人気ブログランキング |

カテゴリ:学校( 28 )

福澤先生御誕生日

本日、1月10日…なんだそうです。 
で、ナニ?学校はお休みだと? …(゚д゚)ポカーン
『大隈先生御誕生日』なんて行事は早稲田にゃ無かったぜ!
もしかしたらあってもオレが知らなかっただけか?(笑)

話は変りますが、お正月の箱根、チョー楽しませて戴きました。早稲田のアンカーは、ナ、なんと!学院出身ですか!!しかも勉強のキツい理工学部かい!!

あのパラダイス学院(笑)出身にして、そのハングリー精神…
スゴいですよね。よほど芯のしっかりした青年なんだろうな…と。
でも、未だ若干20歳(大学二年)!あんまり自分を追い込まなければいいがなぁ…とも思ったりして。

ラグビーの大学選手権、今年は何十年ぶりに早慶戦になってしまいましたね。心痛めた某大不祥事がなければ、こうはならなかったのかな…

高校サッカー、三鷹は波に乗りました。
監督さんが学校に帰って皆の前でお話されたそうです。
『あれよあれよという間に運や波に載って躍進することが、めったにはないけど、人生のうちに一度や二度、あるもの。その時がいつきても良いように、日々の努力を惜しんではいけない』

どんな世界でも、テレビに出るほど上り詰めるには、血の滲むような努力や鍛錬があっての事と思います。
でも、それだけではなく、縁や運といった、自分の力だけではどうにもならない面が、あるのかもしれませんね。

『運も実力のうち』なんて言葉もありました。
三鷹の監督さんのお話、ボン助にも聞かせてやりたいなぁと思いました。

by tama1366 | 2008-01-10 10:52 | 学校

秋晴れの体育祭!

10月4日(木)。昨日までのどんよりしたお天気がウソのようにスッキリ晴れたこの日、ボン助の学校で、体育祭が行なわれました!

ボン助の奴、プログラムは見せない、何の競技に出るんだか言わない…
そんな状況にも係わらず、丁度秋休みに入った妹も連れて、仕事さぼって藤沢まで行って参りましたf(^_^)

いやーーー。中高全員集合の体育祭はなかなか迫力満点ですなぁ。相変わらず全員裸足か…
しっかし、ボン助は何処にいるのかわかんないや。大勢ですからねぇ。平日にも係わらず大勢のお母さん達がカメラやビデオ片手に観戦中。オヤジ連中も結構居ますね…

カメラを望遠にしてファインダー越しにボン助を探してみたけど…
居ないなぁ。そういえば、昨日は例の『問題』で放課後2時間も理科室で先生二人に缶詰にされたらしいけど、もしかして今日も朝から缶詰で反省文かい?…なんちゃって、一抹の不安が頭をかすめるオヤジ(;^ω^)

私は結局、ボン助の姿を一度も見ることなく、『クラブ対抗リレー』なんかを楽しませてもらって、先にご帰還。

家内はその後、担任の先生にバッタリ!『今日も居残りで話し合います!』なんて言われちゃったらしいです(゚Д゚;)

結局ボン助の帰宅は夜9時近く…
帰るなり、『はぁーーーー死ぬかと思った(>ω<)』

聞けば先生四人でボン助一人、密室で約二時間、とことん絞られたみたい。最後まで『悪いことはしていない』と言い張ったらしいです。
しかも『もう帰っていいっスか( ゚∀゚)ノ?』を30回位言ったとか…

この強情っぷり・・・ ん?オレじゃないですから。母親似です(笑)

母親:『学費の分しっかりお世話になってるわね(^◇^;)』

家内曰く、他の学校の話など聞くと、子供が何か問題を起こしても親にチクって終わりなんだとか…こうして何時間もかけて子供と直接向き合ってくれるのは、当たり前のことではなく、とても有難い事かもしれない・・・と。

でも、おかげで今日の練習は出られず終い…ここ1週間、ロクにボールに触ってないんじゃないか?週末には又、重要な試合が控えてるっちゅーのに!!(`ε´)

結局、そうやって自分にハネ返ってくるんだよね。

なにやらコソコソとコーチに言い訳の電話してますね。
ナニナニ?『ちょっと学校で色々ありまして…いや、大したことないっス(・∀・)!』だと??

