事が出来ませんでした。市川に合格した時の気持ちとなんか、比べ物にならないくらい、とにかく嬉しくて、嬉しくて。

受験票に『合格』という印を押して下さいました。『おめでとうございます』の言葉に何度も何度も頭を下げて・・

ようやく、涙もおさまりました。改めて嬉しさがこみ上げました。

早稲田実業学校中等部、あの、王貞治さんの母校です。
自分が学生時代は、7割程度が推薦で大学にすすめたのですが、今では、全員が大学へ進めるそうです。

おめでとう。本当に、良く頑張ったな。


そして、コレを書いている今日、3日・・・とりあえず、ペーパー試験は今日でおしまいです。
とりあえずゆっくり休もう。

ホントに、お疲れちゃん。

by tama1366 | 2006-02-03 15:06 | 受験

お受験狂騒第二段(笑)


昨日は、なんだか眠れませんでした。

今朝のために早く起きようと思って床についたのですが、なんだか夢ばかり見て目がさめてしまい、結局5時半までウトウト・・・ちょっと調子ワルッ!って感じです。

今日の発表を心待ちにする気持ち、それから心配で心配で・・・居ても立ってもいられない気持ち・・

一応、親心ってやつでしょうか。

昨日、オシムの言葉ってやつをちらりと新聞で見ました。
新入団選手の親との懇親会の席で、『貴方がたは、自分の子供を、最後まであきらめずに走る子供に育てましたか?もしそうでないなら、上手くはいかないでしょう。でも、もしそう育てたのだとしたら、あとは安心して私に預けてください』

というような内容だったと思います。
で、ボン助に言いました。
最後まで走れ。あきらめないで、手を抜かないで・・・

といいました(あは)

今朝も元気に出かけました。お父さん!合格発表よろしくね!と言い残して。

美味しいような、不味いような・・役回りですね。頑張ります。

by tama1366 | 2006-02-02 11:03 | 受験

雨降って地かたまる?


無事に1日目を終えたようです。

本人曰く、『国語、算数はまあまあ、理社は・・・・・』ですって(笑)
明日の発表が楽しみ!お父さん、よろしくね!ですって。

なんていうか、ホント、ポジティブっていうか、明るいです。
これ、この子の長所だと思います。一番評価してやらなければいけない、子供らしくて・・・素晴らしいです。

そうなんですよね。この結果に一喜一憂することもない。なにげによくある日常の一つ。だから明日からどうかなるわけでもないし、生きるか死ぬかでもない。

僕ら親は、せっかく頑張ったんだから結果出してあげたいと神頼みもするけど、本人にしてみれば、良くてラッキー♪ダメでもドンマイってなもんです(笑)それほどの一大事ではない。

その通り。人生何が良いかなんて、わからないんですから。
今はこれがベストと思う道も、あとになって、本当に良かったかと考えることもあるかもしれない。

そんな事、わかっていたつもりでしたけど・・・改めて教えられました。

少し前は、明日は殺人犯が死刑になるかどうか運命の判決を聞きに行く前はこんな心境かと想っていましたけど(笑)
とんでもない。ルンルンスキップしながら行ってこようと思います。

なんだか楽しみ。どっちだってOKなんですから・・・

子供に教えられる毎日です。

by tama1366 | 2006-02-01 16:42 | 受験