むむ…ちーとも懲りてないなぁ・・(・・;)

いずれにしろ、これで今学期末は面接確定か…(-_-;)
こうなったらもうなんでもコイだ(笑)それより週末、キッチリ試合で結果出せ!!

by tama1366 | 2007-10-05 17:17 | 学校

S●C中高のこと

もうすぐ、夏休みも終わりですね。
ボン助の学校は、たしか7日くらいからだったかな?イキナリ試験があると申しておりました(汗)

ある掲示版で、S●Cの『学校説明会』に対する不満の書き込みを読みました。

どうやら、学校説明会に時間前に到着したところ、時間まで会場に入れてもらう事も出来ずに、しかも雨の中、立ちっ放しで長いこと待たされた!
『優しい子』がに入学してほしいなんて言って、学校はちっとも優しくないじゃない!…というお話。
期待や不安の中、初めて訪れた学校で、きっとがっかりされたんでしょうね…うちは説明会すら行かなかったからな…
サッカー忙しくてそれどころじゃありませんでしたヨ(笑)

今時は子供だけじゃなく親の世代も、何不自由なく大切に育てられた世代。行く先々で、自分が大切に扱われていると実感できないと、不平不満が募ります。
親も子も、手取り足取り大切にされたければやめた方がいい学校かもしれません。
(そんな学校あるのかな?とも思うけど)

現実の社会の中では、誰しもが大勢の中の一人でしかない。
誰にどうしてもらうかではなく、自分がどう生きていくか、自ら考え行動出来る人でなければ、人の役になんて立てっこない。

『慶應』出たって、それだけじゃ何の役にも立たない。

せっかくココに入学しても、ボヤボヤしてると大学はおろか、進級すら危ぶまれる環境の中、6年間自ら切磋琢磨せざるを得ない?環境に放り込まれ、ついてゆけるかどうかは本人次第…
ぶっちゃけ、入ってしまえば何とかなるか…と思ってたのは大間違いでした(笑)

その意味で、本人の為を思えば、なかなか骨のある良い学校かと思っております。

おっと、誤解があっちゃいけません。
親には何もしてくれませんが(笑)子供達の面倒見は…とても良いようですよ。

by tama1366 | 2007-08-25 12:33 | 学校

マドンナ

私は高校から男子校だったおかげで、大学に入るなりいきなり大勢の美女?に囲まれて、その・・・女性との距離感というか、どうも自然ではないような感じで、上手く掴めなくて戸惑った経験がありました。

その意味で、ボン助の学校は高校まで男女半々、男ばかりの世界もそれなりに面白かったけど、女性が居るのも華やかでいいですよね。

クラスに、スーパー女子が居るんだそうです。
成績は体育も含めて全てA(90点以上)、おまけにバイオリンが堪能で、決してガリ勉というような感じではなく、結構冗談も言ったりするお子さんなのだとか。

しかも性格もとても優しいお子さんのようで、試験前にノート見せて!と頼むと、快く引き受けてくれるし、頼めばわからないところも教えて下さるんだとか。

そりゃ、天は二物も三物も与えちゃった感じだねーなんて、どんなお子さんなのかと思ってたんですが、少し前の旅行の写真を持ってきたので、マジマジと眺めてしまいました(^ω^)

すると、とっても上品な感じで可愛らしい!!じゃないですか!
居るもんなんだなぁ、こういうマドンナが。

社会に出てから知り合った、とある大先輩の話。

その昔、吉●小百合さんが在学中に入学したそうです。ある日学食で吉●さんを見かけ、遠くからジッと見つめているだけでは足りず、吉●さんが立ち去るまでジッと待ち、ゴミ箱に捨てられた牛乳パックをそっとくすねた…思い出があるんだとかヽ(^o^;)ノ

その話を聞いて腹かかえてタコ笑いをする小生を尻目に、
オマエなー。小百合様なんて呼び捨てにしないんだぞ。俺達の中じゃ、
『あのお方』って呼んでたんだからな!とかマジな顔して言ってました(;^ω^)

我が家のハンケツ王子様(笑)には、どうあがいても高嶺の花。
でも、そんなマドンナが居るだけで、なんとなく華があって、学校に行くのもより楽しくなるのかもしれませんね。

by tama1366 | 2007-07-13 12:53 | 学校

特カリ

ボン助君は期末試験も終って、ただ今学校では『特別カリキュラム』中。

通称『特カリ』は早い話、ろくに授業もなく、答案返されたり、面談したり…学校が始まるのも三時限目とかで、午前中で終了!とか。試験休みみたいなもんですね。

しかし何故か毎日、着替えを持っていつも通り朝イチ学校に出かけてゆきます。どうやら朝から体育館でバスケ三昧なんだそうです…

今学期、初の『ブチョメン』は避けられそうにありません。
日頃素行不良(笑)、あるいは成績不良の生徒が指定日に親子で呼び出されて、部長(校長)先生と面談…です。
ボン助の場合、なにしろ一学期に書いた始末書がなんと!7枚!!
枚数は学年トップだぁ?自慢してる場合か!( ゚Д゚)ゴルァ!

1年生のときも、毎学期呼び出し電話のかかってくる日は肝を冷やしていましたが、成績は並だったからかどうか、なんとか逃れてきました。
しかし成績はイマイチどころか、イマニかイマサン(笑)始末書数トップとなれば、間違いない?…でしょうな(;^ω^)

こういう時、女性の方が肝が据わっているのでしょうか。家内は、
『そんな事でもなきゃ校長先生と話す機会なんてないじゃない!楽しみ♪』とか気楽な事をぬかしています。
オヤジの方は、家族全員うつむいて偉い先生に説教タレられるの聞くかと思うと…はぁー。溜息しか出んわい。

一応、可愛い我が子の事ですからね。先生にボロクソに言われて、
『その程度で何が悪いんじゃ!ゴルァ!』なんて逆ギレしちゃったりして…ヽ(^o^;)ノ

最近はそういう親が多いと聞いて呆れていましたが、実際自分も…?

そんなわけでアマタ痛いわ、ヒジも痛いわ、雨ばっか降るわ…

流行りのプチうつになりそーなオヤジですわい(;O;)

by tama1366 | 2007-07-12 18:11 | 学校

始末書

二年生に進級して2カ月が過ぎました。ボン助は学校で書かされた『始末書』が早くも二枚。学年トップタイ(笑)だそうです。

1枚目はワイシャツをズボンの中に入れてなくて、だらしがないとさんざ注意され、それでもダメで…

二枚目は、帰宅時には机の中にモノをロッカーに仕舞うというルールを守らず、ある日登校したら机の中のモノが全部没収されていて、黒板に『●●は職員室へ』とあったそうです。

ワイシャツの一件は未だに納得していないようです。何が悪いんだ?くらいのモンです。

家内に始末書の件を自ら話したのは、そんなわけではあるけれど、当のそのワイシャツの一件で何度も注意して下さった先生の授業中、ちょっとだけ挽回したんだという事を言いたかったみたいです。
ん?挽回??

それは道端に落ちているゴミを拾う、そんな心の持ち方の大切さについて、先生がお話して下さっていた時のこと。

『はい!先生、僕も本当にそう思います。心の掃除になりますよね!!』
クラスの皆はボン助がそんな事を言ったもんで、ドッと笑ったそうですが、先生はとても感心されて、

『●●、お前イイ事いうじゃないか。皆笑ってるけど、●●の言った事の意味を、皆も考えてほしい』
なんておっしゃって下さったそうで…
ワイシャツの一件では『ハァ?』くらい言ってたクセに、今度は『○○先生は、なかなか良い先生だ…』とかぬかしておりましたそうで…(苦笑)

何も言いませんでしたが、心の中で思ったのは、授業中、別に発言を求められたわけでもないのに手を挙げて思った事を言えるようになったんだなーって。小さい頃のボン助には考えられなかった。
単純な奴ですから、始末書の件も授業中の件も、悪意があったとか、挽回しようとか、なにか意図があってという訳ではなかったんだろうと思います。

自分の意見をものおじせずに言えるようになったんですね。
もしろんそれが良い場合もあるのだけど、未だ子供。時と場合によっては誤解されることもあるかもしれないし、生意気だと反感を買う事もあるのかもしれないなーなんて。

まぁ、この年代としては、正常な進化か(笑)失敗してもそこから少しづつ学べばいいし。
親としてはほんの少し『成長』したことを喜ばしく思って見守ろう…

そんな事を思いながら、ボン助のボロボロになったトレシューを思い出して、ギャラリー2に走った雨の日…

by tama1366 | 2007-05-26 12:13 | 学校

2年生!

11日からボン助の学校生活が始まりました。

この1年で、丁度10センチ身長が伸びたようです。脈拍と血圧の検査で、『ずっと前から何かスポーツやってたの?』と聞かれたとか。
その先生によると、同世代に比べ血圧が若干低めで脈拍が少なめなのだそうです。少しはサッカー選手らしく、持久系の心臓になってきたのでしょうか…?

SFCは毎年クラス替えがあります。新しい仲間達(*^^*)
そして新しい担任の先生。各クラス二人担任(男女のペア)ですが、男性のP先生は、なんとイギリス人の先生!しかも英語しか話さない?とか…(・・;)
女性の先生は落ち着いた雰囲気の国語のベテランの先生のようです。
英語はからきしダメだし、そうでなくても面倒くさがりのボン助、話せない英語を使ってまでネイティブスピーカーの先生とコミュニケーションをとるなんて、できないというか…しねぇな、絶対(笑)
女性の先生も、ボン助自ら話し掛けたりしなさそうだし…

そうでなくとも、難しい年頃です。先生とキチンとコミュニケーションがとれるかどうか、オヤジはちょっと不安。

土曜日に行われた保護者会。そういうのは、いつも家内にお任せです。
もしかして、いきなり英語でチンプンカンプン?( ̄○ ̄;)!

英語は×(笑)の家内は心配しながら学校へ行きましたが、女性の先生が日本語でお話をしてくれたそうで、一安心…

P先生は日本に8年、実は日本語はペラペラのようですが、一言『コドモタチトノメンダンハ…エイゴデハナシマ~ス』との事。

英語が苦手なボン助、少しは鍛えて戴けたら良いですねo(^o^)o

by tama1366 | 2007-04-16 09:46 | 学校

合唱コンクール!

季節はずれの凍えるような寒さが続く、三月十五日(木)。
ここはJR大船駅から徒歩10分ほどの距離にある、鎌倉芸術館。素晴らしい設備の大ホールです。

本日は、S●C中等部のビッグイベント!合唱コンクールです。
果たしてどのようなものか、期待に胸を膨らませて行って参りました。

開演より30分も前に着いたのですが、入口は既に人、人、人の大行列
父兄の皆さん、熱心ですね!

中等部は各学年4クラス。各クラスは男女半々で、合計40名ほどです。この各クラス単位で、それぞれ自分達で選んだ曲を、自分達の中から選んだピアノ伴奏者をつけ、同じく自分達の中から指揮者を決めて、それぞれまとまった美しい合唱を聞かせてくれます。
c0075224_1415557.jpg


初めは1年生から。学年全体での合唱や、部長先生も参加される教員だけの合唱などもあり、どれも甲乙つけがたく美しい歌声には、とっても癒されました。

三年生くらいになると、指揮者のパフォーマンスが凄い!身体全体でリズムをとり、表現しながらの指揮は、当に『プロかよ?』くらいのノリで、思わず身をを乗り出して見入ってしまいました!
普通、これくらいの年代といえば、そういうのが一番恥かしいというか、苦手な年頃ではないかと思うのですが、誰一人としてモジモジしているどころか、皆堂々と声を出し、あるいは指揮しているのには、正直驚きました。

最後は、皆で肩を組んでの『若き血』の大合唱!
会場全体が1つになって、大いに盛り上がったフィナーレでした。

『競争から協奏へ』
学校紹介のパンフに、そんな見出しがあった事を思い出しました。ボン助の話を聞いていると、とっても色々な個性を持つ生徒が集まった学校のようですが、それがこうして1つにまとまるのは、とても素晴らしい事ですし、きっと先生方、生徒皆さんの努力の賜物でしょう。

いい仲間や先生達、とっても良い学校だね。お父さん、なんだかホッとした。
来年も又、是非観せてもらいに行くからね!!

by tama1366 | 2007-03-17 14:02 | 学校

再び!悶えるボン助(笑)

ボン助は本日より期末考査!

初日の今朝は、6時に家を出発しました。
一日三科目、来週の月曜日まで毎日答案用紙と格闘するようです!

公立中の試験は既に終っているのでしょうか?試験のためお休みだったトリプの練習も、実は本日から再開の模様…

練習がお休みに入る前、コーチに
『あのー…実は1日から試験で…』と、ここまで言った途端!!

『おーそうか!丁度いいな。待ってるからな!!』
とてもじゃないけど、4日までお休みしますなんて言えなかったようです(笑)

どうするかは、自分の判断。『行かないなら自分でキチンと連絡しなさい』とだけ家内は言っていました。

SFCの生徒さん、とにかく前向きで真面目なお子さんが多いようです。
中には勉強し過ぎて倒れてしまった!なんてお子さんもいるようですし、今朝はいつもより早く行こうと誘ってくれた友達もしかり。

そういう友達の様子を見ては、『ヤベーな…』と一応思うようですが、そのワリにマイペースを崩さないボンちゃん。

そーですねー。今日練習休んで必死に勉強やったからって、結果は大した違わないような気がします(笑)
どちらも今しか出来ない事だし、多少なり悩むのも、今しか出来ないこと。考えたら幸せな悩みじゃ。
ま、できるもんなら留年しなきゃいいとは思うんですが…それも経験か!

長い目で見て、本人の考えるようにさせようと思っています。

by tama1366 | 2007-03-01 11:40 | 学校

ろん吉?先生

水曜日はフィジカル練習の日。
私が家に帰ると、家内は開口一番、『雨が降るから、代えのジャージ持って行きなさいって言ったのに…言う事聞かないんだから!もう、まったく!!』

春の嵐がやってきたこの日は、時折激しい雨が降っていました。

そのボンちゃん、夜九時を少し過ぎてのご帰還。
ずぶ濡れで『手袋取って…』というその手は、冷たい雨にふやけて凍り付いていました。指が動かないようです。

『はぁー…(>.<) 今日のフィジカルは地獄を越えて天国に昇天した・・・』
様々な筋トレで絞られたの後の最後のメニューは、800を4分以内で3本。インターバルは30秒。たっぷりと雨水を吸ったジャージとトレシューの重みは、トレーニングの効果を更に上げた用です(笑)
3本ともどうにかギリチョンでクリアしたと言っていましたが、仲間には3分20秒代で3本ともクリアしたツワモノも居たそうで…

『●●の奴はまじハンパじゃねーわ…』と、その仲間に敬意を表するボンちゃん。

ふと、テーブルの上にこぎたない字で殴り書きのレポート用紙を見つけました。
字が汚くて読めません!わずか7,8行で終っています。
書き出しの『福澤論吉先生は…』の『論』の字のところが、赤ペンで○してあります。一見して状況がわかりました。

『おいおい、ろん吉って、福澤先生の弟かぁ?(^v^)プッ…』

学校で、福澤先生の本を読んでの読書感想文。他のお子さんは、レポート用紙最低1枚。だいたい裏表ビッシリ書いているそうです。
それをボンちゃん、殴り書きわずか7行で終了。おまけにお世話になって約1年も経つのに、大先生を『ろん吉』呼ばわり…(-_-;)

おまけに本日提出期限の読書感想文、今日学校に行ってから、巻末のあとがきをダッシュでまる写し。
『ありゃ絶対読めねー。オレでも読めねー(^-^)vブィ!』とか威張ってました。

『…ったく…』と小言の一つも言おうとして、ふと昔を思い出してやめました。
そう言えばオレも昔、在学中に『大熊重信』とか書いたっけ…f(^_^)

SFCは中高の入試のため、12日間のお休みでしたが、この日から授業再開。3月初めの期末試験まで、あとわずかです。
トリプもU-13の公式戦を終え、練習メニューも求められるスキルも一層厳しくなってきています。

勉強もサッカーも一層のレベルアップが求められる昨今。相変わらず、良く言えばおおらか。はっきり言ってテキトーな性格(笑)で閉口することもしばしば…

でも…
たとえ出来が悪くても、ボン助なりに一つ一つ乗り越えて行ってほしいものです。

by tama1366 | 2007-02-15 12:44 | 学校